« 2018年10月7日 | トップページ | 2018年10月9日 »

2018年10月8日

2018年10月 8日 (月)

ICPO総裁辞任の孟氏を「収賄」で調査 中国公安省「周永康の害毒を粛清」(8日)産経

【北京=西見由章】中国の趙克志国務委員兼公安相は8日、公安省共産党委員会の会議を開き、国際刑事警察機構(ICPO)総裁を務めていた公安省次官、孟宏偉氏(64)が収賄の疑いで国家監察委員会から取り調べを受けていることを報告した。会議は、公安部門の実権を握りながら習近平指導部による反腐敗闘争で失脚した周永康・元政治局常務委員=収賄罪などで無期懲役=に言及し、その「害毒による影響」を徹底的に粛清しなければならないと訴えた。
 国家監察委は7日深夜、「違法行為」の疑いがあるとして消息不明になっていた孟氏への調査を公表。公安省党委員会の会議は翌8日未明に開かれており、調査公表を受けて急遽(きゅうきょ)開かれたとみられる。
 公安省の発表によると、会議は孟氏を「自業自得の結果だ」と批判した上で、監察委の調査について「時宜にかない、完全に正しく非常に賢明だ。法律の前では特権や例外がないことをはっきり示した」と称賛。「政治的な立場や方針、原則において習近平同志を核心とする党中央との高度な一致を保たねばならない」とし、習氏への「絶対的な忠誠」を求めた。
 さらに、党中央の要求に従って専門チームを組織し、「孟氏と共謀して賄賂を受け取った人物」を調査することも明らかにした。
 中国外務省の陸慷(りく・こう)報道官は8日の記者会見で、孟氏の取り調べについて「法による統治と反腐敗を推進する中国政府の揺るぎない決意の表れ」と自賛。国際機関のトップに送り込んだ人物が捜査対象となり、任期途中で辞任する異例の混乱を招いたことへの責任には全く触れないまま、中国が今後も「責任ある大国」として国際機関において役割を発揮していく考えを示した。
http://www.sankei.com/world/news/181008/wor1810080034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海に男性の身元不明遺体 宮城・石巻(8日)産経

 石巻海上保安署は8日、宮城県石巻市の金華山灯台から南西約8キロの海上で、男性の遺体が見つかったと発表した。身元は分かっていない。
 海保によると、所持品などは見つかっておらず、全裸で、うつぶせの状態で浮いていた。ボートで釣りをしていた男性が8日正午ごろに発見、海保に通報した。
http://www.sankei.com/affairs/news/181008/afr1810080008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

香川・丸亀城の石垣崩れる 台風による大雨影響か(8日)共同

 8日午前10時15分ごろ、香川県丸亀市の丸亀城の石垣が広範囲にわたって崩落した。市教育委員会によると、9月30日の台風24号の際の大雨が原因になったとみられる。
 石垣は老朽化が進んでおり、所々隙間ができていた。市は付近を立ち入り禁止にしていたため、けが人はいなかった。
 崩落したのは、丸亀城の南西部に位置する「帯曲輪石垣」。高さ約16メートル、幅約18メートルの範囲が大音響とともに崩れ落ちた。8日朝、近くに住む人から「音がする」という通報が市にあり、駆け付けた職員の目の前で崩落した。
 美しい曲線を描く石垣は観光パンフレットなどに使われている。
https://this.kiji.is/421991998494278753?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北新幹線 ブレーキ関係の部品なくなる 走行中に落下か(8日)NHK

東北新幹線の車両のブレーキに関わる部品の一部がなくなっていたことが走行後の点検でわかり、JR東日本は部品が落下したものと見て捜索するとともに原因を調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»トラに襲われ職員が心肺停止、鹿児島市の動物公園(8日)TBS

 8日夕方、鹿児島市の平川動物公園で飼育員の男性がホワイトタイガーに襲われ、病院に搬送されました。飼育員は搬送時、心肺停止の状態だったということです。
 鹿児島市消防局によりますと、8日午後5時すぎ、平川動物公園から「男性職員がおりの中で動物にかまれた」と119番通報がありました。
 消防が駆けつけたところ、40歳の飼育員の男性がホワイトタイガーのおりの中で首から血を流して倒れていて、病院に搬送される際、心肺停止の状態だったということです。
 平川動物公園では4頭のホワイトタイガーが飼育されていて、飼育員をかんだとみられるホワイトタイガーは消防が到着した際、麻酔銃で眠らせていたということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3492989.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日 単位・レベル)
殺人が減少し強制性交は増加続く
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1014141 警察庁によると今年8月現在の重要犯罪の認知件数は7050件で前年より163件の減少。検挙率は81.5%で前年より4.3ポイントアップした。
 認知件数が最も多かったのが強制わいせつの3525件で、それでも前年同期より153件の減少。
 次いで多いのが強盗の1248件で同56件の増加。増えたと言えば最も多かったのが強制性交でなんと146件も増えて873件。増加傾向にあった殺人は596件で同26件の減少となった。
 検挙率で最も高かったのが殺人で96.1%だが、前年より1.3ポイント落ちてしまった。略取誘拐も9.7ポイントダウンして87.7%だったが、強制わいせつが6.8ポイントもアップして77.2%。アップしたのは放火も1.4ポイント上がり75.7%だった。
 重要犯罪のランキングは東京の1022件、大阪の961件、神奈川の492件、埼玉の489件、千葉の434件など。
 東京が前年より61件も増加したのに対して愛知は73件も減らして認知件数は417件になり、全国で6番目だった。
 刑法犯総数が依然として減少傾向にあり、数字治安も体感治安も安定傾向にあることだけは確かなようだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041詐欺劇場

振り込め詐欺などの特殊詐欺を防ごうと官民挙げての作戦が展開されている。
高齢者の詐欺被害対策、新宿区の誤算 4割が協力拒否 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36183980V01C18A0CC0000/

最近の振り込め詐欺の特徴は警察や自治体職員などを名乗りアポ電をかけてくる。このためか、東京・新宿区が65歳以上の区民の名簿を警察に提供する通知文を送ったところ、約4割から拒否されたという。プライバシーを主張する者や「新手の詐欺か」と発信元を疑う問い合わせも相次いだという。「プライバシー」なんて言う奴は被害に遭おうと放置しておけばいい。
 
振り込め詐欺被害の高齢者 被害防止を呼びかけ

 一方、東京・品川区では実際に被害にあった高齢の女性が地域の人たちにみずからの経験を語り、注意を呼びかけた。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181008/k10011663461000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002
★栃木県警、タクシー業界と「受け子手配書」作製(6日)産経
 さらに、栃木県警とタクシー協会などが連携した作戦が展開されている。振り込め詐欺などの特殊詐欺では現金やカードを受け取る「受け子」がタクシーを利用していることもあり、不審な乗客が乗った場合はドライバーが会社を通じて110番通報するという仕組み。
★被害女性からさらに400万円詐取未遂か、中国籍の男逮捕(7日)TBS
★詐欺被害防止へ 防犯教室(7日)NHK
★中3が“弁護士の秘書”かたり特殊詐欺未遂 容疑で大阪府警逮捕(6日)産経
★詐欺グループ逮捕 拠点に監視カメラ 摘発逃れか(4日)NHK
★還付金詐欺 東京・中野区の75歳男性が3千万円被害(3日)産経
★「道具屋」暗躍、口座やカードを詐欺集団に売却(3日)読売
★だまし取ったカードで100万円引き出す 「受け子」グループのリーダー逮捕 警視庁(2日)産経
★「オレオレ詐欺」被害急増 福岡都市圏で 高校同窓会名簿が流出か(30日)西日本
★76歳女性が2千万円被害 架空請求詐欺で 宇都宮(30日)産経
★転売目的でスマホ詐取か、詐欺の疑いで3人逮捕(29日)TBS
★2000万円余だまし取った疑い 47歳の女逮捕 約4億円詐取か(27日)NHK

| コメント (0) | トラックバック (0)

「父たちを殺そうと」自宅に放火、43歳男逮捕(8日)読売

三重県警鳥羽署は8日、殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで、同県志摩市阿児町国府、工員

つじ

正俊容疑者(43)を逮捕した。
 発表によると、逵容疑者は7日午後11時頃、同居している無職の父(73)と、母(67)、祖母(88)を焼死させようと、自宅に火を付けた疑い。家族3人は寝ていたが、火事に気付いて外へ逃げ、けがなどはなかった。
 逵容疑者は「家を燃やして父たちを殺そうとした」と供述しているという。この火事で木造平屋住宅が全焼した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181008-OYT1T50053.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

側溝に頭突っ込み、男性が死亡…ひき逃げで捜査(8日)読売

7日午後5時35分頃、新潟県三条市柳沢の市道脇の側溝(幅約40センチ、深さ約40センチ)で、同市松ノ木町、無職佐藤輝男さん(69)が側溝に頭を突っ込んだ状態で、うつぶせに倒れているのを通行人の男性が発見し、110番した。佐藤さんはその場で死亡が確認された。佐藤さんの体に車にはねられたような痕があったほか、現場に車の部品が落ちていたことなどから、三条署がひき逃げ事件として捜査している。
 発表によると、佐藤さんは6日午後5時半頃、散歩に出かけてから行方が分からなくなっていた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181008-OYT1T50056.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「苦しみ、悩み 今も…」 少年犯罪被害当事者の会が20回目の追悼集会(8日)産経

少年事件でわが子の命を奪われた遺族らでつくる「少年犯罪被害当事者の会」(武るり子代表、大阪市西淀川区)の追悼集会「WiLL~もう一つの子どもの日」が7日、大阪市此花区の子ども文化センターで開かれた。
 20回目となる今年のテーマは「子どもたちが残したもの」。武代表は冒頭、「会を設立してからの21年の間に少年法は4回改正され、犯罪被害者等基本法も施行されて、各地の自治体が条例や被害者支援窓口を作った。でも、被害者の苦しみ、悩みは今も続いている」と指摘した。
 今回は例年のように法律などの専門家は招かず、会員や活動を支えてきた学生ボランティアスタッフらが登壇。22年前、5人による暴行で二男の富永政貴さん=当時(16)=を失った母、広美さん(65)=沖縄県石垣市=は、約8500万円の賠償を命じられた加害者らが破産宣告したり行方不明になったりするなどして支払いに応じていない状況を明かし、「お金が欲しいのではないが、ここで諦めてしまったら、子供を捨てたことになる」とつらい胸の内を語った。
続きを読む

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

運転士の忘れ物で出発遅れる JR東北線福島駅(8日)産経

8日午前5時55分ごろ、JR東北線藤田発新白河行き普通列車(4両編成)で、福島駅から乗務する運転士が業務用タブレット端末を待機場所に忘れて取りに戻ったため、出発が5分遅れた。乗客約80人に影響した。
 JR東日本福島支店によると、端末には業務規定などがインストールされていて、乗務中の携帯が義務付けられている。通常はかばんに入れて持ち歩くが、充電のために出していたという。http://www.sankei.com/affairs/news/181008/afr1810080005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者の詐欺被害対策、新宿区の誤算 4割が協力拒否(8日)日経

高齢者を狙う特殊詐欺の被害防止に役立てるため、東京都新宿区が65歳以上の区民の名簿を警察署に提供すると通知文を送ったところ、約4割から提供を拒否する回答が届いてしまった。プライバシー侵害への懸念のほか、「新手の詐欺か」と発信元を疑う問い合わせも相次いだという。
「本当に区が出したのか? 最近、自治体職員を装った詐欺が多いから」。9月、新宿区が65歳以上の区民約6万7千人に宛てて、警察への名簿提供…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36183980V01C18A0CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺被害の高齢者 被害防止を呼びかけ(8日)NHK

振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害を防ごうと、東京・品川区で実際に被害にあった高齢の女性が地域の人たちにみずからの経験を語り、注意を呼びかけました。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

»飲食店で従業員殴りけが、傷害容疑で農水省職員とみられる男逮捕(8日)TBS

農林水産省の職員とみられる男が7日、横浜市の飲食店で、従業員を殴りけがをさせたとして、逮捕されました。
 現行犯逮捕された南光広容疑者(54)は、7日午後11時頃、横浜市金沢区の飲食店で、従業員の男性の顔を殴り、唇を切るなどのけがをさせた疑いがもたれています。南容疑者は1人で店に来た時から酒に酔っていて、料金をめぐりトラブルになったということです。
 警察によりますと、南容疑者は酒に酔っていて詳しい取り調べができていないということですが、「俺はやっていない」と容疑を否認し、所持品や本人の供述から農林水産省の職員と見られています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3492662.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»3連休最終日、すでに関越道は31キロ渋滞(8日)TBS

既にこの時間帯で高速道路、渋滞が始まっているようです。やっと秋っぽい天気に、関東はなりましたね。既に冬の扉も見えてきた地域もあるようですが、渋滞情報をまとめていきます。ピークはこれからの見通しです。
 日本道路交通情報センターによりますと、高速道路の渋滞は、これから混雑のピークを迎える見込みですが、午後3時半現在、いずれも上りで、関越道・高坂サービスエリア付近を先頭に31キロ、中央道・小仏トンネル付近を先頭に25キロ、東名高速・大和トンネル付近を先頭に23キロのとなっています。
 そして、東名高速・大井松田インターチェンジ付近の映像です。今後、予想されている上りの渋滞は、東名高速・大和トンネル付近で午後4時ごろをピークに、40キロ、関越道・高坂サービスエリア付近で、午後5時ごろをピークに35キロとなっています。上りの混雑は、深夜まで続く見込みです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3492864.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症疑い、男女11人搬送 千葉・流山、マラソン大会(8日)共同

7日午前、千葉県流山市で開かれたマラソン大会「第27回流山ロードレース大会」で、走っていた10~60代の男女計11人が相次いで「動けない」などと訴え、病院に搬送された。同市消防本部によると、全員熱中症の疑いがあるが、命に別条はない。
 同市消防本部によると、搬送されたのは男性7人、女性4人。いずれも10キロのコースを走る部門に参加していた。銚子地方気象台によると、流山市に近い千葉県我孫子市では同日、32.1度を記録し、現在と同地点で観測を始めた2010年以降で10月の最高気温を更新した。
 千葉県内ではほかにも、成田市などで真夏日となる地点が相次いだ。
https://this.kiji.is/421621181616555105?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

仮設に入れず、支援金受け取れず…一部損壊だと薄い補助(8日)朝日

多くの建物が壊れた北海道地震で、自治体による家屋の被害調査をめぐり、認定の違いで公的支援に差が出ている。認定の多くは「一部損壊」で、原則、支援金は受け取れず、仮設住宅にも入れない。災害のたび、こうした線引きの「不公平」が指摘されており、弾力的な支援の必要性を求める声が上がっている。
 災害対策基本法に基づく家屋調査の基準について、国は屋根や壁、柱など建屋の損傷状況に応じ、被害が50%以上なら全壊、40%以上50%未満が大規模半壊、20%以上40%未満が半壊、20%未満が一部損壊としている。今回の地震で道庁は住宅8879棟の被害を確認(4日時点)。うち約85%にあたる7503棟は一部損壊だ。

https://www.asahi.com/articles/ASLB24DNBLB2UTIL01H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

勘で道頓堀の裏に張り込み 横領容疑の男を発見、逮捕(8日)朝日

会社の金を横領したとして、福岡県警八幡東署は7日、住所不定、元環境関連会社社長の岡村忠平容疑者(53)を業務上横領の疑いで逮捕し、発表した。横領発覚後に行方が分からなくなっていたが、捜査員が勘を働かせて大阪・道頓堀で発見した。容疑を認めているという。
 発表によると、岡村容疑者は4月9日午前10時ごろ、当時社長を務めていた北九州戸畑区内の会社の預金口座から340万円を自身の預金口座に振り込んで横領した疑いがある。親会社の社長男性(56)が横領に気付き、署に相談したが岡村容疑者の行方は分からなくなっていた。
 「大阪のネットカフェを利用している」との情報を得て、捜査員3人が大阪市に足を運んだ。大阪のどこなのかは分からなかったが、ネットカフェが集中している道頓堀付近を探してみようと、6日午後から複数のネットカフェが見渡せる場所で見張りを始めた。表通りでは見つからず、裏通りにも範囲を広げた7日午後、写真で顔を覚えていた岡村容疑者が歩いていたところを発見。本人と認めたため逮捕した。
 岡村容疑者は、逮捕時の所持金は約4千円でカプセルホテルに泊まっていた。「会社の経営がうまくいかず、借金もあり、どうにでもなれと思った」と供述しているという。(吉田啓)
https://www.asahi.com/articles/ASLB77H2BLB7TIPE01C.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本県八代市の団地で住人女性変死=首絞められ殺害か-県警(8日)時事

7日午前1時ごろ、熊本県八代市三江湖町の市営団地の一室で、住人の中山睦子さん(73)が倒れているのを娘(51)が発見し110番した。駆け付けた県警八代署員が中山さんの死亡を確認。司法解剖の結果、窒息死とみられることが判明した。同署は首を絞められるなどして殺害されたとみて捜査している。
〔写真特集〕未解決事件~3億円から餃子の王将まで~

 同署によると、同居する孫娘(24)も近くに倒れており、意識混濁の状態で病院に搬送されたが命に別条はない。玄関や勝手口には鍵が掛かっていたという。
 中山さんは孫と2人暮らしで、孫の母親に当たる娘は同市内で別居している。孫から電話を受けた母親が駆け付けたところ、2人が倒れていたという。同署は孫から詳しい経緯を聴く。(2018/10/08-01:12)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100700214&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道出口でクマと衝突 山形・米沢、けが人なし(8日)産経

7日午後7時10分ごろ、山形県米沢市万世町桑山にある東北中央自動車道の米沢八幡原インターチェンジで、一般道路へ下りる出口の傾斜路を走行していた乗用車が、左側の路肩から現れたクマと衝突した。運転手の男性(32)にけがはなかった。
 県警高速隊によると、クマは体長約1メートル。道路を横断しようとして、車の左前部のドア付近にぶつかった。その後、路肩の方向に逃げ去ったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/181007/afr1810070020-n1.html

続きを読む "高速道出口でクマと衝突 山形・米沢、けが人なし(8日)産経"

| コメント (0) | トラックバック (0)

移動オービスで狭い道にも速度監視の目 死亡事故多発、導入広がる(8日)西日本

 

大分県警が導入した移動式オービス。持ち運びが可能で、取り締まりポイントを変更できる

大分県警が導入した移動式オービス。持ち運びが可能で、取り締まりポイントを変更できる

写真を見る

 交通量の多い生活道路での事故を防ごうと、全国の警察が移動式の速度違反取り締まり装置(オービス)の導入を進めている。道幅が狭く取り締まりが難しかった場所でも設置でき、大分など13都県で運用が始まっている。九州では本年度中に福岡、佐賀、宮崎の3県警が導入する。“出没”場所が毎日変わり、予測不能な移動式オービスが、生活道路でのスピード違反に目を光らせる。
 従来の固定式オービスは幹線道路の道路標識の高さに設置し、同乗者のプライバシーへの配慮などから予告看板で取り締まり区間を知らせている。警察官が直接取り締まる「ねずみ捕り」は速度を測る機械に撮影機能がなく、違反車を止めるために片側2車線以上か誘導スペースがある道路に限られていた。事実上、生活道路は取り締まりの“抜け道”になっていた。
 ただ、生活道路での悲惨な事故は後を絶たない。警察庁によると、生活道路の目安とされる道幅5・5メートル未満の死亡事故は、2017年に616件(前年比29件増)発生。京都府亀岡市では12年、生活道路の通学路を登校中だった児童らの列に車が突っ込んで10人が死傷した。
 移動式は大人の背丈ほどの大きさで、三脚などの上にカメラを搭載する。レーザーで車の速度を自動測定し、制限速度を超えるとフラッシュが光り運転手の顔やナンバーを撮影。後日、呼び出して交通切符を交付する。導入に合わせてホームページや報道で周知することから、予告看板は必要ないという。
 15年度に埼玉、岐阜の両県警が導入したのを皮切りに、今年3月現在で13都県に拡大。九州では大分が17年6月に1台採用し、今年9月末までに44回の取り締まりで27件摘発した。福岡は年内に2台、佐賀、宮崎は本年度中に1台ずつ導入する予定だ。
 福岡県警は導入に向けて、危険性の高い生活道路の抽出作業をしている。県警交通指導課の中村英人次席は「固定式では通過する際に減速して取り締まりを免れられたが、移動式は目立たず気付かれにくい。取り締まり効果は高く、事故防止につながる」と話す。=2018/10/08付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/455915/

| コメント (0) | トラックバック (0)

“大規模停電で9億円余の損害” コープさっぽろが賠償請求へ(8日)NHK

北海道内のスーパー大手「コープさっぽろ」は、先月の大規模停電で9億円余りの損害が生じたとして、北海道電力に賠償を求める方針を決めました。

札幌市に本部を置く「コープさっぽろ」によりますと、先月の地震のあとの大規模な停電で、物流拠点や食品の加工場では冷蔵庫が使えなくなり、食材の廃棄が相次ぐなどしておよそ9億6000万円の損害が生じたということです。地震などの自然災害によって生じた損害を補償する保険は契約していなかったということです。
 これらの損害について「コープさっぽろ」は、北海道電力に対して賠償を求める方針を決めました。「コープさっぽろ」は、賠償と合わせて大規模停電が起きた責任の所在も明確にするよう求めたいとしています。
 北海道内では停電によって工場が稼働を停止したことや企業が営業をやめたことなどによる経済的な影響が、今月3日までの集計で1318億円に上っています。
 北海道電力に停電で生じた損害の賠償を求める動きが表面化するのは、今回が初めてです。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181008/k10011662921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0) | トラックバック (0)

行方不明のICPO総裁 「違法行為の疑いで調査」 中国当局(8日)NHK

フランスに本部があるICPO=国際刑事警察機構の中国人の総裁が、先月から行方が分からなくなっている問題で、汚職などを取り締まる中国の機関は、総裁を違法行為を行った疑いで調査していると明らかにしました。一方、ICPOは総裁が辞任したと発表しました。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

»岩手・大槌町で強風にあおられ仮設住宅3棟横転(8日)TBS

 岩手県大槌町ではプレハブ仮設住宅3棟が強風にあおられ横転しました。
 町役場によりますと、午前9時ごろ、町民から通報を受け、現場に向かった役場職員が横転した仮設住宅を確認したということです。人は住んでおらず、けが人はいませんでした。
大槌町では午前9時前、最大瞬間風速33.8メートルを記録しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3492205.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月7日 | トップページ | 2018年10月9日 »