« 【北海道震度6強地震】道内の全火力発電所が停止 全域で295万戸停電 JR始発電車運行できず(6日)産経 | トップページ | 内陸の断層ずれて発生=気象庁が記者会見(6日)時事 »

2018年9月 6日 (木)

火発停止、停電復旧のめど立たず 北電(6日)共同

北海道電力が6日午前6時から本店で行った停電に関する説明は次の通り。
 9月6日午前3時8分、胆振地方中部で地震が発生。その地震に伴い道内の火力発電所が緊急停止し、電気の使用量と発電量のバランスが崩れたことで、周波数が乱れ、北海道内の全域で停電が発生しました。
 現在、北海道内の全てのお客さま約295万戸が停電しております。
 水力発電所の発電を随時開始し、火力発電所に電気を送り、火力発電所の発電を再開する作業を実施中です。
 泊発電所については、外部電源は喪失しておりますが、非常用電源により、充填(じゅうてん)しており、問題はございません。
 復旧時刻は未定です。
 大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
 ――周波数の乱れによる停電とは。
 道内の周波数は50キロヘルツ。発電と消費する電気の量が釣り合った状態で50キロヘルツになりますが、火力発電所が地震で緊急停止し発電量が減ったことで、全道で周波数が乱れて停電が発生しています。
 

――復旧の状況は。
 現在は水力発電所の発電を随時再開させて、その電気を使って火力発電所を再開しています。火力発電所が回復すれば、全道で停電を復旧していきます。現在作業を進めています。復旧のめどは現在のところ立っていません。
 ――停止した火力発電所は。
 地震で停止したのは苫東厚真の3基、知内1基、伊達1基、奈井江1基です。地震発生時にはこの6基が稼働していました。
 ――発電所や変電所の機器は壊れていないのか。
 そちらも現在調査中。機器の損傷がないかどうかを調べながら復旧作業をしています。
 ――泊原発の非常用電源は何日持つのか。
 非常用電源の燃料は少なくとも1週間以上、10日以上は無補給で持ちます。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/225324?rct=n_hokkaido

« 【北海道震度6強地震】道内の全火力発電所が停止 全域で295万戸停電 JR始発電車運行できず(6日)産経 | トップページ | 内陸の断層ずれて発生=気象庁が記者会見(6日)時事 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火発停止、停電復旧のめど立たず 北電(6日)共同:

« 【北海道震度6強地震】道内の全火力発電所が停止 全域で295万戸停電 JR始発電車運行できず(6日)産経 | トップページ | 内陸の断層ずれて発生=気象庁が記者会見(6日)時事 »