« 鎌倉で住宅侵入 男「20回くらい空き巣やった」(13日)テレビ朝日 | トップページ | 夏の山岳遭難、過去最多の721件 好天も影響か(13日)日経 »

2018年9月13日 (木)

警察の情報あれば防げた…遺族が提訴 熊谷6人殺害(13日)テレビ朝日

 埼玉県熊谷市で2015年に男女6人が殺害された事件で、妻と娘2人を殺害された男性が警察の情報提供があれば事件を防げたとして、県を相手取って訴えを起こすことが分かりました。
 ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロンジョナタン被告(33)は2015年、熊谷市で加藤美和子さん(当時41歳)や加藤さんの娘2人(10歳、7歳)ら6人を殺害した強盗殺人などの罪に問われています。ナカダ被告は一審で死刑判決を受け、控訴しています。ナカダ被告は事件前に住宅に侵入した疑いで熊谷警察署に任意同行されましたが、逃走して6人はその後の3日間で殺害されました。この事件を巡り、加藤さんの夫(45)がナカダ被告が逃走したことを警察が住民に伝えていれば家族3人は殺害されていなかった可能性が高いとして、県に対して約6400万円の損害賠償を求め、14日にも提訴することが分かりました。加藤さんの夫は「警察に落ち度があったことを認めて謝罪してほしい」とコメントしています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136178.html

« 鎌倉で住宅侵入 男「20回くらい空き巣やった」(13日)テレビ朝日 | トップページ | 夏の山岳遭難、過去最多の721件 好天も影響か(13日)日経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察の情報あれば防げた…遺族が提訴 熊谷6人殺害(13日)テレビ朝日:

« 鎌倉で住宅侵入 男「20回くらい空き巣やった」(13日)テレビ朝日 | トップページ | 夏の山岳遭難、過去最多の721件 好天も影響か(13日)日経 »