« 2018年10月22日 | トップページ | 2018年10月24日 »

2018年10月23日

2018年10月23日 (火)

外来生物の無許可飼育容疑で逮捕 販売目的で、人気の観賞魚(23日)西日本

静岡中央署は23日、許可を受けずに販売目的で特定外来生物に指定されたガー科の魚を飼育したとして、外来種被害防止法違反の疑いで、静岡市清水区、ペットショップ店長井上繁樹容疑者(57)を現行犯逮捕した。
 環境省によると、ガー科の魚は観賞用として人気があるが、体長1メートル以上になるものもあり、飼いきれなくなった個体が川や池に捨てられる例が相次いだ。生態系を脅かす恐れがあるとして今年4月、無許可の飼育や販売が禁止され、環境省がペットショップなどに通知していた。
 同署によると、井上容疑者は「飼育していたが、販売目的ではなかった」と供述している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459735/

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本人も標的…五輪「チケット無料」の偽メール(23日)読売

2020年の東京五輪に便乗し、無料チケットの提供を装った不正メールによるサイバー攻撃がネット上で計画されていたことが、データ分析会社アントゥイット(東京)の調査でわかった。実際にネット利用者に送られたとみられるという。世界的に注目度が高い五輪はサイバー攻撃の標的になりやすく、今後も似たような攻撃が続く可能性があるとして警戒を呼びかけている。
 「スポーツイベントに興味のある日本人と米国人を狙う」
 同社は今年8月下旬、特殊なソフトで利用者を秘匿できるダークウェブ(闇サイト)の複数のサイトで、こうした書き込みがあるのを見つけた。書き込みには、「TOKYO2020」「無料チケット」などと記された日本語の偽メールの文面も掲載されていた。チケットの提供をうたった偽のメールやショートメッセージサービス(SMS)を不特定多数に送り、本文に貼り付けた不正サイトのアドレスに接続させてウイルスに感染させ、情報を盗み取る手口だった。

(ここまで411文字 / 残り438文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181023-OYT1T50094.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

知床で不明、南に25キロの海岸に学生の遺体(23日)読売

北海道警中標津署は23日、羅臼町の世界遺産・知床で8月18日、トレッキング中に高波にさらわれて行方不明となった横浜市神奈川区片倉2、大学4年河野魁さん(21)の遺体を確認したと発表した。今月17日、河野さんが海中に転落した場所から南に約25キロの海岸に遺体が漂着しているのを漁師が発見。DNA鑑定の結果、河野さんと特定された。河野さんは、友人と2人で知床半島先端を目指して歩いていた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181023-OYT1T50103.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

難民受け入れ拡大を検討=「第三国定住」通じ-政府(23日)時事

政府は、既に隣国などに逃れた難民を受け入れる「第三国定住」について、対象や人数を拡大する検討に入った。山下貴司法相が23日の記者会見で明らかにした。現在、年間30人程度となっている受け入れ人数の上積みを目指す。
 日本は現在、第三国定住でマレーシアに滞在しているミャンマー人の難民を受け入れている。これに関して政府は22日、難民対策連絡調整会議を開き、第三国定住に関する検討会を設置。受け入れを増やした場合の課題などについて、関係省庁と有識者が話し合うこととした。
 法務省によると、日本は2010年度に第三国定住による難民受け入れを開始。9月末時点でミャンマー人の44家族、174人を難民として受け入れている。(2018/10/23-19:52)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102301133&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅に母親?の遺体放置 無職の男逮捕 神奈川・大和(23日)産経

自宅に母親とみられる女性の遺体を遺棄したとして、神奈川県警大和署は23日、死体遺棄容疑で、同県大和市下鶴間の無職、松山健史容疑者(53)を逮捕した。「結果としてこのようになってしまったことに間違いない」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は、9月下旬ごろから10月22日までの間、自宅の寝室に母親とみられる女性の遺体を遺棄したとしている。
 同署によると、松山容疑者は母親と2人暮らし。「(松山容疑者の母親と)連絡が取れない」と23日、母親の知人から連絡を受け、松山容疑者宅を訪れた市役所の職員から「異臭がする」との通報を受けて、駆け付けた同署員が遺体を発見した。
 松山容疑者は「母が亡くなったことが分かれば、年金がもらえなくなると思った」などとも話しているという。遺体は腐敗が進んでいるといい、同署が身元の確認とともに死亡の経緯などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181023/afr1810230049-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネット違法医薬品6人逮捕 ICPO調整で取り締まり(23日)産経

警察庁は23日、インターネット上の医薬品の無許可販売や無承認医薬品の広告に対する集中取り締まりで、警視庁など12都道府県警が医薬品医療機器法違反の疑いで6人を逮捕、11人を書類送検し、22カ所を家宅捜索したと発表した。
 取り締まりは、ネットを介して国境を越える医薬品の違法販売を防ぐため、国際刑事警察機構(ICPO)の調整で61カ国・地域が参加し、今月9日から8日間実施した。
 国内では捜索でED(勃起不全)治療薬、やせ薬などの医薬品648点を押収。事件に使われた疑いがある12口座について金融機関に通報した。
 また、無承認医薬品を広告した80サイトについてプロバイダーに削除を要請、米国とシンガポールの捜査当局に対して違法に医薬品を広告、販売していた疑いがある9サイトの情報を提供した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181023/afr1810230054-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「列車制御システム切った」 台湾脱線で運転士供述 (23日)日経

【宜蘭=共同】18人が死亡した台湾北東部宜蘭県での特急列車脱線事故で、宜蘭県の裁判所の報道官は23日、特急の運転士が「列車の動力系統に問題があり、列車自動制御保護システム(ATP)を切った」と述べたと明らかにした。検察当局は速度超過が事故原因との見解を示しており、事故当時の運行状況について詳しく調べている。
 22日夜に検察当局が業務上過失致死容疑で運転士の勾留を請求した際の裁判所の審査で、運転士が述べたという。運転士は23日朝、保釈金50万台湾ドル(約180万円)を支払い保釈された。
 裁判所によると、運転士は事故現場から約40キロ手前の地点でATPを切ったといい、それ以前から動力系統に異常があったと述べた。一方、検察当局は特急が事故発生時に制限速度の時速80キロを超えて、時速140キロに達していたと主張した。台湾メディアはこれまで、現場の制限速度を時速75キロとしていた。 
 検察当局は今後も、同容疑で運転士から事故当時の事情を聴く方針とみられる。検察幹部は台湾メディアに対し「運転士の話と関係者の証言が食い違う」と話した。
 検察当局は22日、列車が現場のカーブを通過する際の速度超過が事故原因だとの見解を発表していた。台湾メディアによると、政府事故調査チームの幹部は22日夜、ATPが作動していれば、制限速度を超過しなかったはずだと述べた。
検察当局は事故車両から収集したデータを解析して当時の運行状況をさらに詳しく調べる。
 事故は21日午後4時50分(日本時間同5時50分)ごろに発生。新北市樹林発台東行きの特急列車が脱線し、18人が死亡、180人以上が重軽傷を負った。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36798130T21C18A0CR0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

貨物船衝突で橋を通行止め、山口 周防大島、断水続く(23日)共同

山口県柳井市と離島の周防大島町を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突したとみられる事故で、県は23日も安全確認や損傷状況の調査を続けた。22日夜からは橋の全面通行止めも実施。橋を通り、町に水を供給する水道管が損傷したことによる断水も続いた。県は仮の水道管を設置するほか、24日から通行止めを制限付きで解除するが、復旧には時間がかかりそうだ。
 通行止めにより柳井市への唯一の陸路が断たれ、町は同市と往来する住民らのために臨時連絡船を運航している。
 県は23日の対策会議で24日午前7時から強風の場合を除き、総重量が2トン以下の乗用車などの片側通行を認める方針を確認した。
https://this.kiji.is/427415751457686625?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

五輪競技会場の工事 一部中断 受注会社が経営破綻(23日)NHK

再来年の東京オリンピック・パラリンピックでテニスなどが行われる競技会場の工事を請け負った、さいたま市の建設会社が経営破綻し、今月から一部の工事が中断していることがわかりました。東京都は工事の再発注などを検討し、予定どおりの来年7月末の完成を目指すとしています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»歌舞伎町「伝説のスカウトマン」逮捕、詐欺容疑(23日)TBS

複数の詐欺グループに現金受け取り役を手配していたとみられる会社役員の男が、警視庁に逮捕されました。男は新宿・歌舞伎町などで「伝説のスカウトマン」として知られていました。
 捜査員に連れられ、警察署に入る男。詐欺の疑いで逮捕された東京・渋谷区の会社役員、奥野高徳容疑者(39)です。奥野容疑者ら3人は今年1月、製薬会社の社員などを装い静岡県御殿場市の74歳の女性から現金275万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、奥野容疑者は詐欺グループの現金受け取り役「受け子」のリーダーで、20人あまりに指示を出していたということですが、かつては新宿・歌舞伎町などでキャバクラ店員の「伝説のスカウトマン」として知られていました。その後はキャバクラ店員を募集するサイトを立ち上げたり、仮想通貨を扱う会社の役員を務めたりしていたということです。
 警視庁は奥野容疑者が10以上の詐欺グループに「受け子」を手配し、あわせて1億5000万円あまりをだまし取ったとみていますが、取り調べに対し、「全く身に覚えがありません」と容疑を否認しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

»爆発物や毒物を自動検知、羽田空港で実証実験(23日)TBS

 爆発物を検知すると、ゲートの警告画面が反応します。国土交通省などは、羽田空港の出発ロビーや駐車場付近で爆発物や毒物などを自動検知する装置の実証実験を始めました。
 有毒ガスを検知する装置は、375種類以上の化学ガスを分析できるということです。
 国土交通省は、空港の一般区域など「ソフトターゲット」となる場所の警備を強化していきたい考えです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504961.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日 単位・レベル)
意外に多い置き引き被害
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014262_2 またひとつ、犯罪捜査のツールとなった。
  那覇市の商業施設で買い物中の49歳の男性が現金約220万円などが入ったトートバッグの置き引き被害にあったが、まもなく犯人が逮捕された。
 それはバッグの中に入いていたスマートフォンだった。GPS機能を利用して移動中の男の所在を突き止め、警察官が急行して身柄を確保したもの。
 置き引き事犯の報道は少ないが、発生は意外に多い。
 警察庁によると今年9月現在の認知件数は2万0368件。1日当たりに換算すると74件も全国のどこかで発生している。それでも前年同期より2791件の減少。検挙率は28.0%で同3.2ポイントのアップ。
 年間推移をみると平成20年の年間認知件数は5万4322件で検挙率は14,7%。ところが同29年には3万0818件に減り、検挙率は25,7%にアップしている。そして今年9月までだが件数がさらに減り、率はアップしていることになる。
 認知件数が減って検挙率が上がったことは今後の抑止効果は大になるだろう。
 この検挙率だが、アップしているとは言え、30%以下。全窃盗犯は31.5%。その中で最も高いのはATM荒しの257.1%、官公庁荒しの150.7%、非侵入盗の41.4%と続くが、その中で置き引きは28.0%と下から10番目。
 検挙率が徐々にアップしているのは、やはり防犯カメラの威力もひとつだろう。これに、今度は位置確認ができるスマホも加われば、さらに検挙率はアップして抑止効果に期待できる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041_2typhoon詐欺劇場typhoon

区の職員装いカード詐取の疑い、少女逮捕(23日)TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504739.html

 また、未成年者が関与していた。警視庁に逮捕された東京・練馬区内の少女(18)は、17歳当時の今年3月に区役所の職員を装い高齢の男性(66)に電話。「還付金を口座に振り込みます」などとしてキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。当然、背後には詐欺グループが存在した。
★警視庁メール 
 警視庁田無署管内でのアポ電。大手家電量販店の店員を騙り「あなたのカードを使って他人が買い物をしました」。その後、今度は金融庁を騙る男から「あなたのカードが偽造されて使用された。被害回復の手続きが必要なので口座番号とキャッシュカードの暗礁番号を教えて下さい」
 そして、最後に「通帳とキャッシュカードを封筒に入れて封印し自宅のポストに投函しなさい」というもの。全くデタラメの口述なので注意すること。
 警視庁は、不審な電話は110番を呼びかけている。

★高齢者が2千万円詐欺被害 警官名乗る男に渡す 新潟県警が捜査(20日)産経
★100万円受け取り直後、隣人見とがめ戻させる(21日)読売
★JTB子会社元社員を詐欺容疑で再逮捕、逮捕は3度目(19日)TBS
★「被害者救済番組に出演を」…女性また詐欺被害(18日)読売
★会員登録解除口実に全国で4千万円詐取か、詐欺容疑で男4人逮捕(10日)TBS
★医者→長男→警備員→上司の電話…1300万円詐欺被害(14日)朝日
★息子かたる詐欺、まず前日夜に「探り」の電話(10日)読売
★特殊詐欺関与の疑いで山口組総本部を家宅捜索 1人を指名手配 警視庁(9日)産経
★高齢者の詐欺被害対策、新宿区の誤算 4割が協力拒否(8日)日経
★振り込め詐欺被害の高齢者 被害防止を呼びかけ(8日)NHK
★栃木県警、タクシー業界と「受け子手配書」作製(6日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

»区の職員装いカード詐取の疑い、少女逮捕(23日)TBS

当時17歳の少女が区役所の職員を装い高齢の男性からキャッシュカードをだまし取ったとして、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは東京・練馬区に住むアルバイトの少女(18)で、今年3月、区役所の職員を装い、江東区の男性(当時66)に「還付金を口座に振り込みます」などとうその電話をかけ、キャッシュカード1枚をだまし取るなどした疑いが持たれています。少女は当時17歳で黒いシャツにズボン姿で男性宅を訪れ、だまし取ったカードで現金50万円を引き出していたということです。
 詐欺グループの指示を受け、現金などを駅のコインロッカーに預けていて、「地元の後輩に誘われて始めた」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504739.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

加重逃走、樋田被告逮捕で感謝状 山口の道の駅と女性警備員2人に(23日)西日本

大阪府警は23日、富田林署から逃走した無職樋田淳也被告(30)=加重逃走罪などで起訴=の逮捕に協力したとして、山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」を運営する一般社団法人「周南ツーリズム協議会」と女性警備員2人に感謝状を贈呈した。
 樋田被告は8月12日夜、署の接見室のアクリル板を蹴破り逃走。大阪府内で盗まれた自転車に乗って中四国を転々とした後、9月29日にソレーネ周南で食料品を万引したとして警備員に取り押さえられ、山口県警が窃盗容疑で現行犯逮捕した。
 また府警は、OB有志らが出資した最高200万円の私的懸賞金から、謝礼金として2法人に全額を支払った。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459635/

| コメント (0) | トラックバック (0)

サケ卵60キロ未明に密漁、警官に発見され逮捕(23日)読売

 北海道の斜里川でサケを捕獲し、卵を密漁したとして、斜里署は22日、自称釧路市の無職の男(48)、弟子屈町の無職の男(48)を漁業法違反の疑いで現行犯逮捕した。2人は容疑を認めている。
 発表によると、2人は22日午前2時25分頃、斜里町新光町の斜里川でサケの卵約60キロを密漁した疑い。パトロール中の警察官が2人に職務質問を行い、所持していたリュックサックからサケの卵を見つけた。捕獲したサケは見つかっていないという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181023-OYT1T50010.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺容疑で歯科医2人逮捕 不正な診療報酬6億円超か(23日)産経

神奈川県警は23日までに、診療報酬を不正請求したとして詐欺の疑いで、いずれも歯科医師の大石旭容疑者(55)=東京都品川区荏原=と、関口了太容疑者(37)=東京都目黒区上目黒=を逮捕した。いずれも容疑を認めている。逮捕は22日。
 県警によると、大石容疑者は複数の歯科医院で診療報酬の不正請求に関与していた。記録がある2011年10月~今年5月の請求額は約9億円に上り、大石容疑者は「7、8割は不正請求だった」と供述。県警は6億円超を不正に得ていたとみている。
大石容疑者が関わった歯科医院は東京都や神奈川、千葉両県にある。
 逮捕容疑は16年9月~17年10月ごろ、関口容疑者が経営する東京都港区の歯科医院に通う女性患者の診察日を水増しするなどして診療報酬約12万円をだまし取った疑い。
https://www.sankei.com/affairs/news/181023/afr1810230012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元温泉経営者を書類送検 硫化水素中毒か、3人死傷(23日)産経

北海道足寄町の温泉旅館「オンネトー温泉 景福」(休業中)で平成25~26年、男性入浴客3人が相次ぎ死傷した事故で、道警は23日、硫化水素中毒が原因として、業務上過失致死傷容疑で元経営者の男性(58)を書類送検した。
 環境省によると、温泉浴室での硫化水素中毒を巡り、刑事責任が問われるのは全国で初めて。
 書類送検容疑は25年9月~26年10月、浴室内の硫化水素の濃度を抑えるための設備対策を怠り、利用客の男性2人を相次いで死亡させたほか、男性1人を意識不明の重体にした疑い。
https://www.sankei.com/affairs/news/181023/afr1810230016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

医学部入試調査、不適切事案を提示 文科省が中間報告 (23日)日経

一連の医学部入試不正を受けて全国の大学を調べている文部科学省は23日、中間報告として、同省が確認した不適切である可能性が高い事案の内容を明らかにした。女子や多浪生を不利に扱ったり、卒業生の子供を有利に扱ったりしていた。調査継続中として大学名や大学の数は明らかにしなかった。
 柴山昌彦文科相は同日の閣議後の記者会見で「自主的な公表と速やかな対応を大学側にお願いしている」と述べた。
 不適切である可能性が高い事案として▽出願書類の審査時などに現役生などに加点して多浪生には加点しないなど、属性で差をつける▽学力検査で同点でも、多浪生や女子は面接試験などでより高い評価を得ないと合格できない▽卒業生の子供など特定の受験者を合格圏外でも合格させる▽学力検査などの得点が低くても補欠合格で優先する――を挙げた。
 これとは別に、公正さに疑いを招きかねない事案としては▽出願書類で家族の氏名、職業、出身校を記入させ、面接で経済状況について詳細に質問する▽補欠合格者の決定などを学長や学部長らに一任する▽面接で多浪生は現役生より慎重に評価するとマニュアルに記載する――などを挙げた。
 好事例としては▽合否判定のためのデータにアクセスできる職員を少数に絞る▽面接官の男女のバランスに配慮する▽成績開示で合格最高点、最低点、平均点も開示する――などを紹介した。
 文科省は東京医科大の不正入試を受けて医学部医学科を置く全国81国公私立大の調査を開始。訪問調査の結果、複数の大学が女子や浪人生を不利に扱っていた疑いがあることが判明した。同省は訪問調査の対象を全大学に拡大し、「10月中」としていた最終報告の時期を「年内」に延期している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36798080T21C18A0CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

羽田で爆発物など自動検知の実験 五輪に備えテロ対策強化(23日)共同

国土交通省は23日、羽田空港の国際線旅客ターミナルビルで、爆発物や毒物、銃器を自動検知するシステムの実証実験を公開した。
 2020年東京五輪・パラリンピックに備え、不特定多数の人が集まる一方、警備が手薄な「ソフトターゲット」のテロ対策強化の一環。実験場所は、自由に立ち入りができる「一般区域」で、一般利用客も加わり、システムの有効性を確かめた。
 実験は22~26日の日程で行われており、出発、到着ロビーと駐車場の計3カ所に機器を設置。金属を検知するゲート型の機器は、スマートフォンや硬貨に反応せず、拳銃やナイフに反応するなど検知の精度を設定できる。

https://this.kiji.is/427295321061606497?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»2歳女児 マンション5階から転落、東京・江戸川区(23日)TBS

 2歳の女の子がマンションの5階から転落しました。
 23日午前7時半ごろ、東京・江戸川区のマンションで「子どもが窓から落ちた」と110番通報がありました。
 警視庁によりますと、5階の部屋から2歳の女の子が転落し、救急車で搬送されました。左足を骨折しましたが、命に別状はないということです。
 女の子は窓の近くで遊んでいたとみられ、警視庁は誤って転落したとみています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504716.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

台湾列車脱線 原因は機械故障でなく速度超過 検察当局(23日)NHK

台湾北東部で21日、8両編成の特急列車が脱線して18人が死亡、190人がけがをした事故で、台湾の検察当局は、事故の原因は速度超過で、機械の故障が原因だった可能性は低いという見方を示し、引き続き事故の詳しい原因を調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»住居侵入の疑いで逮捕の男「パルクールをしていた」(23日)TBS

 群馬県前橋市で、女性の家に立ち入ったとして介護士の男が逮捕されました。男は、命綱なしに屋上などを飛び移る『パルクール』という運動をしていたと供述しています。
 住居侵入の疑いで逮捕されたのは、前橋市の介護士、新井啓太容疑者(25)です。新井容疑者は先月18日未明、25歳の女性が住む市内の建物をよじ登り、2階のベランダにある窓から部屋の中に立ち入った疑いがもたれています。
 警察によりますと、新井容疑者は容疑を認めた上で、「『パルクール』をしていた」と供述しているということです。「パルクール」とは、命綱などの道具を使わずに建物の屋上から飛び移ったり、街中の壁などを登ったりする運動のことです。警察は「パルクールをしていた」という新井容疑者の供述の裏付けを急ぐとともに余罪も調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504574.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

規制薬物飲み込んで密輸疑いのチリ人死亡 成田空港(23日)産経

千葉県警薬物銃器対策課は22日、規制薬物をのみ込んで密輸しようとした疑いで捜査していたチリ国籍の自称デザイナーの男(45)が死亡したと明らかにした。男は税関の検査で、粉状の不審物をビニールテープで繭玉状に包んだもののを100個以上のみ込んでいたことが判明。県警が千葉県成田市内の病院に入院させて調べ、排(はい)泄(せつ)物から規制薬物を発見したが、22日午前に容体が急変し、死亡したという。
 同課によると、男は20日午後に米国から成田空港に到着。県警は病院の医師などの処方のもと、体内の不審物を自然排出させ調べていたが、体内にはまだ不審物が残っていたという。
  同課は「捜査に不備はない」としており、司法解剖を行って死因を調べる。
 https://www.sankei.com/affairs/news/181022/afr1810220047-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不妊手術で障害団体の要望聴取へ 全国弁護団、救済案で連携強化(23日)西日本

旧優生保護法(1948~96年)下の障害者らへの不妊手術問題で、全国被害弁護団が23日に13の障害者団体などで構成する日本障害フォーラム(JDF、東京)の幹事会に初めて参加し、救済制度への要望などについて聞き取りを実施することが22日、関係者への取材で分かった。弁護団は内容を踏まえて要望書をまとめ、25日の自民、公明両党のワーキングチーム(WT)との初面会で提出する方針。
 15日には日弁連がJDF傘下の6団体へのヒアリングを行っており、救済制度に関する意見書を政府や与党WTなどに提出する方向だ。障害者団体の意向がどう反映されるか注目が集まる。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459508/

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の議員団が竹島に上陸、日本政府は強く抗議(23日)読売

 【ソウル=岡部雄二郎】韓国国会の超党派議員団が22日、韓国が不法占拠する島根県・竹島(韓国名・独島)にヘリで上陸し、島の領有権を改めて主張した。
 議員団のメンバーによると、上陸したのは国会の教育委員会に所属する議員計13人。日本の「歴史教科書の歪曲」を糾弾するのが目的だとしている。日本政府が高校の次期学習指導要領で竹島を日本の領土と明記したことに反発したものだ。
 これに関連し、菅官房長官は22日の記者会見で、韓国の国会議員による竹島上陸について「到底受け入れられない。極めて遺憾だ」と述べ、外交ルートで韓国政府に強く抗議したことを明らかにした。
 日本政府は上陸計画が明らかになった10日以降、韓国側に再三、中止を要請していた。今年5月にも韓国の国会議員は竹島に上陸している。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181022-OYT1T50100.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

市長出席の秋祭り会合、妻が現金入り封筒配る(23日)読売

 大阪府大阪狭山市の古川照人市長の妻が今月14日、市長も同席していた地元の秋祭りの会合で、市内12地区の会計担当者12人に、現金3000円ずつが入った封筒を配っていたことがわかった。祭りへの寄付目的で、封筒には「狭山 古川」と記していた。
 公職選挙法は、政治家が選挙区内の有権者に、どのような名義であっても寄付する行為を禁じている。家族や秘書らが、その政治家名義でお金や物を贈ることも禁止されている。
 古川市長は22日、読売新聞の取材に対し「寄付は私の父からのもので、公選法には抵触しないと捉えていたが、誤解を与える行動だったかもしれない」と釈明した。
 古川市長の説明によると、市長の父は元府議で、府議を辞めた後、この会合に出席し、「狭山 古川」名義の封筒に入れた現金を担当者に手渡していた。その後、父が高齢になったため、市長の妻が現金を預かり、市長とともに会合へ出向き、妻が同様に封筒を配っていたとしている。

(ここまで405文字 / 残り148文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181023-OYT1T50009.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

死体遺棄容疑で4人逮捕 両手首切断、福島県警(23日)産経

福島県会津美里町の山林で4月、東京都豊島区の職業不詳菅谷善明さん=当時(49)=の遺体が見つかった事件で、県警会津若松署捜査本部は23日、遺体から両手首を切断した上で遺棄したとして、死体損壊と死体遺棄の疑いで、会津美里町出身の住所不定、自称会社役員天野十夢容疑者(32)ら男4人を22日に逮捕したと発表した。
 逮捕されたほかの3人は、宇都宮市石井町の会社員大森遼容疑者(30)、千葉県鎌ケ谷市北中沢の会社役員菊池真司容疑者(29)、福島県会津若松市門田町飯寺上川原の会社役員猪俣達也容疑者(30)。
逮捕容疑は3月中旬、会津美里町やその周辺で、菅谷さんの遺体から両手首を切断するなどした後、町内の山林に遺棄した疑い。捜査本部は、4人の認否を明らかにしていない。
 捜査本部は、4人の中に菅谷さんと金銭トラブルのあった人物がいるとみており、殺人容疑での立件も視野に入れて捜査を進める。
https://www.sankei.com/affairs/news/181023/afr1810230003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

県警鉄警隊がツイッターで防犯情報 全国初、痴漢・置引注意喚起(23日)共同

 県警鉄道警察隊が、電車の利用者や鉄道会社向けにツイッターで防犯情報を発信する試みを始めた。2019年のラグビーワールドカップや20年の東京五輪・パラリンピックなどを控え、若者を中心に利用されているツイッターを活用し、より効果的に防犯情報を伝達する狙いがある。
 運用の開始は19日。全国の鉄警隊でツイッターアカウントを取得して情報発信を行うのは初めてという。従来の同隊のホームページでの情報発信と合わせ、活用を呼び掛けている。
 県警鉄道警察隊によると、「ドア付近よりも車内奥の方が痴漢に遭いにくい」「かばんは足の間に置くことで、置引を防ぐことができる」などの具体的な防犯情報を発信していくという。大規模イベントの開催前には、不審物に一層の注意を促すなど、効果的な注意喚起も可能になるとみている。同隊は「ぜひフォローして頂き、役立ててほしい」としている。
 同隊のアカウントは「神奈川県警鉄道警察隊」や@KPP_tekkeiで検索。
https://www.kanaloco.jp/article/367275/

| コメント (0) | トラックバック (0)

公立病院談合事件 業者が来院し価格調整か 親密な関係(23日)NHK

東京 小平市の公立病院の委託業務をめぐる談合事件で、逮捕された病院の幹部と業者は入札の直前に病院内に集まって直接顔をあわせ、入札価格の調整などを行っていた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は業者との親密な関係が続いていたとみて調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ももクロトークショーにテロリスト、警視庁の対策訓練(23日)TBS

 22日に行われた警視庁のテロ対策訓練。テロリストが狙ったのは人気アイドルグループももいろクローバーZのトークショーでした。
 「地域の目で、いつもと違うところを見つけたら110番しよう~ゼット!」(ももいろクローバーZ)
 22日、不審者に対して日頃から注意しようと呼びかけた人気アイドルグループのももいろクローバーZ。警察官とのトークショーの際、後ろから現れたのは2人組のテロリストです。
 これは、警視庁の機動隊が行ったテロ対策訓練で、銃で威嚇するテロリストを銃器対策部隊が狙撃し、倒れ込んだところを身柄を確保。テロリストが現場に残した爆弾を爆発物処理班が回収しました。
 警視庁は「官民一体となって、テロを許さない街づくりを進めたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504198.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»市民の通報でひき逃げ容疑者逮捕、千葉・八千代市(23日)TBS

21日、千葉県八千代市で、バイクに乗っていた新聞配達の男性が乗用車にはねられて死亡したひき逃げ事件で、警察は事故を起こし、現場から逃げた疑いのある20歳の男を逮捕しました。
 この事件は、21日未明、八千代市勝田台北の市道で、バイクに乗っていた新聞配達員、辻閑さん(41)が新聞の配達中に乗用車にはねられて死亡したものです。辻さんをはねた乗用車は、逃走していて、警察が行方を追っていました。
 警察によりますと、22日、事件のニュースを見た八千代市に住む人から、「家の近くに前の部分が壊れた車がある」と警察に通報があり、警察が調べたところ、事故現場に残っていた破片が壊れた車のものだと分かったということです。
 警察は車の持ち主の男から任意で事情を聞いていましたが、事故を起こしたことを認めたため、ひき逃げの疑いで自称・建設作業員、伊藤欣也容疑者(20)を逮捕しました。警察の取り調べに対し、伊藤容疑者は「事故を起こしたが、人をはねたか分からない」などと供述し、容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3504583.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月22日 | トップページ | 2018年10月24日 »