« 女児の裸写真送信させる 容疑の市立小教員逮捕(24日)産経 | トップページ | オレオレ詐欺「受け子」20人差配か…3人逮捕(24日)読売 »

2018年10月24日 (水)

駅伝負傷選手はいずりに賛否…監督棄権も伝わらず どうすればよかったのか?(24日)産経

福岡県で21日に開催された全日本実業団対抗女子駅伝予選会の2区(3・6キロ)で、負傷した岩谷産業の選手がたすきをつなぐため、四つんばいになって競技を続けたことが賛否の議論となっている。選手に称賛が集まった一方で、主催者には「やめさせるべきだった」との批判も寄せられている。
 選手は、中継所まで約200メートルのところで突然倒れた。両手と両膝をついて四つんばいになり、アスファルトの上を進んだ。両膝はすれて血がにじみ、その様子を見守った次走者の同僚選手は涙で目を潤ませた。
 レース後、負傷した選手は右脛(すね)の骨折で全治3~4カ月と判明。岩谷産業は、監督が棄権を申し出ていたことを明かし「誠に遺憾であり、大会運営の改善を願う」とするコメントを発表した。
 なぜ棄権できなかったのか。主催者の日本実業団陸上競技連合によると、負傷選手に監督らが触れ、介抱するなどした場合は棄権になる。ただ、この大会では車での伴走は認められておらず、監督らはコースから離れた部屋で中継を見ていた。異変に気づいた監督はすぐに主催者側に「止めてくれ」と棄権の意思を伝達。コースの担当者に連絡し、選手の意思確認に向かった。
続く downwardleft

https://www.sankei.com/life/news/181023/lif1810230035-n1.html

« 女児の裸写真送信させる 容疑の市立小教員逮捕(24日)産経 | トップページ | オレオレ詐欺「受け子」20人差配か…3人逮捕(24日)読売 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67306914

この記事へのトラックバック一覧です: 駅伝負傷選手はいずりに賛否…監督棄権も伝わらず どうすればよかったのか?(24日)産経:

« 女児の裸写真送信させる 容疑の市立小教員逮捕(24日)産経 | トップページ | オレオレ詐欺「受け子」20人差配か…3人逮捕(24日)読売 »