« 目黒の虐待死 児相が危険性記録せず 事件の検証公表(3日)産経 | トップページ | »東京・荒川区の交番駐車場で不審火、放火の可能性も(3日)TBS »

2018年10月 3日 (水)

大田区議の口座が振り込め詐欺に悪用 警視庁が区議を事情聴取(3日)産経

金融機関のキャッシュカードを他人に不正に譲り渡したとして、警視庁が、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、東京都大田区の荻野稔区議(32)=日本維新の会=を任意で事情聴取していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。カードの口座は振り込め詐欺に悪用されており、警視庁が詳しい経緯を捜査。区議は譲渡を認めているという。
 捜査関係者によると、荻野区議は平成29年1月から2月にかけて、インターネットで見つけた金融業者にメールで借金を申し込み、金融業者を名乗る男から電話で、「キャッシュカードを送ってもらえれば、口座に入金する」などと持ち掛けられたと説明。荻野区議は、都内の信用金庫口座のキャッシュカードと運転免許証のコピーを業者側に郵送した。
 その後、荻野区議は業者と連絡が取れなくなったという。口座は振り込め詐欺グループの手元に渡ったとみられ、同月、大阪府堺市の60代の無職女性が、市職員を装った男に「医療費の還付金がある」と電話でだまされ、詐取金の振込先になった。女性が振り込んだ約200万円はすぐに引き出されたという。
 事件を捜査していた大阪府警から今年、警視庁に連絡があり、5月に荻野区議から任意で事情を聴いていた。荻野区議は借金の理由について「選挙や政治活動のために資金が必要だった」と話しているという。警視庁は、金融業者を名乗る業者が口座や携帯電話など特殊詐欺に必要なツールを扱う「道具屋」だったとみて調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/181003/afr1810030012-n1.html

« 目黒の虐待死 児相が危険性記録せず 事件の検証公表(3日)産経 | トップページ | »東京・荒川区の交番駐車場で不審火、放火の可能性も(3日)TBS »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大田区議の口座が振り込め詐欺に悪用 警視庁が区議を事情聴取(3日)産経:

« 目黒の虐待死 児相が危険性記録せず 事件の検証公表(3日)産経 | トップページ | »東京・荒川区の交番駐車場で不審火、放火の可能性も(3日)TBS »