« SNSで知り合った女子高生にわいせつ行為 35歳男を逮捕(8日)産経 | トップページ | 熊本県警がサイバーパト 「デマ拡散防ぐ」被災地支援へ(8日)西日本 »

2018年9月 8日 (土)

公費800万のスペイン視察、市議が昼食時飲酒(8日)読売

 北九州市議会(定数57)の一部議員が、6月のスペイン視察で公務中の昼食時に酒を飲んでいたことがわかった。外部からの指摘を受け、井上秀作議長は不適切な行為だったとして、今後、国内外を問わず、視察での日中の飲酒を禁止する通知を10日に出す方針を決めた。
 市議会事務局によると、視察には、市議8人と議会事務局職員2人が参加。会派別の内訳は自民党4人、公明党2人、ハートフル北九州2人だった。再生可能エネルギーの利用状況調査などを目的として6月24日~7月1日、スペインやフィンランドを訪れた。
 6月25日と27日、スペインのマドリードとバルセロナでの昼食でワインが出され、議員の一部がグラス1杯程度飲んだという。読売新聞の取材に対し、飲酒した議員は「スペインの習慣と思い、口をつけた。気が緩んでいたと言われても仕方ない」と釈明した。飲酒後も視察は続き、25日はプラド美術館、27日はサグラダ・ファミリア大聖堂を見て回ったという。
 視察旅費は約800万円で公費で賄われる。ただ、視察中の飲酒代は、以前から議員の自己負担となっている。
(ここまで463文字 / 残り117文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180907-OYT1T50154.html?from=ycont_top_txt

« SNSで知り合った女子高生にわいせつ行為 35歳男を逮捕(8日)産経 | トップページ | 熊本県警がサイバーパト 「デマ拡散防ぐ」被災地支援へ(8日)西日本 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公費800万のスペイン視察、市議が昼食時飲酒(8日)読売:

« SNSで知り合った女子高生にわいせつ行為 35歳男を逮捕(8日)産経 | トップページ | 熊本県警がサイバーパト 「デマ拡散防ぐ」被災地支援へ(8日)西日本 »