« 2018年10月12日 | トップページ | 2018年10月14日 »

2018年10月13日

2018年10月13日 (土)

「死にたい」ツイート見回り 自分もかつて救われた少女(13日)朝日

 「#死にたい」「殺して」「消えたい」――
 東京都内に住む女性(19)はこの春、ツイッター上で流れるこうした言葉に向き合っていた。若い女性を支援するNPO法人「BONDプロジェクト」の活動の一環。「やってみない?」と声をかけられ、引き受けた。
 つぶやきをたどり、「危ないな」と思うアカウントには相談を呼びかける。女性を含めた3人で1カ月に444件のメッセージを送り、83件は返信があった。
 「あなたには私の苦しみはわからない」といった返信も多かった。でも同じアカウントが、BONDの書き込みを「いいね」していることもある。「ツンツンしてしまう一方、分かってほしいという気持ちがあるのだと思う。その心境は、少し分かる」
 かつては自分が「つぶやく側」だった。

ツイッターを始めたのは中学2…

残り:1301文字/全文:1632文字
https://www.asahi.com/articles/ASLB461N6LB4UTIL04T.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「天神」守るボスは私 女性初の警部交番所長・西村さん 犯罪発生県内最多の街「ほっとできる場に」(13日)西日本

部下と談笑する天神警部交番所長の西村仁美警部(右)
九州一の繁華街、福岡市・天神を管轄する福岡中央署天神警部交番で、初の女性交番所長が奔走している。今春就任した西村仁美警部(44)。市民に身近な存在であると同時に、増加する観光客には街の“顔”でもある交番。「落とし物一つでも訪れる人には一大事。相手の立場になり、ほっとできる場所にしたい」。母のような優しいまなざしで、天神の街を見守る。
 西鉄福岡(天神)駅や商業施設に囲まれた警固公園の一角に、交番はある。道案内、落とし物、交通違反…。昼間は観光客や外国人が立ち寄り、宵となれば酔っぱらいのトラブルが舞い込む。管内の犯罪発生件数は県内最多で、落とし物の届け出は50件を超える日もある。
 「変化が激しい街だけに、発生する犯罪も日々変わる。柔軟な対応を心掛けている」と語る西村さん。
 県内最大規模の交番トップとして34人の警察官を束ねる一方、同署管内の計10交番を統括する。夜は、地域住民や企業などとの会合に顔を出し、天神地区の地域づくりにも関わる。
 大学卒業後、1996年に警察官を拝命。少年課など生活安全分野を歩み、2015年から2年間は、県警で初めて県児童相談所に派遣された。児童虐待を受けた子どもの苦しみに向き合い「弱い立場の人の声なき声を聴くことのできる警察官でありたい」と思いを新たにした。
 県警によると、企業の課長職に当たる警部の中で女性の割合は1・3%(今年4月現在)と、民間企業の女性管理職の平均を大きく下回る。そうした中、「英語やフランス語に堪能で、人望も厚い」(県警幹部)と西村さんの評価は高い。
 私生活では2児の母でもある。巡査部長の昇任試験は第1子を妊娠中に受験し、制服が入らないほど大きなおなかで臨むなど“前例のない経験”を重ねてきた。「周りの理解と支えがあったから挑戦することができた」。
 交番は高校や大学を卒業したての新人が多く配置され、若手の相談に乗ることもしばしば。「多くの人と交流して、相手の思いや痛みが分かる警察官になって」と声を掛ける。
 繁華街イコール危ない街にはしたくない。「犯罪の芽を摘み、昼夜を問わず安心できる天神にしたい」。柔らかな空気をまとい、きょうも駆け巡る。=2018/10/13付 西日本新聞夕刊=https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/457286/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「レクサスRX」盗難急増…海外で人気高まる(13日)読売

愛知県内で8月以降、トヨタの高級スポーツ用多目的車(SUV)「レクサスRX」の盗難被害が急増していることが県警のまとめでわかった。被害件数は8~9月の2か月間で58台と昨年1年間の33台を上回っている。いずれも施錠された状態で、県警は車の所有者に長時間にわたって駐車する時にハンドルやタイヤを固定する器具を装着するなどの盗難対策をするよう呼びかけている。
 県内では今年9月末までに646台の自動車盗難被害があり、車種別ではプリウスが185台、ランドクルーザーが91台で、レクサスRXは73台で3番目。
 しかし、8~9月に限ると車種別で最多だった。盗まれたのは約9割が名古屋市内で、人通りの少ない深夜から未明にかけて被害に遭った。58台中57台が、2015、16年に生産された車両だった。同車は15年にフルモデルチェンジをしている。レクサス・インターナショナル(東京)の広報担当者は、「それ以降、海外での人気が高まっている」としたうえで、この2年の生産車に限った防犯上の大きな変更点はないという。
 県警はこの「2年」に被害が集中している理由については現時点では不明としている。盗まれた高級車は解体されて海外に売られ、組み立てられることが多く、「この年式が売りやすいという販売ルートがある可能性もある」(捜査関係者)という。
 県警は、ハンドルやタイヤの固定、警報装置の設置のほか、ナンバープレートに盗難防止ネジを取り付ける対策を勧める。県警生活安全総務課の春日章次長は「自動車盗集団は一般的に、盗んですぐにナンバープレートをつけ替えるため、すぐにナンバープレートを取り外せない車は嫌がられる」と説明する。
     ◇
 愛知県警中村署は12日、JR名古屋駅の桜通口で防犯キャンペーンを行った。自動車盗の対策としてハンドルを器具で固定する「ハンドルロック」の紹介や、県セルフガード協会の防犯設備アドバイザー吉川敦さん(43)の防犯講話などが行われた。「秋の安全なまちづくり県民運動」(11~20日)に合わせた啓発活動として実施された。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181012-OYT1T50123.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

60歳女性ひかれ死亡 駐車場から車バック、富山(13日)産経

13日午後0時50分ごろ、富山市東富山寿町の市道を歩いていた近くの職業不詳、菅原静子さん(60)が、市道脇にある飲食店の駐車場からバックしてきたワゴン車にひかれ、病院に搬送されたが体を強く打っており、外傷性ショックで死亡が確認された。
 富山県警富山北署によると、ワゴン車を運転していたのは富山県氷見市の男性会社員(49)で、同僚の男性(57)と飲食店で食事して富山市内の会社に戻るところだった。同署が詳しい状況を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バーベキュー道中に事故 同乗の小学生3人負傷 運転の男逮捕 神奈川・清川村(13日)産経

13日午前11時50分ごろ、神奈川県清川村の路上で、8~10歳の男児3人を乗せた普通乗用車がガードレールに衝突した。車に乗っていた同県秦野市北矢名の小学5年、清田雅斗さん(10)が頭を強く打ち、病院に搬送されたが、命に別条はない。別の男児2人も病院に搬送されたが、快方に向かっている。
 県警厚木署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の現行犯で、運転していた男を逮捕した。
 同署によると、逮捕されたのは秦野市内の障害者施設職員、青塚秀樹容疑者(53)。「不注意で事故を起こしたのは間違いない」などと容疑を認めている。
 現場は片側1車線のゆるやかなカーブ。青塚容疑者はバーべーキューをするために、施設の児童や同僚職員らと同村の宮ケ瀬ダムに向かっていた最中だったという。
 青塚容疑者は「遅い時間まで酒を飲んでいた」とも話しており、呼気からは道交法上の酒気帯びの基準値(呼気1リットルあたり0・15ミリグラム)未満のアルコールが検出された。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

71歳男性 クマと格闘追い払う(13日)NHK

13日午前、埼玉県秩父市で登山をしていた71歳の男性が突然、クマに襲われましたが、格闘の末、山の斜面に落として追い払いました。
男性は手に軽いけがをして病院で手当てを受けました。
  13日午前9時半前、埼玉県秩父市の雲取山に向かう登山道で、山小屋で働く71歳の男性が木の上にいる子グマを見かけたところ、突然、子グマの親と見られるクマに襲われました。
警察によりますと、男性は両手をひっかかれながらも、クマの背中のあたりをつかむなど、応戦しているうちにクマが山の斜面に落ちたということです。
このあと、クマは斜面を駆け上がって再び襲いかかってきましたが、男性は斜面に落として追い払ったということです。
男性は一緒に登山をしていたメンバーとその場を急いで離れたあと、自力で下山して病院で手当てを受け、けがの程度は軽いということです。
男性は警察に「とてもびっくりした。とっさのことでこのままでは危ないと思い、無我夢中で撃退した」と話しているということで、警察が詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20181013/1100003834.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警視庁、池上本門寺の祭りに合わせ防犯パレード(13日)TBS

東京・大田区の池上本門寺で30万人以上が訪れる祭りが開かれるなか、警視庁が特殊詐欺などへの警戒を呼びかける防犯パレードを行いました。
 12日、大田区で行われた防犯パレードには、警視庁池上警察署の警察官や地元の小学生、高齢者などおよそ140人が参加しました。
 パレードは例年30万人以上の人出が見込まれている池上本門寺の祭り「お会式」に合わせて行われ、大勢の見物客でにぎわう参道をおよそ1キロにわたって練り歩き、特殊詐欺の被害の撲滅などを呼びかけました。
 警視庁は今月を特殊詐欺の根絶月間に定めていて、「『自分はだまされない』と思わずに、地域全体で注意をしてほしい」と呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496982.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日 単位・レベル)
凶悪犯が増えている
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014233 刑法犯認知件数が減少傾向にあるのに強制性交や強盗など凶悪犯が増えている。
 警察庁によると今年9月現在の刑法犯認知件数は60万8240件で、戦後最も少なかった昨年の同期より8万1390件の減少。
 窃盗犯が5万2629件と最も減らして認知件数は43万3744件になった。全刑法犯の6割を占めているだけに、この減少は全体を左右している。
 驚きは詐欺犯などの知能犯が前年より3621件も減り、3万1219件になったこと。その要因は現在、国民挙げての抑止に必死になっている詐欺が3429件も減少して2万8216件になったことだが、それでも2万件を超えている。
 その他、暴行、障害などの粗暴犯が1532件減の4万4103件、風俗犯が539件減の6880件、その他の刑法犯も1万6258件も減らしている。
 問題は凶悪犯。前年より89件増加して3686件になった。最も増えたのは強制性交で153件増加の977件になり、強盗も48件増の1389件。ただし、放火は69件も減らして659件になっているほか、今年7月から減少傾向に転じている殺人も43件減らして661件になったのがせめてもの救いだ。
 認知件数のランキングは東京が8万4466件、大阪が7万2329件、埼玉が4万4340件、愛知が4万1324件、千葉が3万4744件と続いた。
 8万件も減らした要因となったのは認知件数の多い東京が-9024件、大阪が-8981件、愛知が-8547件など。
 認知件数の減少は国民の協力の賜(たまもの)だが、防犯カメラや車載のドライブレコーダーなどの抑止力は捨てがたい。残り3カ月あるが、さらなる認知件数の抑止に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041typhoon詐欺劇場typhoon

今、東京でこんなアポ電が多くなっている。
 ★市の職員をかたって電話。『自宅に保険料の滞納通知が届いているか?』としたあと、手続きと言って口座番号と暗唱番号を聞き出す。
 ★大手の百貨店の店員をかたり電話。『貴方のカードで買い物をした人がいる』。そしてこの後、警察をかたり電話があり、キャッシュカードを預かりに来る
。(13日)警視庁メール

★息子かたる詐欺、まず前日夜に「探り」の電話(10日)読売
★高齢者の特殊詐欺被害防止へ 群馬4信金が振り込み制限年齢を65歳以上へ引き下げ(10日)産経
★特殊詐欺関与の疑いで山口組総本部を家宅捜索 1人を指名手配 警視庁(9日)産経
★高齢者の詐欺被害対策、新宿区の誤算 4割が協力拒否(8日)日経
★振り込め詐欺被害の高齢者 被害防止を呼びかけ(8日)NHK
★栃木県警、タクシー業界と「受け子手配書」作製(6日)産経
★被害女性からさらに400万円詐取未遂か、中国籍の男逮捕(7日)TBS
★詐欺被害防止へ 防犯教室(7日)NHK
★中3が“弁護士の秘書”かたり特殊詐欺未遂 容疑で大阪府警逮捕(6日)産経
★詐欺グループ逮捕 拠点に監視カメラ 摘発逃れか(4日)NHK
★還付金詐欺 東京・中野区の75歳男性が3千万円被害(3日)産経
★「道具屋」暗躍、口座やカードを詐欺集団に売却(3日)読売
★だまし取ったカードで100万円引き出す 「受け子」グループのリーダー逮捕 警視庁(2日)産経
★「オレオレ詐欺」被害急増 福岡都市圏で 高校同窓会名簿が流出か(30日)西日本
★76歳女性が2千万円被害 架空請求詐欺で 宇都宮(30日)産経
★転売目的でスマホ詐取か、詐欺の疑いで3人逮捕(29日)TBS

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ女性客にひわいな言動、容疑の元店長を書類送検(13日)朝日

 栃木県南部のセブンイレブンで店長が女性客にひわいな言動をしていた問題で、栃木県警が当時店長だった男を栃木県迷惑防止条例違反の疑いで宇都宮地検足利支部に書類送検していたことが13日、捜査関係者への取材でわかった。送検は3日付。元店長は容疑を認めているという。
セブンイレブン店長、客にひわいな言動 ネットに動画

 元店長は9月17日未明、女性客の前でひわいな言葉を発したり、ズボンの中に突っ込んだ手をチャックの間から出して動かしたりした疑いがある。女性が元店長の様子を撮影したとみられる動画をインターネット上に投稿して発覚した。親会社のセブン&アイ・ホールディングスは、同21日付で元店長とのフランチャイズ契約を解除した。(池田拓哉)
https://www.asahi.com/articles/ASLBF51THLBFUUHB007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

千葉の海岸に男性遺体(13日)産経

 13日午前8時40分ごろ、千葉県一宮町東浪見の海岸で、男性サーファーが「消波ブロックに男性の遺体が挟まっている」と110番した。
 千葉県警茂原署によると、30~40代とみられ、着衣はなく腐敗が進んでいる。身長約180センチで短髪。目立った外傷はない。所持品は見つかっておらず、死因や身元を調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び疑いで33歳の海上自衛官逮捕 電柱に衝突(13日)産経

千葉県警館山署は12日、道交法違反(酒気帯び運転、事故不申告)の疑いで、海上自衛隊館山航空基地(同県館山市)の第21航空群の3等海曹、白石勝彦容疑者(33)=同市下真倉=を逮捕した。
 逮捕容疑は12日午前3時55分ごろ、同市北条の市道を酒気を帯びた状態で乗用車を運転、電柱に衝突したにもかかわらず申告せず逃げたとしている。けが人はいなかった。同署によると、現場に乗り捨てられていた車のナンバーから白石容疑者が浮上。白石容疑者は同僚に付き添われて署に出頭し、呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出されたという。
 第21航空群司令の小俵和之海将補は「隊員が逮捕されたことは誠に遺憾。厳正かつ適切に対応する」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

仮想通貨流出、3万件超に分散 70億円相当、追跡難しく(13日)共同

 仮想通貨の交換業者「テックビューロ」(大阪市)で70億円相当の仮想通貨が不正流出した問題で、仮想通貨が3万件以上の送金先に分散されていたことが13日、筑波大の面和成准教授(情報科学)らのチームの調査で分かった。追跡を難しくする意図がうかがえる。流出から14日で1カ月。大阪府警が不正アクセス禁止法違反容疑を視野に捜査している。
 情報セキュリティーに詳しい面准教授によると、流出した仮想通貨のうち42億円相当のビットコインは、9月14日午後に2カ所に送金された後、20日までに3万件以上の送金先に分散された。https://this.kiji.is/423744422876529761?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»岡山で3棟全半焼、夫婦とみられる遺体見つかる(13日)TBS

13日未明、岡山県吉備中央町で住宅など3棟を全半焼する火事があり、焼け跡から95歳と91歳の夫婦とみられる遺体が見つかりました。
 午前0時すぎ、岡山県吉備中央町円城の無職・沼本伊蔵さん(95)の住宅から火が出ました。
 火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造平屋の母屋と2階建ての離れを全焼、また、隣接する2階建ての土蔵を半焼し、庭から男女2人の遺体が見つかりました。
 「爆発音で気が付いた。煙と炎とね、状態があまりよく分からないですね。最後のほうは」(近くの人)
 沼本さんは91歳の妻、美代子さんと2人暮らしで、警察は沼本さん夫婦が逃げ遅れたとみて、遺体の身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496988.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

公務執行妨害の男性無罪…「見分調書が不正確」(13日)読売

東京都墨田区で警官を殴ったとして公務執行妨害罪に問われた江戸川区の会社員男性(35)に対し、東京地裁は無罪(求刑・罰金30万円)とする判決を言い渡した。永渕健一裁判官は「警察が犯行現場の状況を記載した実況見分調書が不正確で、犯罪の証明がなされていない」と指摘した。判決は9日付。
 男性は昨年7月、墨田区のマンションの廊下で知人女性と口論になり、駆けつけた警視庁本所署の巡査部長の肩を殴ったとして現行犯逮捕され、起訴された。
 弁護側は公判で「殴られたとする巡査部長の供述は信用できない」として無罪を主張。公判では、巡査部長による現場立ち会いの下、廊下の見取り図に当事者の位置関係などを記載した実況見分調書の正確性が争点となった。
 判決は、調書に記載された現場見取り図について「廊下が広くなっている場所の位置や数が実際の構造とは全く異なる」と認定。「現場で実況見分をしているのに、なぜ不正確な調書が作成されたのか判然としない」と疑問を呈した。
 さらに、公判に出廷した巡査部長が、男性に殴られたとする現場の位置についての証言を変遷させたため、判決は「証言を信用してよいか、ためらいが残る」とも指摘した。

 

久木元

くきもと

しん

・東京地検次席検事の話「判決内容を十分に検討して適切に対処したい」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181013-OYT1T50008.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

殉職自衛隊員の追悼式 首相ら参列 30人の名簿慰霊碑に(13日)NHK

殉職した自衛隊員の追悼式に出席した安倍総理大臣は「尊い犠牲を無にすることなく遺志を受け継ぎ、国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜く」と述べ、隊員の霊を慰めました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»SNSで出会い自殺ほう助か、男子高校生ら書類送検(13日)TBS

ツイッターを通じて知り合った女子高校生らと練炭自殺を図り、自殺の手助けをしたとして練馬区の男子高校生ら2人が警視庁に書類送検されました。
 書類送検されたのは東京・練馬区の通信制高校に通う男子生徒(17)と千葉市中央区に住む無職の女性(26)です。男子生徒らは去年7月、八王子市南浅川町の空き地で17歳の女子高校生と無職の28歳の男性と一緒にレンタカーの車内で練炭を使って集団自殺を図り、2人の自殺をほう助した疑いが持たれています。
 2人はその後、一酸化炭素中毒で死亡が確認されましたが、男子生徒らは途中で車の外に出たため命に別状はありませんでした。
 4人はツイッターを通じて知り合い、レンタカーの車内で練炭を使って集団自殺する計画だったということで、取り調べに対し、男子生徒は「死のうとしたが、途中で意識が戻って息苦しくなったのでドアを開けた」などと供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496554.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉の飛び降り強要、中学同級生の責任認める 最高裁

 埼玉県草加市立中学校で2012年、校舎2階からの飛び降りを強いられて骨折したとして、当時2年生だった少年(19)が同級生4人とその保護者に損害賠償を求めた訴訟で、同級生に対して計約1200万円の賠償を命じた二審判決が確定した。最高裁第二小法廷(菅野博之裁判長)が10日付の決定で、同級生側の上告を退けた。
 一審・さいたま地裁は、「飛ばなかったら3千円」などと強く迫った同級生2人に限定して責任を認め、計約610万円の賠償を命じた。これに対し、二審・東京高裁は、残る同級生2人の言動も「圧力となった」として4人全員に計約1200万円の支払いを命じた。保護者の責任はいずれも否定され、二審で新たに責任を認定された同級生2人だけが上告していた。(岡本玄)https://www.asahi.com/articles/ASLBD3GMVLBDUTIL00S.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

聴覚障害者を手話で脅す 強要疑い組長ら逮捕 警視庁(13日)産経

施設にかくまわれた知人男性を連れ戻すよう脅したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は、強要の疑いで、指定暴力団住吉会系組長、阿部太(ふとし)容疑者(54)=仙台市泉区=と韓国籍で自称会社員、李●(=くさかんむりに惠)英(イヘイヨン)容疑者(44)=東京都江戸川区=ら男女3人を逮捕した。
 組特隊によると、阿部容疑者には聴覚障害があり、ろうあ者を集めて暴力団を組織していた。
 逮捕容疑は平成29年6月9日、東京都中央区の飲食店などで女性(65)を手話で脅し、李容疑者らと同居していた男性(82)と連絡が取れなくなった責任は女性にあるとする内容の文書を書かせたとしている。
 女性と男性にも聴覚障害があり、阿部容疑者と、ろうあ者のグループで知り合った。阿部容疑者らは世話をするよう装って男性に近づき、預金を勝手に引き出していたため、女性が都内の区役所に相談。区の施設に男性を移動させたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/181012/afr1810120034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

練炭自殺装い弟殺害の姉、父親への殺人容疑で再逮捕へ インスリン過剰投与か 大阪府警(13日)産経

堺市中区の住宅で3月、練炭自殺を装い実弟を殺害したとして、殺人罪などで起訴された建設会社社長、足立朱美被告(44)について、大阪府警捜査1課が父親の富夫さん=当時(67)=への殺人容疑で逮捕状を取ったことが12日、捜査関係者への取材で分かった。近く再逮捕する方針。
 捜査関係者によると、足立被告は、富夫さんに対し、糖尿病の治療に使っていたインスリンを過剰に投与、低血糖状態にして殺害した疑いが持たれている。
 捜査1課によると、富夫さんは1月26日、堺市中区の自宅で足立被告が作った甘酒を飲んだ後に昏睡状態になり救急搬送。意識が回復しないまま6月28日に入院先の病院で死亡した。
 富夫さんは糖尿病を患い、平成24年ごろから治療のためインスリンを注射していたが、量を誤ることはなく、同課は足立被告が故意に過剰投与した疑いがあるとみて捜査していた。
 足立被告は3月に実弟の聖光(まさみつ)さん=当時(40)=を練炭自殺を装って殺害したとして、7月に殺人罪などで起訴された。偽造したとみられる聖光さんの遺書に、富夫さんにインスリンを投与して自殺したと記載。聖光さんのかばんからインスリン用の注射器が見つかっており、府警は足立被告による偽装工作とみている。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

死んだはずの男性生きていた 元同僚になりすまし判明 死亡の男を書類送検 大阪・西成署(13日)産経

元同僚になりすまして誓約書に署名したとして、大阪府警西成署は12日、私印偽造・同使用の疑いで、大阪市西成区の日雇い労働者の男(68)を容疑者死亡のまま書類送検した。男は長年、元同僚の男性(68)になりすまして生活していたが、7月に病死。同署はなりすましに気付かず、いったん元同僚が死亡したとして処理していた。
 同署によると、男は7月20日、同区萩之茶屋の簡易宿泊所の自室で病死しているのが見つかった。室内に元同僚の健康保険証などがあり、同署は元同僚が死亡したと判断。家族に連絡して身元確認や遺体の引き取りを求めたが断られたため、区役所が火葬した。
 ところが、8月になって元同僚が生きていることが判明。同署が改めて調べたところ、病院に残されていた誓約書に付着した指紋などから、男の本当の身元が分かった。男は大阪府内の建設会社を転々とし、このうちの1つの会社の同僚に平成21年ごろからなりすましていたとみられるが、動機は不明という。
 男は7月9日、西成区内の病院で、入院を促されたが拒否。病院側から、自ら入院を断ったことを証明する誓約書に署名するよう求められた際、元同僚の名前を書いた疑いがある。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げで女性重傷 埼玉・川口(13日)産経

12日午後8時半ごろ、埼玉県川口市宮町の市道で、近くに住むパートの女性(56)が倒れているのを男性が発見し、「歩行者の女性がひかれている」と119番通報した。女性は頭蓋骨を骨折する重傷で、病院に搬送された。同県警川口署は道交法違反(ひき逃げ)の疑いがあるとして、逃走した車を捜査している。
 同署によると、逃走した車はワンボックスカーで、信号機のある交差点を右折する際、横断歩道を歩いていた女性に衝突し、そのまま逃走した。信号は青だった。
http://www.sankei.com/affairs/news/181013/afr1810130006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官殺人未遂疑い再逮捕へ 名古屋の漫画喫茶刺殺、起訴(13日)日経

名古屋市中区錦3の漫画喫茶で5月に客の男性会社員が刺殺された事件で、名古屋地検は12日、無職、稲田府見洋容疑者(22)を殺人と銃刀法違反の罪で起訴した。鑑定留置の結果、刑事責任能力があると判断したとみられる。愛知県警は、現場に駆けつけた警察官を殺そうとしたとして殺人未遂などの疑いで近く再逮捕する方針を固めた。
起訴状によると、稲田被告は5月17日夜、錦3の漫画喫茶で、同県尾張旭市の会社員、大竹智之さん(当時35)の顔や胸、背中などを果物ナイフで多数回突き刺し、殺害したとされる。大竹さんの死因は出血性ショックだった。
捜査関係者によると、稲田被告は大竹さんのブースに押し入り、店内でもみ合いながら大竹さんを刺した。店の通報で駆けつけた警察官にもナイフを向けて振り回したという。同被告は「いらいらしていた。誰でもいいから刺そうと思った」と供述しているという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36459020T11C18A0CN8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊機のスクランブル 中国機への対応が半年で20%増(13日)NHK

領空侵犯のおそれがある国籍不明機に対する自衛隊機のスクランブル=緊急発進は、先月までの半年間で、中国機への対応が昨年度に比べておよそ20%増えていることがわかりました。防衛省は、中国の海洋進出を強める動きが続いているとして、警戒と監視を続けています。
 

防衛省によりますと、航空自衛隊の戦闘機の緊急発進は、ことし4月から先月までの半年間で合わせて561回と、昨年度の同じ時期と同じ回数となりました。
国別では、最も多かったのが中国機に対する発進で、345回と昨年度に比べて58回、率にしておよそ20%増えました。
次いで多かったのはロシア機に対するもので、211回とおよそ20%減っています。
 中国機への対応は、過去最多となったおととしの同じ時期に比べて62回少なくなっていますが、ことし4月には中国の無人機と見られる機体が沖縄県の尖閣諸島の北およそ160キロで確認されるなど、特異な動きも確認されています。
 防衛省は、中国の海洋進出を強める動きが東シナ海などで続いているとして、警戒と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011670011000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅の屋根に隕石が直撃 国立科学博物館が調査(13日)NHK

愛知県小牧市で先月、突然、住宅の屋根が壊れて表面が焼けた石のような物が落ちているのが見つかり、国立科学博物館が調べたところ隕石(いんせき)の落下であったことがわかりました。
先月26日、午後10時半ごろ、愛知県小牧市の住宅で突然「ぐわーん」という大きな音とともに家全体が揺れる衝撃があり、屋根の一部にえぐれたような穴があいたということです。 
当時、家の中には人がいましたがけがはなく、翌日、庭などで表面が焼け焦げていて、大きさが10センチと5センチ、それに4センチほどの3つに割れたとみられる石のような物が落ちているのを見つけたということです。
石のようなものは磁石にくっつく性質があり、国立科学博物館の専門家が鑑定したところ、成分などから約45億年前にできた隕石とわかりました。
隕石が建物を直撃するケースは珍しく、平成15年に広島市に落ちたケースが報告されているということです。
国立科学博物館は、今後、この隕石を発見場所にちなんで「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きをとるということです。
隕石の発見者で、この家に住む女性は「探査機の『はやぶさ』などが宇宙に採りに行こうとするような神秘的なものが向こうから来てくれました。被害はありましたが貴重なものでうれしいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011669961000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

»防犯イベント、TBS笹川アナが一日署長(13日)TBS

 横浜中華街で、振り込め詐欺の撲滅を目的とした防犯イベントが行われ、TBSの笹川友里アナウンサーが一日警察署長を務めました。
 「振り込め詐欺のない、安全で安心な神奈川の実現を目指します」(笹川友里アナウンサー)
 横浜中華街で行われた振り込め詐欺の撲滅を目的としたイベントには、地元の防犯協会や警察官などおよそ50人が参加しました。イベントでは、TBSの笹川友里アナウンサーが一日警察署長を務め、振り込め詐欺の手口などを紹介しながら詐欺撲滅を呼びかけました。
 神奈川県内では去年、振り込め詐欺の被害がおよそ2400件、57億円に上っていて、警察は「常に留守番電話に設定しておくなど振り込め詐欺への対策をしてほしい」と呼びかけています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496560.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“抱っこひも”で自転車転倒 1歳児死亡、母親を不起訴(13日)TBS

 今年7月、横浜市で母親が1歳の子どもを抱っこひもで抱えながら乗っていた自転車が転倒し、子どもが死亡した事故で、横浜地検は、過失致死の疑いで書類送検されていた母親を12日付けで不起訴処分にしました。
 この事故は今年7月、横浜市都筑区の路上で、母親が、1歳の次男を抱っこひもで前に抱えながら電動自転車に乗っていたところ、バランスを崩して転倒し、次男が死亡したものです。
 母親が左手首にかけていた傘が、前輪付近に挟まったことが原因とみられ、警察は先月、母親を過失致死の疑いで書類送検していましたが、横浜地検は、12日付けで母親を不起訴処分にしました。横浜地検は、処分理由を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496558.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月12日 | トップページ | 2018年10月14日 »