« 勘で道頓堀の裏に張り込み 横領容疑の男を発見、逮捕(8日)朝日 | トップページ | 熱中症疑い、男女11人搬送 千葉・流山、マラソン大会(8日)共同 »

2018年10月 8日 (月)

仮設に入れず、支援金受け取れず…一部損壊だと薄い補助(8日)朝日

多くの建物が壊れた北海道地震で、自治体による家屋の被害調査をめぐり、認定の違いで公的支援に差が出ている。認定の多くは「一部損壊」で、原則、支援金は受け取れず、仮設住宅にも入れない。災害のたび、こうした線引きの「不公平」が指摘されており、弾力的な支援の必要性を求める声が上がっている。
 災害対策基本法に基づく家屋調査の基準について、国は屋根や壁、柱など建屋の損傷状況に応じ、被害が50%以上なら全壊、40%以上50%未満が大規模半壊、20%以上40%未満が半壊、20%未満が一部損壊としている。今回の地震で道庁は住宅8879棟の被害を確認(4日時点)。うち約85%にあたる7503棟は一部損壊だ。

https://www.asahi.com/articles/ASLB24DNBLB2UTIL01H.html

« 勘で道頓堀の裏に張り込み 横領容疑の男を発見、逮捕(8日)朝日 | トップページ | 熱中症疑い、男女11人搬送 千葉・流山、マラソン大会(8日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仮設に入れず、支援金受け取れず…一部損壊だと薄い補助(8日)朝日:

« 勘で道頓堀の裏に張り込み 横領容疑の男を発見、逮捕(8日)朝日 | トップページ | 熱中症疑い、男女11人搬送 千葉・流山、マラソン大会(8日)共同 »