« 2018年9月17日 | トップページ | 2018年9月19日 »

2018年9月18日

2018年9月18日 (火)

関空で没収された「北朝鮮土産」税関側が返還(18日)読売

北朝鮮を修学旅行で訪れた神戸朝鮮高級学校(神戸市垂水区)の生徒が今年6月、関西空港で税関に土産品を没収され、今月12日に返還されていたことが学校関係者への取材でわかった。税関は、北朝鮮からの輸入を禁じた政府の制裁措置に違反するとみて没収したとみられる。
 学校関係者によると、同校の3年生62人は6月14~28日、北京経由で北朝鮮を訪問。関西空港に帰国した28日夜、税関で生徒全員の荷物を検査され、うち18人が現地で親類にもらったり購入したりした化粧品や民芸品などを没収されたという。
 学校側は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)などとともに税関に返還を求めて抗議。今月12日になって、税関から大半を返還された。
 大阪税関関西空港税関支署は「個別の案件には答えられない」としている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180918-OYT1T50045.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長男などかたり詐欺、78歳女性が50万円被害 埼玉・朝霞(18日)産経

埼玉県警朝霞署は18日、埼玉県朝霞市に住む無職の女性(78)が長男などをかたる男らに現金50万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。同署は詐欺容疑で調べている。
 同署によると、14日午前9時半ごろから、女性宅に「会社の会計手続きを間違ってしまった」「今日中に300万円必要だがいくら出せるか」などと複数回電話があった。電話の内容を誤信した女性は同日午後3時45分ごろ、自宅を訪れた長男の上司の息子を名乗る男に現金50万円を手渡したという。
 女性宅を訪れた男は30歳代で、身長約165センチの細身。白ワイシャツ、黒ズボンのマスク姿で、黒色のビジネスバッグを持っていたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180031-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「殺すぞ」下校女児を脅迫 宮城県警、黒ずくめの男の行方追う(18日)産経

18日午後4時半ごろ、宮城県美里町青生の跨線橋で、小学校高学年の女児=同町=が徒歩で下校中、後ろから近づいてきた男に「殺すぞ」と脅された。男は逃走しており、県警遠田署は脅迫事件として行方を追っている。
 同署によると、女児は当時1人。ランドセルにつけていた防犯ブザーを鳴らそうとしたところ、腕をつかまれたが、けがはないという。帰宅後、母親が110番通報した。
 女児の話によると、男は身長160~170センチで、黒っぽいTシャツとパーカー、紺色の長ズボンを着用。いずれも黒色の野球帽、サングラス、マスク、手袋、リュック、靴を身につけていたという。
 現場はJR東北線小牛田(こごた)駅から約500メートル地点の線路上に架かる「化粧坂橋」。同署が警戒し、付近の学校に連絡、注意を促している。
http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180032-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京・杉並の住宅で2人切りつけ、1人は重体(18日)TBS

18日午後、東京・杉並区の住宅で男女2人が親族とみられる男に切りつけられ、55歳の女性が意識不明の重体となる事件があり、警視庁は男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。
 18日午後4時45分ごろ、杉並区高井戸東の住宅で「人が刺されている」と110番通報がありました。警察官が駆けつけたところ、男女2人が刃物で首などを切りつけられていて、そのうち、55歳の女性が病院に運ばれました。女性は意識不明の重体で、男性もけがをしたということです。
 警視庁は現場でナイフ2本を持っていた2人の親族とみられる50代の男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕していて、当時の状況を詳しく調べています。現場は京王井の頭線・浜田山駅から北西におよそ300メートルの住宅街です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3475696.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日 単位・レベル)
21日から秋の全国交通安全運動
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1014184_2 21日から秋の全国交通安全運動が始まる。
 警視庁管内では女優の高島礼子さんが1日警察署長を務め、輪投げで交通安全を呼びかけたほか、女優ののんさんが東京の国立劇場で行われたイベントに参加、三浦正充警視総監らと交通事故防止を呼びかけた。
 兵庫県警では北播磨地域の県民運動推進協議会が主催した大会を開き、これには市や町、警察、市民団体、輸送業界団体などの約40人が出席。「自転車の交通事故防止と高齢者の交通安全」をテーマに意見を交換。また、栃木県警の矢板署では人気特撮ドラマ「ウルトラマン」が交通安全ステッカーに登場。期間中に3000枚を管内の交通安全イベントなどで配布するなど、全国の警察がそれぞれの趣向を凝らしたイベントを展開している。
  そして18日、警視庁の交通機動隊や交通安全運動に協力するバス協会やトラック協会など、約70人が参加、皇居前広場で出動式が行われた。
 警察庁によると今年の交通事故の特徴は、死者数が減少傾向にあるが死亡交通事故件数が高齢者(65歳以上)で増加しているという。
 7月現在の交通事故件数は24万6581件で死者数は1883人。前年と比べて2万2384件、106人のそれぞれ減少。
 問題は、年間の死者数推移をみると10月から増加に転じて12月は最も多くなる。こうしたことから秋の交通安全運動の目的があるわけで、高齢者をいかに交通事故から守るかが課題となりそうだ。
 参考までに記すが今年7月現在の死亡高齢者の全死者数に占める割合のランキングは三重の68.6%を頭に香川の68.2%、山形の67.9%、福島の67.5%、新潟の66.7%と続いている。
 こうした事から警察庁は、高齢ドライバーによる交通事故を防ごうと運転に関するアドバイスなどを受けることができる全国共通の相談ダイヤルを来年度、新たに設置する方針を固めたという。
 各地の警察では運転免許センターなどに相談窓口を設けているが、窓口の存在を知らない高齢者が多いことから設置拡大となった。
 早めに運転免許証を返納したお年寄りに公共交通機関のパスを与えるなどのサービスを検討したらどうかね。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041_2詐欺劇場

特殊詐欺、若い世代にも…ネット決済悪用目立つ(18日)読売
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-4418.html

★埼玉・ふじみ野市 女性がキャッシュカード2枚盗まれる(15日)産経
★息子装った男から電話 80代女性が3000万円詐欺被害(15日)NHK
★偽電話詐欺福岡で多発 2ヵ月で6000万円被害 HKT48注意呼び掛け(13日)西日本
★携帯電話に偽メール 横浜の60代が330万円特殊詐欺被害(9日)産経
★警視庁管内 振り込め詐欺に注意「市役所からの還付金詐欺」。市役所職員を騙り「医療費還付金の郵便物を出したのですが、手元にありますか?銀行口座はどこですか」
しばらくして今度は銀行職員を名乗り「キャッシュカードを交換する必要があります」「自宅に職員が取りに行きます」と言われる。(以上 メール便)
 ※銀行などのATM操作だったが、カードの「受け取り」に変わっているので注意

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人罪起訴の男を「バナナ盗」容疑で再逮捕 岩手県警(18日)産経

岩手県警は18日、同県一関市の無職、佐藤仁一容疑者(74)を窃盗の疑いで再逮捕した。佐藤容疑者は市内の住宅に侵入し女性(80)を殺害したとして、盛岡地検が殺人と住居侵入の罪で14日に起訴している。
 再逮捕容疑は8月13日午後6時45分ごろ、一関市のコンビニエンスストアでバナナ1袋を盗んだ疑い。殺人事件を捜査する過程で、コンビニの防犯カメラなどから窃盗の疑いも浮上したという。
 佐藤容疑者は「覚えていない」と犯行を否認している。
http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

連続店舗荒らしか 容疑の47歳男を逮捕 群馬県警(18日)産経

 飲食店に侵入し、金品を盗もうとしたとして、群馬県警捜査3課などは18日、建造物侵入と窃盗未遂の疑いで、伊勢崎市下触町の無職、竹原正直容疑者(47)を逮捕した。調べに対し、「金が欲しかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は8日午前3時半ごろ、伊勢崎市内の飲食店に鍵を壊して侵入し、店内を物色したが、金品を盗もうとしたとしている。
 同課によると、前橋東、太田、伊勢崎の3署管内で1月以降、飲食店や会社事務所を狙った窃盗事件が相次いでおり、今月から合同で捜査していた。同課などは竹原容疑者が関連しているとみて、余罪を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺なくせ 埼玉・春日部市が録音装置無償貸与を拡大へ(18日)産経

 振り込め詐欺などの被害を防ぐため、自宅の固定電話に取り付ける「通話録音装置」の無償貸与を行っている埼玉県春日部市は18日、装置の活用をさらに広げようと、貸与事業のキャンペーンを行った。会場となった同市中央のイトーヨーカドー春日部店では、入り口前に設けられたブースに多くの高齢者が足を止めて装置を体験し、関心の高さを示していた。
 装置は電話着信時に、「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」とのメッセージが発信者側に流れる。発信者が振り込め詐欺などを画策していたとしたら、通話を録音されるのを嫌がるため、電話を切らせる効果があるとされる。
 数日前に銀行員を語る男性から不審な電話があったという同市大沼の60代の女性は「声が落ち着いていて、いかにも銀行員という雰囲気だった。(装置があれば)防波堤になるので、少しは安心できそうだ」と話し、前向きに装置の導入を検討すると語った。
 平成29年の同市の振り込め詐欺被害の認知件数は46件で、被害額は約8458万円に上る。30年も6月末までで認知件数は25件、被害額は約1780万円となっている。
 キャンペーンを担当した同市交通防犯課は「これまでもさまざまな手段で注意喚起をしてきたが、被害はなくならないのが現状。(装置で)物理的に被害を食い止めることができれば」と期待を込める。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

原子力規制庁職員を逮捕、警視庁 路上で店員切り付けた疑い(18日)共同

通行トラブルとなった飲食店店員に刃物でけがをさせたとして、警視庁綾瀬署が傷害の疑いで、原子力規制庁の原子力規制部に所属する課長補佐級職員、高須剛志容疑者(52)を現行犯逮捕していたことが18日、同署への取材で分かった。
 逮捕容疑は15日未明、東京都足立区の路上で、飲食店店員の30代男性にナイフのようなもので切り付け、全治2週間のけがを負わせた疑い。綾瀬署によると、高須容疑者は当時、酒に酔った状態だったという。
 規制庁は18日になって逮捕の事実を発表し、「職員が逮捕されたことは遺憾です。事実関係を把握した上で、厳正に対処します」とのコメントを出した。
https://this.kiji.is/414672014557774945?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

セメント出荷妨害の疑い 関西生コン労組幹部ら16人逮捕(18日)NHK

関西の生コンクリート業界の労働組合の幹部ら16人が、大阪市内の路上で運送会社がセメントを出荷するのを妨害したとして、威力業務妨害などの疑いで逮捕されました。幹部らは運送会社に対し、組合の関連団体に加入するよう迫っていたということで、警察が詳しいいきさつを調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「おはやし教室」講師の男逮捕、生徒にみだらな行為した疑い(18日)TBS

祭りで披露する太鼓や笛などを教えるおはやし教室の講師の男が、教室に通っていた10代の少女にみだらな行為をしたとして、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、生花店経営の石鍋英彦容疑者(42)で、今年1月から2月にかけて、10代の少女が18歳未満であることを知りながらおよそ10回にわたって、東京・足立区の自宅に連れ込み、みだらな行為をした疑いが持たれています。
 石鍋容疑者は祭りで披露する太鼓や笛を教えるおはやし教室の講師で、教室に通っていた少女に「拒否したら笛を教えない」などと脅して、自宅に連れ込んだということです。
 取り調べに対し、石鍋容疑者は「同意の上だった」と供述しているということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

セクハラ問題、みなかみ町長失職 2度目の不信任決議(18日)朝日

 セクハラ問題を指摘されていた群馬県みなかみ町の前田善成町長(51)が18日、町議会から2度目の不信任決議を受け、失職した。前田町長は、7月に不信任決議を受け、町議会を解散。今月9日投開票の町議選で敗北した責任をとるとして辞職願を出していたが、町議会は辞職を認めず、不信任決議案を全会一致で可決した。町長選は10月28日に行われる。
 前田氏が4月、町内の団体の女性職員に酔ってキスをした問題が発覚。町政の停滞や観光地のイメージ失墜を理由に7月、町議会から不信任決議を受けた。前田氏は対抗して8月に町議会を解散し、これを受けた町議選は大半を反町長派が占める状況になっていた。
 前田氏は元町議で昨年10月、当時の現職を破って初当選した。女性側の被害届を受けた県警が捜査している一方、前田氏も女性に対し、新聞への謝罪広告掲載や損害賠償を求める訴えを前橋地裁沼田支部に起こしている。(泉野尚彦、寺澤尚晃)
https://www.asahi.com/articles/ASL9L35PBL9LUHNB004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

長女にミニカー万引させる、滋賀 窃盗容疑で母親逮捕(18日)西日本

滋賀県警草津署は18日、中学1年の長女(12)にミニカーを万引させたとして、窃盗の疑いで母親の無職竹本ルミ子容疑者(42)=同県守山市守山=を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は6月16日午前10時55分ごろ、同県栗東市の量販店で、長女にミニカー41個(販売価格計約4万円)を店外に持ち出させて盗んだ疑い。
 草津署によると、竹本容疑者は長女ら子ども3人と男性と5人暮らし。長女は14歳未満であるため刑事責任は問わない。同署は虐待を受けていた可能性もあるとして長女らを保護し、児童相談所に通告した。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/450508/

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺、若い世代にも…ネット決済悪用目立つ(18日)読売

秋田県内で今年、特殊詐欺の被害額が3000万円近くに上っていることが13日、県警のまとめで分かった。「有料サイトの未払い料金がある」などとかたる「架空請求」が目立ち、手口は巧妙化。かつては高齢者が現金を振り込まされる被害が目立ったが、近年はインターネット上で決済される電子マネーの普及に伴い、若い世代である20~40歳代にも被害が広がっている。
 ◆被害、若い世代が逆転
 県警によると、8月末時点で特殊詐欺は19件認知され、被害総額は2964万510円に上った。前年同期と比べると10件、3896万737円(56・8%)減。県警が統計を公表している2013年以降では、14年(86件、3億1455万2615円)をピークに減少傾向となっている。
 手口別では「架空請求」が11件(被害総額1809万5457円)と最多。次いで、国民健康保険料などの還付を名目とした「還付金」が4件(904万1053円)と多かった。このほか、子や孫を装う「オレオレ」が3件(50万4000円)、事業資金や家計のやり繰りに苦しむ人を狙う「融資保証」が1件(200万円)だった。
続く

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180914-OYT1T50025.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「信頼される県警目指す」 重松青森県警本部長(18日)産経

重松弘教(ひろのり)青森県警本部長(49)が18日、着任会見を行い、「それぞれが役割を果たしていくことが大事。県民の安全・安心を確保し、信頼される県警を目指す」と抱負を語った=写真(福田徳行撮影)。
 この中で、重松本部長は県警の在り方に関し「交通事故、特殊詐欺の抑止にしっかりと取り組みたい」と話し、天皇陛下の譲位や東京五輪・パラリンピックなどを控え、テロ対策に取り組む決意を示した。
 重松本部長は本籍佐賀県。早稲田大卒業後、警察庁入庁。千葉県警捜査2課長、警視庁捜査2課長などを歴任した後、警察庁捜査2課長から14日付で就任した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

発車ベル廃止、音階変更も 駆け込み乗車防止に工夫 (18日)日経

 首都圏の鉄道各社が、「駆け込み乗車」対策に知恵を絞っている。JR東日本は8月から常磐線の一部区間で発車ベルを実験的に廃止。相模鉄道は乗客が焦って駆け込まないように到着メロディーを工夫する。駆け込み乗車は運行ダイヤの乱れや重大事故につながる恐れがある。列車の遅延の主因とも考えられ、各社はホームドア設置などの対策も急ぐ。
 JR柏駅(千葉県柏市)の常磐線各駅停車のホームでは、他の駅のようにホームで発車…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35455700Y8A910C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋の全国交通安全運動前に出動式(18日)NHK

秋の全国交通安全運動が始まるのを前に、交通違反の取締りにあたる警察官の出動式が都内で行われました。
  出動式は東京・千代田区の皇居前広場で行われ、警視庁の交通機動隊や交通安全運動に協力するバス協会やトラック協会など、およそ70人が参加しました。
この中で、警視庁の田中俊恵交通部長が「これから年末にかけて薄暮の時間帯の死亡事故が増加する傾向にある。都民の安全をしっかり支えてほしい」と訓示し、白バイなどが出動しました。
警視庁によりますと、17日までに都内で交通事故で死亡したのは92人で、去年の同じ時期より20人少なくなっていますが、飲酒運転や二輪車の死亡事故が増加しています。
今月21日から始まる秋の全国交通安全運動では、子どもと高齢者の交通事故防止や飲酒運転の根絶などが重点目標になっています。
警視庁交通総務課の粕谷政夫管理官は、「1人でも犠牲者が出ないよう、主要な交差点などで通勤・通学の時間帯に取締りを図っていきたい」と話していました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官のフリしてカードを…受け取り役の男逮捕(18日)テレビ朝日

警察官などを名乗って高齢女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、カードを受け取りにきた男が逮捕されました。
 犬飼佳宏容疑者(30)は14日、仲間と共謀して東京・世田谷区の83歳の女性宅に電話を掛け、キャッシュカード2枚をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性のところに警察官などを名乗り、不正な引き下ろしがあるため封筒にカードと暗証番号を書いた紙を入れて保管するよう指示する電話がありました。その後、犬飼容疑者が自宅に現れましたが、不審に思った女性が110番通報していました。取り調べに対し、「指示されて封筒を取りに行っただけ」と容疑を否認しています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136442.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»金融庁職員装いキャッシュカードだまし取ろうとしたか、男逮捕(18日)TBS

金融庁の職員を装い、高齢の女性からキャッシュカード2枚をだまし取ろうとしたとして、詐欺グループの現金受け取り役の男が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、埼玉県草加市の無職・犬飼佳宏容疑者(30)で、今月14日、金融庁の職員を装い、東京・世田谷区の83歳の女性からキャッシュカード2枚をだまし取ろうとした疑いが持たれています。犬飼容疑者は詐欺グループの現金受け取り役とみられ、女性に偽の金融庁の職員証明書を見せて信用させようとしましたが、不審に思った女性に通報され、逮捕されました。
 取り調べに対し、「『封筒を受け取る仕事がある』と指示されるがままに行ったら受け取れずに逮捕された。納得がいきません」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3475349.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»30万円入りバッグ バイクでひったくられる、千葉市の路上(18日)TBS

18日朝早く、千葉市の路上で、通勤途中の女性がおよそ30万円の入ったバッグをバイクで追い抜きざまにひったくられる事件がありました。
 午前6時40分ごろ、千葉市中央区長洲の路上で、会社員の女性(24)が歩いていたところ、およそ30万円の入ったハンドバッグをバイクで追い抜きざまにひったくられました。警察によりますと、奪われたバッグには定期代や奨学金の返済費用などが入っていたということです。
 逃げた犯人は、黒っぽいバイクに乗り、黒のフルフェイスのヘルメット、黒っぽいズボンをはいていたということです。
 現場の周辺では、先月から同様のひったくり事件が相次いでいて、警察が関連を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3475350.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

群馬の一家3人殺害から20年 県警、報奨金受付期間を延長(18日)産経

群馬県旧群馬町(現高崎市)で平成10年1月14日、一家3人が殺害された事件で、群馬県警は、殺人の疑いで指名手配中の小暮洋史容疑者(49)の逮捕につながる情報の提供者に懸賞金を出す「捜査特別報奨金」の受付期間を来年10月31日まで延長すると発表した。報奨金の上限は300万円で、今回は12回目の延長。
 県警刑事企画課によると、昨年1月から今年8月末までに寄せられた情報は103件。同課は「少しでも違和感があれば、通報してほしい」と呼びかけている。情報提供は高崎署捜査本部フリーダイヤル0120・547・590。
http://www.sankei.com/affairs/news/180918/afr1809180003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁、4事件の懸賞金延長 岩手県宮古市の女性殺害など(18日)共同

警察庁は17日、2008年に岩手県宮古市(旧川井村)で起きた女性殺害など4事件について、容疑者の逮捕に結び付く情報に最大300万円が支払われる公的懸賞金の応募期間を11月1日から1年間延長すると決めた。
 宮古市女性殺害事件の小原勝幸容疑者(38)=指名手配中=のほか、群馬県高崎市(旧群馬町)で1998年に1家3人が殺害された事件の小暮洋史容疑者(49)=同、東京都三鷹市で2005年に飲食店の男性従業員が殺害された事件の上地恵栄容疑者(62)=同、12年に東京・六本木のクラブで客の男性が殺害された事件の見立真一容疑者(39)=国際手配中=が対象。
https://this.kiji.is/414511583885591649?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

育てサイバー捜査官 九州各県警 相次ぎ強化策 担当外“修業”底上げへ(18日)西日本

 育て! サイバー捜査官-。九州の各県警が、インターネットやスマートフォンの普及で増加、巧妙化するサイバー犯罪に精通した捜査官の育成に力を入れている。福岡県警は3月からサイバー犯罪対策課で、他部署の捜査員が半年間“修業”する研修をスタート。九州大やIT企業で最先端の技術も学ぶ。研修中の捜査が摘発につながったケースもあり、捜査力の底上げに期待がかかる。
 「覚醒剤の売買に関するメールが保存された端末を捜して」。今夏、福岡県内某所。ネットを使った覚醒剤密売事件の家宅捜索現場で研修があった。元システムエンジニアで同課の幾野裕美警部補が研修生に指示を飛ばした。
 県警によるサイバー犯罪の昨年の摘発数は403件(前年比54件増)。同課は3月、他部署の3人を半年間受け入れ、サイバー犯罪捜査のノウハウを伝授する「教養・研修係」を新設した。
 研修は4段階。まず座学でネットやパソコンの基礎知識を学ぶ。次に家宅捜索に同行したり、ハードディスクやスマートフォンの記録を復元・解析したりする。仕上げに捜査活動に加わり、研修成果を生かす。
 九州大やNTTドコモ、QTnetの協力も得て、最新のサイバーセキュリティー技術の講義も受ける。
続く downwardleft
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/450382/
=2018/09/18付 西日本新聞朝刊=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「放置違反金」徴収強化、仮想通貨も差し押さえ(18日)読売

兵庫県警が、駐車違反した車の所有者に科される「放置違反金」の徴収を強化している。滞納者への電話や訪問を増やしたほか、差し押さえる物件の対象を仮想通貨にまで拡大する厳しい対策が効果を上げ、2017年度の徴収率は94・6%と過去最高になった。県警は家宅捜索で財産を差し押さえるなど強制的な手法も駆使し、悪質滞納者の「逃げ得」を許さない構えだ。
 06年度に導入された放置違反金制度は、駐車違反をした運転者が一定期間内に反則金を納めない場合、原則、その車の所有者に違反金を科している。だが、所有者の滞納が後を絶たず、取り立ての強化が課題となっている。
 県警によると、県内の放置違反金の徴収率は、対策の強化に伴い、06年度の79・5%から年々上昇。17年度は過去最高の94・6%となり、1年間で約7億3600万円を回収した。
 この結果、累積未納金は06年度の約2億1200万円から、ピークの10年度には約6億1800万円に達したが、17年度は約2億2400万円にまで減少させることに成功した。
 特に、県警は昨年度から、対策をより一層強化している。昨年6月、民間委託のコールセンターを設置し、今年3月末までに滞納者1104人に電話で納付を呼びかけたところ、774人から約1400万円を徴収した。電話業務を民間に任せたことで、警察官を所在不明の滞納者の割り出しや関係先の訪問などの業務に充てることができ、徴収率アップにつながったという。
 悪質滞納者に対しては、車や預貯金などの財産を差し押さえてきたが、近年は受刑者が刑務所に預ける「領置金」や仮想通貨にまで対象を広げた。大半は差し押さえを行うと納付するが、それでも応じなければ競売サイト「ヤフーオークション」に出品して強制的に回収。昨年12月からは、悪質滞納者に対する家宅捜索にも乗り出し、入った関係先で財産をくまなく探している。
 県警交通指導課は「催促を無視する滞納者は、今も後を絶たない。不公平が生じないよう、あらゆる対策で悪質滞納を根絶したい」としている。(真崎公美)

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180917-OYT1T50053.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

茨城、自動車盗被害全国ワースト 1~7月で825件(18日)産経

今年1月から7月までに茨城県内で発生した自動車盗の認知件数が825件に上り、人口10万人あたりの犯罪率(28・5件)とともに、全国ワーストだったことが県警のまとめで分かった。認知件数は平成28、29年と2年連続で、犯罪率は19年から11年連続で全国ワーストだった。県警は「茨城はさまざまな要因が重なって自動車盗が発生しやすい環境にある。警備の強化には努めているが、個人でも防犯対策を心がけてほしい」と注意を促している。
 自動車盗の認知件数は年々減少傾向にあるが、今年は昨年同期よりも13・8%増加。県南地域での被害は約2倍に増え、全体の半分以上を占めた。県警生活安全総務課によると、県南地域は、つくば市をはじめ人口と車が多く、高速道路網が充実しており、都心に近い点が被害の多い理由として考えられるという。
 被害場所は住宅や会社の駐車場が53・2%と大半で、ほとんどが夜間に発生している。盗まれる車は乗用車が62・1%を占めた。同課の担当者は「7、8年前まではトラックなどの貨物車が多かったが、今は乗用車を盗む犯人が増えてきている。盗む側の『需要』が変わったのではないか」と指摘する。
 同課によると、今年盗まれた乗用車の中でもトヨタの「プリウス」が全体の約26%と非常に多く、次いで同社の「カローラ」が約9%、日産の「スカイライン」が約6・5%という順になっており、盗まれた車は90%以上が戻ってきていない。
 同課の担当者は「手練れの男2人で取り組めば10トンの大型ダンプですら4時間ほどでバラバラに分解できる。盗まれたら元の状態で戻ることはないと思った方がいい」と警鐘を鳴らす。対策として「車のハンドルロックや、駐車場内の防犯カメラ、センサーライトの設置が効果的だ。全てホームセンターで手軽にそろえられるので、すぐに始めてほしい」と促している。
http://www.sankei.com/affairs/news/180917/afr1809170014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

関空連絡橋、2週間ぶり鉄道再開 アクセス大幅改善(18日)共同

 台風21号の影響で破損した関西空港連絡橋を走る鉄道部分の復旧工事が完了し、JR西日本と南海電鉄は18日、2週間ぶりに始発から運転を再開した。関空への交通機関のうち利用者の約8割を占める鉄道の再開で、21日以降の旅客便運航全面回復を前に大幅なアクセス改善となる。
 自動車専用道路と鉄道が走る連絡橋は4日、タンカーが道路部分に衝突。2本の橋桁が中央の鉄道線路側にずれ、押し出される形で鉄道の橋桁も約50センチずれた。
 西日本高速道路が橋桁2本を撤去し、JR西が線路への影響を調べ工事を進めていた。当初21日の再開をめどとしていたが、想定より損傷が少なく前倒しした。
https://this.kiji.is/414522405243995233?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

海自潜水艦、南シナ海で訓練 軍事拠点化進める中国けん制(18日)共同

 海上自衛隊は17日、潜水艦「くろしお」がヘリコプター搭載型護衛艦「かが」など3隻と南シナ海で対潜水艦戦の訓練を実施したと発表した。実任務に就く潜水艦が南シナ海で訓練するのは初。軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いがある。潜水艦の行動は極秘とされ、一部を除いて公表しておらず、明らかにするのは異例だ。中国外務省は同日、「地域の平和安定を損なうべきではない」と反発した。
 くろしおは17日、海自潜水艦として初めて、ベトナム中部カムラン湾の国際港に寄港した。安倍晋三首相はテレビ番組で「練度の向上を図っているもので、特定の国を想定したものではない」と述べた。https://this.kiji.is/414264832267764833?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢ドライバーの全国共通相談ダイヤル 来年度設置へ 警察庁(18日)NHK

高齢ドライバーによる交通事故を防ごうと、警察庁は運転に関するアドバイスなどを受けることができる全国共通の相談ダイヤルを来年度、新たに設置する方針を固めました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

緊急走行中のパトカーと乗用車が衝突 2人軽傷(18日)テレビ朝日

群馬県大泉町の交差点で、緊急走行中のパトカーが乗用車と衝突して2人が軽傷です。
 17日午後8時前、大泉町坂田の交差点で、緊急走行中だった群馬県警大泉警察署のパトカーが赤信号を直進したところ、青信号で直進してきた乗用車と衝突し、乗用車の男性と高校1年生の息子の2人が軽傷を負いました。パトカーの男性巡査部長(35)と女性巡査(21)にけがはありませんでした。大泉警察署は「事故の状況を詳細に捜査し、安全運転の徹底、及び再発防止に努める」としています。https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136423.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»奈良・十津川村で沢登りの男女が転落、行方不明に(18日)TBS

17日午前、奈良県十津川村で、沢登りをしていた男女2人が転落して、行方が分からなくなっています。
 17日午前、奈良県十津川村の芦廼瀬川で、「沢登りをしていた友人が滑落した」と男性から警察に通報がありました。
 警察によりますと、行方がわからなくなっているのは大阪府堺市の森島千栄子さん(42)と兵庫県宝塚市の櫨木保さん(53)で、沢登りをしていた森島さんが落差20メートル近くある滝の上から転落し、助けに行った櫨木さんも転落したということです。
 警察と消防は17日現場を捜索し、水中に1人が沈んでいるのを確認しましたが、滝から落ちる水の勢いが強く近づけないということです。警察などは、18日朝から捜索を再開する予定です。
 森島さんたちは登山仲間で、17日朝から3人で沢登りをしていたということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3475072.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月17日 | トップページ | 2018年9月19日 »