« 2018年10月20日 | トップページ | 2018年10月22日 »

2018年10月21日

2018年10月21日 (日)

男子生徒の髪、ハサミで切る…女性教諭ら処分(21日)読売

 山形県教育委員会は18日、最上地域の中学校で3月中旬に、当時3年生だった男子生徒の髪を工作用ハサミで切る体罰をしたとして、生徒指導の50歳代女性教諭を文書訓告、担任の30歳代男性教諭を厳重注意とする処分を行った。管理監督責任を問い、60歳代男性校長も厳重注意とした。
 発表によると、女性教諭は、男子生徒の頭髪が規定に反して長かったとして、卒業式の開始前に職員室で髪を切った。女性教諭は、生徒が髪を切ることに同意したと思ったという。男性教諭は現場に居合わせたが、髪を切ることを黙認した。
 また、庄内地域の中学校で6月中旬、体育の授業を見学していた2年生の男子生徒を両手で押し倒し、靴の裏を蹴る体罰をしたとして、50歳代男性教諭を厳重注意とした。男子生徒は体調不良を理由に体育の授業を見学していたが、周囲の誘いに応じて急に参加したため、男性教諭が指導しようとして押すなどしたという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181021-OYT1T50046.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬物再犯防止に専門プログラム 厚労省、麻取部に職員配置検討(21日)西日本

薬物事件の再犯防止に向け、厚生労働省が、執行猶予判決を受けた初犯者にカウンセリングなどの薬物乱用防止プログラムを直接指導する専門職員を全国の麻薬取締部に配置する方向で検討していることが21日、関係者への取材で分かった。専門職員は医療機関や地域との橋渡し役として、社会復帰を促す役割を持たせる。関係機関と調整し、早ければ来年度から実施する。
 こうした専門職員の麻薬取締部への配置は初めて。プログラムを受ける対象として想定しているのは、覚醒剤使用など薬物事件で摘発され、保護観察が付かない執行猶予判決を受けた初犯者。これまでの統計では毎年3千人程度いるという。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459200/

| コメント (0) | トラックバック (0)

漂流の木造船から男性遺体 北朝鮮船か、小樽沖(21日)産経

21日午前7時25分ごろ、北海道小樽市の沖合約15キロで釣りをしていた男性から「転覆状態の船が漂流している」と小樽海上保安部に通報があった。現場に駆け付けた第1管区海上保安本部の職員が、木造船内から一部白骨化した男性の遺体を発見した。小樽海保は、船体の特徴から、北朝鮮の船とみて調べている。
 小樽海保によると、船が見つかったのは小樽港から北北東の海上。黒く塗られているなど、船体の特徴がこれまで見つかった北朝鮮船と一致するという。
https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210025-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ランニングポリスでマラソン警戒 東京五輪見据え、警視庁(21日)共同

 2020年開催の東京五輪・パラリンピックを見据え、警視庁赤羽署などは21日、東京都の荒川河川敷周辺で開催された「第47回タートルマラソン国際大会」で、警察官が参加者と一緒にコースを走る「ランニングポリス」を実施して警備警戒に当たった。
 同大会には近隣住民や障害者ら約1万人が参加し、赤羽署や千住署、西新井署の警察官約25人もハーフマラソンや10キロランなど各部門で出走。「警視庁」や「テロ警戒実施中」と書かれたゼッケンやたすきをつけ、ランナー視点で不審者などに注意を払いながら走った。
https://this.kiji.is/426638490764608609?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日 単位・レベル)
自動車盗は減少しているのだが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014238 電子キー利用の自動車盗を繰り返していたロシア人の男3人が兵庫県警に逮捕されていたことが分かった。被害は兵庫、岡山両県で約130台(約1億7900万円相当)に上り、被害車両はプリウスやランドクルーザーなどで、解体してロシアに転売していた。
 今年に入り宮城県内でも自動車窃盗被害が急増している。9月現在の自動車盗の認知件数は87件で、うち7割以上の63件は鍵付きだったという。宮城県警は盗んだ車をヤードで分解、部品として海外に輸出していることなどから、窃盗団による犯行との見方を強めている。
 この自動車盗は減少傾向にあるのだが、一部の地域で増加している。
 警察庁によると今年9月現在の認知件数は6641件で、前年に比べて1101件の減少。検挙率は45.1%で同4.5ポイントのマイナス。これは重要窃盗犯のうちすりの29.6%に次いで低かった。
 認知件数のランキングは大阪の1102件、茨城の1081件、千葉の691件、愛知の671件などと続いているが、東京が前年より70件も減らして88件と少なかった。
 全体的に減少傾向にあるなかで増加したのは茨城の+99件、大阪の+61件、宮城の+46件、栃木の+22件、群馬の+19件、埼玉の+13件など。
 一方、検挙率のランキングは奈良の440.0%、徳島の387.5%、和歌山の371.4%、三重の156.1%、東京の140.9%など。
 低かったのは群馬の10.2%、佐賀の11.1%、千葉の12.7%、大阪の15.0%、埼玉の19.7%などと両極端になっている。
 自動車盗は認知件数が年間5万件を超えた平成12、3年ごろは、外国人マフィアに日本の暴力団が加わり国際化、組織化していることが明らかになっているが、現在は減少し続けている。
 しかし、兵庫県警のロシア人の逮捕を含めて宮城の事件も背後には外国人組織が存在するのか?被害車の流れを含めて今後の捜査に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041
typhoon詐欺劇場typhoon

高齢者が2千万円詐欺被害 警官名乗る男に渡す 新潟県警が捜査(20日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/181020/afr1810200015-n1.html

 新潟県長岡市の80代の無職男性が警察官を名乗る男に現金2100万円をだまし取られる詐欺があった。「詐欺の犯人が持っている名簿にあなたの名前が載っている。偽札か確認するためお金を下ろしてほしい」などと電話があり、自宅を訪れた警察官を名乗る男に金融機関から引き出した現金を3回に分けて手渡した。
 電話の内容が記事の通りなら、常識的に考えて被害に遭うなんてあり得ない。私も振り込め詐欺の犯人となんどか話したことがあったが、内容は実にリアリティで信じてしまうほど巧妙だった。

★100万円受け取り直後、隣人見とがめ戻させる(21日)読売
★JTB子会社元社員を詐欺容疑で再逮捕、逮捕は3度目(19日)TBS
★警視庁メール 
 17日から18日にかけて東京・東久留米市で、消費者連盟やボランティア団体と騙る詐欺のアポ電が相次いでいる。「あなたの個人情報が漏れている」「対処するためには個人番号が必要だ」「番号を教えたようなので犯罪になりますよ」「対処にはお金が必要だ」と騙り、その後でキャッシュカードについて質問し、預かりに来きお金を引き出す。
 警視庁は、不審な電話は110番を呼びかけている。
★「被害者救済番組に出演を」…女性また詐欺被害(18日)読売
 兵庫県警などは16日、33歳の男ら7人を詐欺容疑で逮捕した。男らは架空の番組制作会社を名乗り、詐欺被害者を救済する番組への出演を依頼。「協力すれば被害の8割が返ってくる。被害金補償のため社債を購入して」などとだますのが手口
★会員登録解除口実に全国で4千万円詐取か、詐欺容疑で男4人逮捕(10日)TBS
★医者→長男→警備員→上司の電話…1300万円詐欺被害(14日)朝日
★今、東京でこんなアポ電が多くなっている。
★息子かたる詐欺、まず前日夜に「探り」の電話(10日)読売
★特殊詐欺関与の疑いで山口組総本部を家宅捜索 1人を指名手配 警視庁(9日)産経
★高齢者の詐欺被害対策、新宿区の誤算 4割が協力拒否(8日)日経

| コメント (0) | トラックバック (0)

電子キーの車狙い、130台窃盗…解体し露輸出(21日)読売

電子キーでエンジンを起動する車を狙い、自動車盗を繰り返したとして、兵庫県警がロシア人の男3人(公判中)を窃盗容疑で逮捕していたことが捜査関係者への取材で分かった。被害は少なくとも、兵庫、岡山両県で約130台(約1億7900万円相当)に上るという。
 捜査関係者によると、3人は今年3月、兵庫県明石市などで車計7台を盗むなどした疑い。1人は容疑を否認、他の2人は認めているという。
 3人は、電子キーの車を狙い、窓を壊すなどして車内に侵入し、車に接続するとエンジンを起動できる特殊機器を使い、車を盗んでいた。プリウスやランドクルーザーなど、ロシアでの人気車種の被害が多く、盗んだ車は、いったん「ヤード」と呼ばれる倉庫に運び、解体してロシアに輸出、転売していたという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181021-OYT1T50047.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

新聞配達員の男性はねられ死亡 ひき逃げ事件で捜査 千葉・八千代(21日)産経

 21日午前1時40分ごろ、千葉県八千代市勝田台北の市道で、同市勝田台の新聞配達員、辻(つじ)閑(かん)さん(41)の原付きバイクが車にはねられた。車はそのまま逃走。辻さんは搬送先の病院で死亡が確認された。県警八千代署は、ひき逃げ事件とみて車の行方を追っている。
 同署によると、辻さんが倒れていた現場に車の部品が落ちていたことなどから、辻さんが何者かにはねられた可能性が高いという。
 https://www.sankei.com/affairs/news/181021/afr1810210014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀、殺害男性を当日朝目撃 犯行時間帯を捜査(21日)共同

滋賀県長浜市神前町の住宅で20日午後、住人の無職北本雅有さん(81)が背中を複数回刺され死亡しているのが見つかった事件で、北本さんが20日朝、玄関先で近所の住民に目撃されていたことが21日、分かった。県警はそれ以降に殺害されたとみて犯行時間帯を捜査。22日に司法解剖し、死因を調べる。
 北本さんは長屋で1人暮らし。向かいに住む女性によると、20日午前7時20分ごろ、玄関先でアサガオの種を取っていた。あいさつをすると「おはよう」と返し、変わった様子はなかったという。
https://this.kiji.is/426624082100962401?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「鍵落とした」とうそ言い女性を暴行か、会社員の男を逮捕(21日)TBS

 「鍵を落とした」とうそを言って、20代の女性をアパートの階段の踊り場に連れ込み、刃物で脅して性的暴行を加えたとして、会社員の男が警視庁に逮捕されました。
 強盗・強制性交などの疑いで逮捕されたのは、東京・荒川区の会社員・高田雅人容者(34)です。高田容疑者は先月、歩いていた20代の女性に「鍵を落とした」などとうそを言って、荒川区にあるアパートの階段の踊り場に連れ込みました。そして、女性に刃渡りおよそ15センチの包丁のようなものを突きつけて脅し、スマートフォンを奪って性的暴行を加えた疑いがもたれています。
 女性が通報できないようにスマートフォンを奪ったとみられ、取り調べに対し容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3503231.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»夫婦殺傷事件、逮捕の孫 身柄確保時に刃物4本所持(21日)TBS

埼玉県和光市で夫婦が殺傷された事件で、逮捕された孫の男子中学生が身柄を確保された際に、刃物4本を所持していたことが分かりました。
 この事件は今月18日、和光市のマンションの一室で80代の夫婦が殺傷され、その後、孫で中学3年の男子生徒(15)が祖母(82)に対する殺人未遂の疑いで逮捕されたものです。
 男子生徒は今月19日、川越市で身柄を確保されましたが、持っていたバッグの中からカッターナイフなど刃物4本が見つかっていたことがその後の捜査関係者への取材で分かりました。死亡した祖父(87)の傷跡などから、犯行には複数の刃物が使用されたとみられるということです。また、現場近くにある男子生徒の自宅から、血のついた中学校の制服が見つかっていたことも分かりました。
 警察は、男子生徒が学校から帰ったあと、制服を着たまま犯行に及び、その後、自宅で着替えた可能性があるとみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3503238.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

100万円受け取り直後、隣人見とがめ戻させる(21日)読売

女性から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁小松川署は20日、住所職業不詳の男(55)を詐欺未遂容疑で緊急逮捕したと発表した。女性宅で現金を受け取った直後、不審に思った隣人に指摘され、詐欺が発覚したという。
 小松川署幹部によると、男は19日午前、江戸川区の女性(85)宅に孫を装って電話をし、「会社の書類と証券を間違えて送ってしまった」と言って金を無心し、現金100万円を詐取しようとした疑い。
 同日正午頃、玄関先で女性とやり取りした後、現金入りの封筒を持って出てきた男を隣人男性が目撃。声をかけると曖昧な返事をしたため、封筒を女性に戻させた上、女性に110番を促した。
 駆けつけた小松川署員が男を取り押さえた。調べに対し、男は「知人に頼まれて忘れ物を取りに来ただけだ」と容疑を否認している。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181021-OYT1T50032.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察保護直後に男性死亡、大阪 体押さえパトカーに(21日)共同

 20日午後10時35分ごろ、大阪市都島区でタクシー運転手から「客が絡んでくる」と110番があり、都島署員が大阪府豊中市の男性会社員(33)を保護した。泥酔状態で殴りかかってきたため署員4人で手や足を押さえパトカーに乗せたが数分後、車内で意識を失った。男性は救急搬送先の病院で死亡が確認された。同署は司法解剖し死因を調べる。
 同署によると、都島区東野田町5丁目の路上で署員が運転手から話を聞いていると、男性がタクシーから降りてきた。署員には「なんや殺すぞ」などと言ったという。車内では2人が暴れる男性を押さえていたが、移動中に反応がなくなったという。
https://this.kiji.is/426577085367043169?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

地面師グループ、9人目を逮捕 積水ハウス被害(21日)共同

積水ハウスが架空の土地取引で約55億円をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課は21日までに、偽造有印私文書行使などの疑いで、地面師グループのメンバーで住所不定、職業不詳の佐々木利勝容疑者(59)を逮捕した。この事件での逮捕は9人目。
 捜査2課によると、東京都杉並区で捜査員が確保した。「関知していません」と容疑を否認している。同課は、フィリピンに出国したカミンスカス操容疑者(58)や、別の詐欺事件で服役中の男(65)が主導的な立場で関わったとみている。
 佐々木容疑者の逮捕容疑は2017年6月1日、法務局に偽造した委任状などを提出した疑い。https://this.kiji.is/426563242798695521?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

小型機が高速道に「奇跡の着陸」エンジンが突然停止(21日)NHK

アメリカでエンジンが突然停止した小型の飛行機が高速道路に緊急着陸しました。たくさんの車の間を縫うように着陸して1人もけが人が出なかったことから、地元メディアは「奇跡の着陸」と大きく伝えています。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ当局、捜索続行=遺体の扱い不明-サウジ記者死亡事件(21日)時事

 【イスタンブール時事】トルコ捜査当局は20日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏の死亡をサウジ検察が認めたことを受け、遺体が遺棄された可能性がある場所で捜索を続けた。トルコ側は、カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館で計画的に殺害されたとの見方を変えておらず、ムハンマド皇太子による指示があったのかどうかも含めて慎重に捜査しているもようだ。
 サウジは20日未明の発表で、カショギ氏は総領事館にいた人物と口論になり殴り合いに発展して死亡したと主張し、その事実が「隠蔽(いんぺい)されようとした」と指摘した。
 ただ、サウジ側が遺体をどのように扱ったかについては不明のまま。トルコ捜査当局は、カショギ氏が行方不明になった2日に総領事館を出た車が立ち寄った場所を重点的に調べており、これまでにイスタンブール近郊の森などが捜索対象になった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102100140&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ容疑で26歳会社員逮捕(21日)NHK

20日、群馬県沼田市の路上で33歳の男性が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、警察は男性を車ではねてそのまま逃走したとして、26歳の会社員の男をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

20日午前4時ごろ、群馬県沼田市鍛冶町の県道で近くに住む団体職員の石倉祥晶さんが(33)倒れているのを通りがかった人が見つけました。
石倉さんは市内の病院に搬送されましたが、頭を強く打っていて意識不明の重体となっています。
警察は石倉さんが車にはねられたと見て捜査を進めた結果、市内で前の部分が壊れた乗用車を発見しました。
乗っていた市内に住む会社員、高野大容疑者に(26)事情を聴いたところ、石倉さんをはねたことを認めたため、20日夜、ひき逃げなどの疑いで逮捕しました。
警察は現場を立ち去った理由を聞くなどして当時の詳しい状況を調べています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181021/0020276.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中学女子トイレに侵入=盗撮目的か、教諭逮捕-福岡県警(21日)時事

 勤務先の中学校の女子トイレに侵入したとして、福岡県警早良署は20日、建造物侵入容疑で福岡市立中学校の教諭井上智徳容疑者(26)=同市中央区桜坂=を現行犯逮捕した。「盗撮するために入った」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は20日午後1時55分ごろ、同市早良区内の中学校体育館の女子トイレに侵入した疑い。
 同署によると、トイレを利用した女子生徒が足元の隙間から差し入れられたスマートフォンを発見。別の教諭が110番し、駆け付けた警察官が個室に隠れていた井上容疑者を逮捕した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018102000597&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「原野商法」二次被害の相談が過去最多1694件 警察当局捜査へ(21日)産経

 価値のない土地をだまして売りつける「原野商法」の被害者に対し、調査費などの名目で現金を支払わせる二次被害の相談件数が平成29年度に1694件と過去最多になったことが20日、国民生活センターへの取材で分かった。今年度はさらに上回るペースで推移している。被害者の一部は刑事告訴を検討しており、警察当局も捜査に乗り出す見通しだ。
 原野商法は、実際には存在しないリゾート開発話を持ちかけるなどして、山林や原野を売りつける手口の詐欺的商法。昭和40~50年代頃に流行した。
 二次被害は、かつて原野商法で土地を買わされた被害者に「高値で買い取れる」「中国の富裕層が日本の土地に関心を持っている」などと嘘の話を持ちかけ、さまざまな名目で現金を支払わせる手口だ。
 国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられた相談件数は25年度に1千件を超え、29年度には1694件に達した。30年度の相談は4月1日~10月15日で816件で、昨年度同時期の758件を上回るペースで推移している。1件当たりの被害額も増加しており、25年度は171万円だったが29年度には約2・7倍の460万円となった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

祭りの太鼓台倒れ7人けが 香川・観音寺(21日)産経

20日午後10時20分ごろ、香川県観音寺市観音寺町の観音寺市民会館駐車場で、地元の秋祭りに使った高さ約5メートルの太鼓台が倒れ、祭りの参加者7人がけがをした。いずれも軽傷とみられる。
 観音寺署によると、負傷者は5~56歳の男児や男性。祭りを終え、記念撮影をするために大勢の参加者が太鼓台に上がったところ、バランスが崩れて倒れたという。
 祭りは「琴弾八幡宮大祭」で「ちょうさ」と呼ばれる、刺しゅうを施した太鼓台が練り歩く。https://www.sankei.com/west/news/181021/wst1810210006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

生コン600キロ山中に落下 高知、ヘリで移送中(21日)日経

20日午後1時25分ごろ、高知県大豊町で四国電力の送電線新設工事のため、西日本空輸(福岡市)がヘリコプターで運んでいた生コンクリート約600キロが同町内の山中に落下した。四国電によると、負傷者や建物などへの被害は確認されていない。
国土交通省は事故につながりかねない重大インシデントと認定。運輸安全委員会は原因調査のため、航空事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。
四国電によると、鉄塔の基礎工事に使う生コンクリートで約5メートルの長さのポリエステル製のロープでつるした運搬用の鉄製容器に入っていた。ヘリは大豊町の仮設ヘリポートから離陸。約1.8キロ離れた工事現場に到着し容器の中を確認したところ、全てなくなっていたという。落下した原因について調べている。
西日本空輸によると、容器は電動か手動で底が開く仕組みだった。離陸の際、底が閉まっていることを確認したという。担当者は「関係者や地域の人に心配や迷惑を掛けた。深くおわびしたい」と話した。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36738640Q8A021C1AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

博多金塊盗 漏えい疑惑警官が調書 捜査関与否定の愛知県警発表と矛盾(21日)西日本

2016年7月に福岡市のJR博多駅近くで7億6千万円相当の金塊160キロが盗まれた事件を巡り、主犯格の野口和樹被告(43)=窃盗罪で公判中=に捜査情報を漏らした疑いが持たれていた愛知県警の警察官の1人が、逮捕前の被告の供述調書や事件に関する捜査報告書を作成していたことが関係者への取材で分かった。愛知県警は9月、この警察官らが金塊事件捜査には関わっていないことを理由に「漏えいはなかった」との調査結果を発表したが、矛盾が生じた形だ。
 調書や捜査報告書の存在は、漏えい疑惑で調査対象だった警察官3人のうち少なくとも1人が金塊事件捜査に関与していた証拠といえるが、西日本新聞の取材に同県警は「個別具体の捜査については回答を差し控える」としている。
 この警察官は、福岡県警が17年3月2~15日に野口被告らの携帯電話を傍受した際に名前が浮上していた。野口被告は公判で警察官の実名を挙げ「通信傍受の実施時期など捜査情報を教えてもらっていた」と主張。被告の弁護人によると、公判前整理手続きで検察側が開示した証拠の中に、この警察官が作成した供述調書や捜査報告書が少なくとも7通あったという。
 うち1通は、共犯とされる中垣龍一郎被告(42)が金塊事件を巡って指定暴力団山口組系の組幹部から恐喝されたと証言した供述調書で、17年1月19日付。中垣被告が金塊の取引情報を入手し、野口被告らに実行を持ち掛けたことを認めていた。この調書は同年5月20日に愛知県警が福岡県警へファクスで送信。その直後、両県警が被告らの一斉逮捕に踏み切っている。

続く downwardleft
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/459111/

| コメント (0) | トラックバック (0)

息子を装い 1300万円詐欺(21日)NHK

埼玉県川越市に住む87歳の男性が、息子を名乗る男から「財布の入ったかばんをなくしたので金が必要だ」などと言われ、現金1300万円をだまし取られたことがわかり、警察が詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと今月17日、川越市に住む87歳の男性の家に長男を名乗る男から電話があり、「財布や携帯電話などが入ったバッグをなくしてしまった。仕事に使う小切手も入っていてすぐに金が必要だ」などと言われました。
男性はこの話を信じて川越市内の駅付近の路上などで、長男の同僚を名乗る男らに、3回にわたり、現金あわせて1300万円を手渡したということです。
その後、長男を名乗る男の携帯電話がつながらなくなり、男性が長男の自宅に直接電話したところ、だまされたことに気づきました。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、電話で「お金が必要」と言われたら詐欺を疑って家族や友人などに相談してほしいと呼びかけています。
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20181021/1100003906.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅で赤ちゃんの2遺体見つかる(21日)NHK

埼玉県滑川町の住宅で白骨化した赤ちゃんの遺体が2体見つかり、警察はこの家の元住人で、すでに死亡している女が生前に遺棄した疑いがあるとみていきさつを調べています。

19日、埼玉県滑川町の住宅で2階の和室の押し入れから、タオルにくるまれた白骨化した赤ちゃんの遺体が見つかりました。
通報を受けた警察がこの和室を調べたところ、20日になって押し入れにあった袋の中からさらに別の白骨化した赤ちゃんの遺体が見つかったということです。
警察によりますと、いずれの赤ちゃんも大きさなどから生まれたばかりだったとみられ、死後かなりの時間がたっていて、性別や死因などはわかっていません。
この住宅には70代の夫婦が2人暮らしをしていて、15年ほど前まで同居していた長女は、ことし42歳で病死したということです。
同居していた当時、長女は和室を自分の部屋として使っていたということで、警察は、この長女が生前に赤ちゃんを遺棄した疑いがあるとみていきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20181021/1100003905.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月20日 | トップページ | 2018年10月22日 »