« 1時間に57分間も 「開かずの踏切」廃止へ 大阪 東淀川駅付近(28日)NHK | トップページ | 「日本人に代われ」 働く外国人、差別深刻に (28日)日経 »

2018年9月28日 (金)

酒気帯びでの免許処分を取り消し 入れ歯安定剤でアルコール検知?(28日)共同

酒気帯び運転で運転免許を取り消された静岡県の40代の男性医師が「入れ歯安定剤のアルコール成分が検知された可能性がある」として処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は27日、一審の静岡地裁で敗訴した男性の訴えを認め、処分を取り消した。

 白石史子裁判長は、入れ歯装着から呼気検査までの経過時間からすると、入れ歯安定剤の使用量によっては呼気1リットル中0.15ミリグラム以上のアルコールが検知される可能性がある、と判断した。https://this.kiji.is/418044362959619169?c=39546741839462401

« 1時間に57分間も 「開かずの踏切」廃止へ 大阪 東淀川駅付近(28日)NHK | トップページ | 「日本人に代われ」 働く外国人、差別深刻に (28日)日経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67215498

この記事へのトラックバック一覧です: 酒気帯びでの免許処分を取り消し 入れ歯安定剤でアルコール検知?(28日)共同:

« 1時間に57分間も 「開かずの踏切」廃止へ 大阪 東淀川駅付近(28日)NHK | トップページ | 「日本人に代われ」 働く外国人、差別深刻に (28日)日経 »