« 高級外車、売却益隠し続出…歯科医や社長ら(22日)読売 | トップページ | 「実習生に明日は逃げられるかも」 SNSで都会の情報(22日)朝日 »

2018年10月22日 (月)

鹿児島・口永良部島で小規模噴火 15年6月以来、レベル3維持(22日)に差日本

鹿児島県屋久島町の口永良部島・新岳で21日、ごく小規模な噴火が相次いだ。気象庁によると、有色の噴煙が火口から200メートルの高さまで上がった。噴火の発生は2015年6月19日以来。被害は確認されず、噴火警戒レベル3(入山規制)は維持する。
 気象庁は新岳の火口から約2キロの範囲では大きな噴石が飛散したり、火砕流が発生したりする可能性があるとして警戒を呼び掛けた。
 気象庁によると、午後6時31分ごろと同9時10分ごろに発生。当初、乳白色の噴煙が100メートル上がり、2回目で灰色がかった色になり、200メートルの高さとなった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459245/

« 高級外車、売却益隠し続出…歯科医や社長ら(22日)読売 | トップページ | 「実習生に明日は逃げられるかも」 SNSで都会の情報(22日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67300007

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島・口永良部島で小規模噴火 15年6月以来、レベル3維持(22日)に差日本:

« 高級外車、売却益隠し続出…歯科医や社長ら(22日)読売 | トップページ | 「実習生に明日は逃げられるかも」 SNSで都会の情報(22日)朝日 »