« ひき逃げ容疑で46歳運転手逮捕(7日)NHK | トップページ | 空自50人がパルに到着、地震死者1649人に(7日)読売 »

2018年10月 7日 (日)

行楽、スズメバチに注意を 早い春、梅雨の少雨で巣が巨大化(7日)共同

レジャーの秋真っ盛りのこの時期、スズメバチには要注意だ。巣の中で育つ新しい女王バチの幼虫やさなぎを守るため、最も警戒心が強まっているからだ。特に今年は天候の条件が重なって、巣が大きくなり働き蜂の数は例年以上。八月以降、岐阜県や長野県などでスズメバチに刺される被害が発生している。専門家は「働き蜂の数が多いと、より攻撃的になる」と注意を呼び掛けている。
 九月末、名古屋市の中、北区にまたがる名城公園では三カ所で、樹木を取り囲む立ち入り禁止の黄色いテープが張られていた。「スズメバチが蜜を吸っています。近づかないで!」との掲示も。次女のスイミングスクールへの送迎で園内を通る西区の服部久美子さん(47)は「子どもがハチを怖がるので掲示から離れて通っている」と話す。
 公園を管理する市北土木事務所の担当者は「大きなハチを見かけたと公園の利用者から連絡があり、被害防止のため規制線を張った。スズメバチとみられるハチが数匹、樹液に集まっている」と説明する。
 市生活衛生センターで害虫調査を担当する三林真維(まい)技師によると、八月に市内十カ所の公園に設置されたわなにかかったスズメバチは千七百十四匹で、過去十年間の平均千二百七十六匹を三割強上回った。中でも住宅街に多いヒメスズメバチが例年の五倍近くに増加。三林技師は「比較的おとなしい種だが、人を攻撃することもある。刺激するのはやめて」と呼び掛ける。
続く downwardleft

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018100702000064.html

« ひき逃げ容疑で46歳運転手逮捕(7日)NHK | トップページ | 空自50人がパルに到着、地震死者1649人に(7日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67248451

この記事へのトラックバック一覧です: 行楽、スズメバチに注意を 早い春、梅雨の少雨で巣が巨大化(7日)共同:

« ひき逃げ容疑で46歳運転手逮捕(7日)NHK | トップページ | 空自50人がパルに到着、地震死者1649人に(7日)読売 »