« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い”(22日)NHK »

2018年10月22日 (月)

»片山さつき氏が文春側を提訴、“国税への口利き疑惑”報道(22日)TBS

『週刊文春』による“口利き疑惑”報道で名誉を傷つけられたとして、片山さつき地方創生担当大臣が、発行元の文芸春秋を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こしました。
 今月18日に発売された『週刊文春』は、片山大臣が国税庁幹部に口利きをした見返りに、依頼した会社経営者から現金100万円を受け取ったとして、あっせん利得処罰法違反の疑いがあると報じています。
 訴状によりますと、片山大臣は「記事は虚偽で、著しく名誉を傷つけるもの」と主張していて、発行元の文芸春秋を相手取り、損害賠償1100万円を求める訴えを東京地裁に起こしました。
 訴えを受けて『週刊文春』は「記事には絶対の自信を持っており、次号以降で、その真実性を証明する」とコメントしています。

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い”(22日)NHK »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: »片山さつき氏が文春側を提訴、“国税への口利き疑惑”報道(22日)TBS:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 台湾脱線事故 ”自動制御装置が切られていた疑い”(22日)NHK »