« クルーズ船で入国後、171人失踪 ビザなし制度悪用 (19日)日経 | トップページ | 「ミサイル発射」誤表示=名神などの情報板-中日本高速(19日)時事 »

2018年10月19日 (金)

誰がなぜ…相次ぐ「梅だる」盗難 和歌山(19日)産経

田辺市やみなべ町など梅干しブランド「南高梅」の生産地で近年、農家から梅を入れた「梅だる」が盗まれる被害が相次いでいる。今月16日には、みなべ町の農家の倉庫から大量の梅だるを盗んだなどとして男2人が窃盗罪などで起訴された。男らには梅の仲買人などの経験があり、“身内”ともいえる人物の犯行に生産者も憤りを隠さない。(岩本開智)

 ■倉庫から根こそぎ

 「朝きたら、なんもなくなっていた…」。田辺市三栖地区の梅農家の50代男性は平成28年9月、梅だるを入れていたはずの倉庫が空になっているのを見て愕(がく)然(ぜん)とした。
 盗まれたのは約200たる(約2トン、時価総額140万円相当)。倉庫に掛けていた鉄製の鍵は壊され、人を感知して光る防犯ライトもコンセントごと引き抜かれていた。「よくこんなことができたな」と今でも怒りが収まらない。
 男性によると、梅の収穫時期は毎年6月ごろ。梅干しの原材料には、熟して木から落ちた梅の実が使われる。落ちたその日のうちに漬け込まないと、すぐに腐ってしまうという。さらに1カ月ほど塩漬けした後、順次天日干しをしてたるに詰め、出荷する。出荷作業は年明けまで続く。
 「犯人は梅農家の大変さをよく分かっているはずだ」と男性。今では鍵を頑丈なものに付け替え、防犯カメラも新設している。

 ■被害後を絶たず

 県警によると、統計を取り始めた平成24年以降、梅だるの盗難被害は田辺市で6件、みなべ町で7件(うち1件は未遂)。計約2千たるが盗まれ、被害総額は約900万円に達した。
 JA紀南(田辺市)によると、南高梅の中でも最高品質にあたるA級品は、1たる(10キロ)5千~1万円の高値で取引され、盗まれれば被害は多額に上る。
続く downwardleft
https://www.sankei.com/west/news/181019/wst1810190010-n1.html

« クルーズ船で入国後、171人失踪 ビザなし制度悪用 (19日)日経 | トップページ | 「ミサイル発射」誤表示=名神などの情報板-中日本高速(19日)時事 »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67289152

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がなぜ…相次ぐ「梅だる」盗難 和歌山(19日)産経:

« クルーズ船で入国後、171人失踪 ビザなし制度悪用 (19日)日経 | トップページ | 「ミサイル発射」誤表示=名神などの情報板-中日本高速(19日)時事 »