« 2018年9月11日 | トップページ | 2018年9月13日 »

2018年9月12日

2018年9月12日 (水)

わいせつ行為や万引き、新学期直後に4教諭離職(12日)読売

兵庫県教委は11日、女子生徒にわいせつ行為を行った教諭を懲戒免職にするなど、県立学校などの教員計6人に対する懲戒処分を発表した。停職6か月の処分を下した3人の教諭も同日付で依願退職するなど、新学期に入った直後に、教諭4人が一気に離職する異例の事態となり、県教委は「県民の公教育への信頼を大きく損ねた」と陳謝している。
 発表によると、わいせつ行為で懲戒免職になったのは、県南部にある高校の20歳代男性教諭(氏名などは被害者の希望で非公表)。昨年12月、校外行事の帰り道で、女子生徒を車に乗せ、ホテルに連れ込んだ。男性教諭は「衝動的な行為だった」と釈明したという。
 停職6か月の処分を受けて依願退職したのは、▽女子生徒数人の胸を触った播磨地区の高校の20歳代男性教諭(同)、▽同僚へのパワハラ、生徒への体罰などを行った明石市立中の男性教諭(59)、▽スーパーで、すしやハムなど5点を万引きして窃盗の疑いで逮捕、起訴された県立高の女性臨時教諭(56)――の3人。
 さらに、昨年以降2件の交通事故を起こし、免許停止処分中に乗用車を運転した県立高の男性教頭(56)に停職3か月と減給10分の1(1か月)の処分を下したほか、乗用車を運転中に重傷事故を起こした特別支援学校の50歳代の女性教諭も減給10分の1(3か月)とした。
 今年度上半期(4~9月)の懲戒処分の件数は13件(昨年度上半期は15件)。県教委は「新学期の学校運営に支障が出ないようにし、綱紀粛正や服務規律の確保に努めたい」としている。https://www.yomiuri.co.jp/national/20180912-OYT1T50037.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

私服捜査員を風俗店に客引き 容疑で45歳男逮捕 埼玉・越谷(12日)産経

路上で客引き行為をしたとして、埼玉県警越谷署は12日、同県迷惑行為防止条例違反の疑いで、越谷市蒲生南町の無職、沖田義明容疑者(45)を現行犯逮捕したと発表した。逮捕は11日。「声をかけたのは間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は11日午後10時45分ごろ、JR武蔵野線南越谷駅(越谷市)近くの路上で、通行人に「キャバクラ、どう?」などと声をかけ、客引き行為をしたとしている。通行人は警戒中の私服捜査員だった。

http://www.sankei.com/affairs/news/180912/afr1809120017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島県職員が難病医療費申請84件を放置 76万円支払われず 「優先順位付けられなかった」(12日)産経

 福島県は11日、南会津保健福祉事務所(南会津町)に勤務していた30代の女性職員が、平成28~29年度にかけ、指定難病患者の医療費助成の新規申請や療養費請求などを放置し、63人が申請した84件が処理されず、うち23件の療養費計約76万円の支払いが遅滞していたと発表した。今後、調査の上、処分を検討する。
 県によると、女性職員が担当していたのはパーキンソン病や潰瘍性大腸炎など国が指定する難病の医療費助成手続き。申請を処理せず関係書類を事務所内に放置していたほか、自宅に持ち帰るなどして、23件の書類を紛失した。聞き取りに対し「仕事の優先順位を付けられなかった」と話しているという。未処理の申請は、11日までに処理を完了した。
 今年1月、事務所の書類整理を行っている際、処理されていなかった申請書が見つかり、一部の処理遅延が明らかになり処理した。しかし、4月の異動直後に女性職員が同事務所に未処理の案件がほかにもあることを伝え、確認が進められていた。
 県保健福祉部の高野武彦次長は「関係者に多大のご迷惑をおかけした。再発防止を徹底する」と陳謝した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

19年前に教え子と性的関係 高校教諭を懲戒免職 東京(12日)NHK

東京・多摩地域にある都立高校の59歳の男性教諭が、19年前の平成11年からおよそ1年半の間、当時の教え子の女子生徒と性的な関係を持っていたとして、東京都教育委員会はこの教諭を懲戒免職の処分にしました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2人組“金目の物”要求 殴ってブランド品など奪う(12日)テレビ朝日

 マンションの一室に2人組の男が押し入って住人を襲ったうえ、現金などを奪って逃げています。
 12日午前1時前、大阪市浪速区のマンションの9階の一室に男2人が押し入り、部屋にいた住人の男子大学生(20)と友人(20)の頭などを棒のようなもので殴って「金目の物、全部出せ」と脅しました。男らは服や高級ブランドのかばんと現金数十万円をキャリーバッグの中に詰め込んで持ち去りました。大学生らは軽傷です。逃げた2人は黒のダウンジャケットに黒のズボン姿だったということです。警察は強盗傷害事件として行方を追っています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136067.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故処理後の警察車両と乗用車が正面衝突 2人けが(12日)テレビ朝日

茨城県常陸太田市の県道で、警察の事故処理車と50代の女性が運転する乗用車が正面から衝突する事故がありました。警察官と女性の2人がけがをして病院へ搬送されました。
 12日午後3時前、常陸太田市大里町の県道で、男性警察官が運転する事故処理車と50代の女性が運転する乗用車が衝突しました。この事故で、男性警察官と女性は腹を打つなどして病院へ搬送されました。警察によりますと、男性警察官は別の交通事故の処理を終えて警察署に戻る途中でしたが、乗用車が車線を越えてきて正面からぶつかったということです。警察は事故の原因を詳しく調べています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136079.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
拳銃の使用が遅すぎる
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014123 大阪・生野区で警察官が不審な2台の車に拳銃7発を発砲し、1台の車に乗っていた1人の男に当たりケガをしたが、警察はその男を殺人未遂で逮捕。別の車に乗っていた若い男は逃走したためその行方を追っている。
 拳銃の発砲は当然の行為だ。しかし、事件内容を見ると不審車を発見してパトカーが追跡していたところ別の車がこれを妨害。しかもパトカーに体当たりしてきたという。だったら、なんでその時点で拳銃で威嚇して逮捕しなかったのか?
 拳銃を使用するタイミングが遅い。盗難車だったのだから、体当たりしてきた段階で拳銃で威嚇使用していれば、発砲しないで済んだかもしれない。
 もっと拳銃を有効に使いましょう。そのために国家公安委員会規則を変えたのだから…
 あれは平成13年8月26日、東京・三軒茶屋で現職の警察官が刺殺された。最後に拳銃を使用したのだが、時は既に遅し。犯人も射殺しているが自らも命を落とした。
 そこで国家公安委員会は「警棒での制圧が困難と判断した場合は拳銃の使用」をしやすくするため規則を改正したはずだ。それをいかして欲しい。
 大阪府警は、いちいち「拳銃使用は適切だった」などという談話をだすんじゃないよ。当たり前のことなのだから。そういう社会的な雰囲気をつくりましょう。
 と、書いていたら、今度はなんと新潟県警が、人質を取って立てこもった49歳の男に拳銃を発砲して殺人未遂と銃刀法違反の疑いで逮捕したという。
 〝こそ泥棒〟や強盗などだけではなく、こんな過激犯もあるのだから、拳銃を「使った」「使わない」などの議論をしている暇はない。とにかく、国民の命を守るためには積極活用を。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
1041_2

詐欺劇場

「俺だけど、かばんなくした」 1850万円の詐取被害(12日)テレビ朝日
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/1850-8127.html
★携帯電話に偽メール 横浜の60代が330万円特殊詐欺被害(9日)産経
★警視庁管内 振り込め詐欺に注意「市役所からの還付金詐欺」。市役所職員を騙り「医療費還付金の郵便物を出したのですが、手元にありますか?銀行口座はどこですか」
しばらくして今度は銀行職員を名乗り「キャッシュカードを交換する必要があります」「自宅に職員が取りに行きます」と言われる。(以上 メール便)
 ※銀行などのATM操作だったが、カードの「受け取り」に変わっているので注意
★「五輪チケットあげる」メール詐欺か (6日)日経
★電話詐欺:70代男性が910万円被害 笛吹 /山梨
2018.09.05 地方版/山梨 21頁 (全393字) 
★偽サイト誘導、最多290万人 今年上半期 カード情報盗難恐れ2018.09.05 東京朝刊 26頁 第3社会 (全591字) 

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官が応援呼んだ隙に逃走、大阪 路上発砲、男の行方追う(12日)共同

大阪市生野区で警察官が不審車2台に発砲し男1人が逮捕された事件で、現場にいた生野署員が応援の警察官を呼びに行った隙に、別の男に逃げられていたことが12日、同署への取材で分かった。公務執行妨害と殺人未遂の疑いで男の行方を追っている。捜査関係者によると、2台は盗難車の疑いがある。
 生野署によると、パトカーは当初、シルバーの乗用車を追跡。途中で別の黒い乗用車が間に割り込み、袋小路で縦に3台並んで停止した。
 パトカーは近くで発生した車上狙い事件の警戒中だった。生野署は逮捕した男の身元を調べる。https://this.kiji.is/412522479658370145?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者逃走 看守は備品の水洗いで逃走音に気づかずか(12日)NHK

大阪の警察署から容疑者の男が逃走した事件で、当時留置場にいた看守の署員2人のうち1人が休憩中で、もう1人が備品の水洗いをしていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。この署員は水の音でアクリル板を破る音は聞こえなかったと話しているということで、警察は監視の緩む隙を狙った可能性があるとみて調べています。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

基準値の6倍 自転車の36歳女“飲酒運転”で逮捕(12日)テレビ朝日

福岡県田川市で、酒に酔った状態で自転車を運転したとして36歳の女が逮捕されました。
 浦野智江容疑者は12日午前3時すぎ、田川市の市道で、酒に酔った状態で自転車を運転した疑いが持たれています。パトカーがふらつきながら自転車を運転している浦野容疑者を発見して調べたところ、呼気から基準値の約6倍のアルコールが検出されたため、酒酔い運転の疑いで現行犯逮捕しました。受け答えもできないほどに泥酔していたということです。取り調べに対し、浦野容疑者は「酒は飲んだが、自転車は運転していない」と容疑を一部、否認しているということです。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»子ども虐待増加で児童相談所の強化など検討、厚労省で初会合(12日)TBS

 子どもの虐待が増加する中、厚生労働省で、児童相談所などの強化について検討する会合が初めて開かれ、「児相の業務のあり方」や「通告のあり方」などが議題となりました。
会合では、虐待の現場で子どもを保護するための「介入」と虐待をした親への「支援」のあり方について、自治体の対応状況なども報告されました。
 強化策は、年内に取りまとめられる方向です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470962.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»タクシー運転手殴り立ち去る、強盗容疑で自称音楽事務所代表逮捕(12日)TBS

 自称音楽事務所代表の男が、東京・八王子市でタクシー料金を支払わず、運転手を殴って立ち去ったとして、警視庁に逮捕されました。
 強盗の疑いで逮捕されたのは、自称音楽事務所代表・廣木斎容疑者(63)です。廣木容疑者は11日午後11時ごろ、八王子市で港区麻布十番からのタクシー料金およそ1万8千円を支払わずに車を降り、とがめた運転手の男性(37)の顔を無言で殴って立ち去った疑いが持たれています。運転手の男性にけがはありませんでした。
 廣木容疑者は当時、酒に酔っていて、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。取り調べに対し、「やっていません」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470961.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ディレクターが投票操作 ラジオNIKKEIの音楽番組で(12日)産経

ラジオNIKKEI(東京)は12日、聴取者からのインターネット投票で放送する曲を決める音楽番組「Click DE On-Air(クリック・デ・オンエア)」(月~金曜)で、担当ディレクターの1人が投票結果を意図的に操作していたと発表した。同局は「信頼を裏切る行為」と謝罪し、7日の放送を最後に番組を打ち切った。
 同局によると、番組はあらかじめウェブサイトに計30曲を掲載し、聴取者の投票が多かった12~13曲を優先的に放送する。月、金曜日を担当する40代の男性ディレクターが約1年半に渡り、2回に1回程度の割合で多数の投票ができる「連打アプリ」を使って、一部の楽曲への投票を水増ししていたという。
 8月24日の放送で、ディレクターが使用するパソコンが動かなくなり、技術担当者がパソコンを調べたところ投票操作が発覚した。ディレクターは「一部のリスナーが連打アプリで投票して結果が決まっているように感じたので、それを是正したかった」と説明しているという。
 ラジオNIKKEIは「番組に関わる全ての者にメディアに関わる一員としての自覚を求めるとともに、一段とコンプライアンスを強化し、研修や教育を徹底します。各番組におけるチェック体制も強化します。申し訳ありませんでした」としている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180912/afr1809120010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇サイトで知り合った男と80歳女性殺害 被告は起訴内容認める(12日)NHK

去年2月、インターネットのいわゆる「闇サイト」で知り合った男と神奈川県平塚市の80歳の女性を殺害し、バッグを奪ったとして強盗殺人などの罪に問われている24歳の男に対する裁判員裁判の初公判が開かれ、男は起訴された内容を認めました。  

続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

「彼女にふられ…」中国人留学生がわいせつ行為か(12日)テレビ朝日

 東京・世田谷区で女性の胸を触るなどわいせつな行為をしたとして、24歳の中国人留学生の男が逮捕されました。
 李勇豪容疑者は先月23日未明、女性(20代)の後をつけて世田谷区の雑居ビルに侵入し、女性に声を掛けていきなりキスをした後、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、李容疑者が数百メートルにわたって女性の後をつける様子が付近の防犯カメラに映っていました。取り調べに対して「彼女に振られ、やけになった。彼女に似ている女の子を見掛けたのでやった」などと容疑を認めています。付近では先月にも同様の事件が起きていて、警視庁は李容疑者が関与しているとみて調べています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136042.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»追跡パトカーを妨害、警官が不審車に7発発砲(12日)TBS

 12日未明、大阪市生野区の路上で不審車両を追跡していたパトカーに別の乗用車が体当たりするなどしたため、警察官が拳銃7発を発砲、男1人がけがをし、もう1人の男は逃走しています。
 12日午前3時過ぎ、大阪市生野区で、警察官の職務質問を振り切って逃げた乗用車を追跡していたところ、別の乗用車が間に割り込みパトカーに体当たりしてきたということです。警察官2人が2台の車に向けて、合わせて拳銃7発を発砲しました。
 「寝ていたら、ドーンという音が聞こえて、慌てて3階の窓を開けて見たら、車が行ったり来たりしていた」(近隣住民)
 弾は割り込んできた乗用車の男1人の肩などに当たり、警察は公務執行妨害などの疑いでこの男を逮捕。追跡していた乗用車に乗っていたもう1人の男は、車を置いて逃げたということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470644.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会壊滅作戦「かつてない打撃」 福岡県警暴対部長の尾上芳信氏に聞く(12日)西日本

福岡県警による工藤会壊滅作戦を指揮してきた尾上芳信暴力団対策部長が西日本新聞のインタビューに応じた。尾上部長は中枢幹部逮捕で打撃を与え、弱体化は進んだとの認識を示した。一問一答は次の通り。
 -工藤会の現状は。
 「中枢幹部を逮捕し、事務所の使用制限と撤去、組員の社会復帰対策を推進したことで、かつてない打撃を与え、対策は大きく前進した。一方で、(公判中の)総裁の野村悟被告がいまだトップに君臨し、危険性は維持されている。一切、予断は許されない」
 -7月には野村被告に壊滅作戦以降では初の実刑判決が出た。
 「資金源にも影響を与え、大きな意義があった。残った組員にも少なからず動揺があるだろう。判決を契機に工藤会に不穏な動きがないか情報収集を強化し、事件の未然防止を図る」
 -北九州の街や市民意識の変化を感じるか。
 「作戦以降、工藤会によるとみられる拳銃や刃物を使った凶悪事件は発生していない。東京ガールズコレクション北九州が開催されたり、24年ぶりに地価が上昇したり、北九州地区のイメージアップや経済活動の活性化につながったと考えている。市民や事業者の意識が変わり、被害の届け出や情報提供も増加した」
 -今後の取り組みは。
 「終局的な目標は工藤会壊滅。現存勢力に打撃を与えるには、資金源の枯渇が最重要課題だ。取り組みを着実に積み重ねていく」
続く downwardleft

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/448832/

| コメント (0) | トラックバック (0)

逃走1か月、府警OBが情報に懸賞金200万円(12日)読売

大阪府警富田林署に勾留されていた無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件は、12日で発生1か月となる。樋田容疑者はひったくりを繰り返しながら、知人に接触を図る大胆な行動をとったとみられるが、逃走2日後以降の足取りはつかめていない。府警は11日、府警OBの有志が有力情報の提供者に最高200万円の懸賞金を支払うと発表。府警の大失態に身内が動き出す事態になった。
 「OBから支援の申し出があった。府警で(懸賞金を)やるべきだとの声もあるだろうが、現役は逮捕に全力を尽くしたい」。府警本部で11日、懸賞金について説明した府警幹部が苦渋の表情を見せた。
 府警によると、一部OBが仲間にカンパを呼びかけ、府警に提案。警察庁が最高300万円を支払う「公費懸賞金制度」は原則、殺人や強盗などの凶悪事件が対象で、今回は適用できないこともあり、府警が受け入れを決めた。殺人事件の遺族らが私的に懸賞金を設ける例はあるが、警察OBがかけるのは異例という。

(ここまで417文字 / 残り864文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180912-OYT1T50029.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜索現場、救助犬も奮闘=殺処分逃れた「夢之丞」-北海道地震(12日)時事

北海道で6日未明に起きた地震で、大規模な土砂崩れに見舞われた厚真町。必死の捜索が続く現場には自衛隊や警察、消防だけでなく、広島土砂災害や熊本地震でも活躍した雑種の災害救助犬「夢之丞(ゆめのすけ)」の姿もあった。
 夢之丞は約8年前、広島県の動物愛護センターで殺処分されそうになっていたところを、NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ、広島県神石高原町)に保護された。当時はまだ生後3~4カ月だったが、PWJで訓練を受け、災害救助犬として活動するようになった。
 「捨て犬だったからか、とても臆病な性格」。そう話すのは夢之丞のハンドラー(指導手)、西香さん(23)。それでも訓練を重ね、2014年8月の広島土砂災害で行方不明だった1人を発見したのをはじめ、16年4月の熊本地震でも捜索に当たるなどの活躍を見せた。
 厚真町の捜索現場では今回、PWJの他に三つの民間団体と、航空自衛隊の災害救助犬チームが活動し、PWJは夢之丞を含む3匹を投入している。別の救助犬のハンドラーを務めるPWJの大西純子さん(46)は「土砂が家屋を覆ってしまっており、救助犬がにおいをかぎつけることが難しい状況」と説明。それでも、人がいる可能性のある場所を救助犬が示してくれることで、土砂を掘り返す範囲を絞ることに貢献しているという。
 夢之丞とタッグを組んでおよそ1年半になる西さん。「夢之丞はもう8歳になり、引退まであと少しかもしれない。山の中など静かな場所が得意なので、そうした現場でこれからも活躍できたら」と期待を込めた。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091200159&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

通称「無閉まりのナワ」を逮捕 泥棒の3カ条課し空き巣繰り返す(12日)産経

空き巣を繰り返したとして、埼玉県警捜査3課などは11日、窃盗の疑いで同県草加市花栗の無職、縄(なわ)道典(みちのり)容疑者(40)をさいたま地検越谷支部に追送検した。「ギャンブルや風俗に使うためだった」と供述している。縄容疑者は施錠していない民家ばかりを狙って犯行を繰り返していたことから、捜査関係者の間では「無閉まりのナワ」と呼ばれていた。
 追送検容疑は、平成25年6月1日~30年5月11日ごろまでの間、草加市原町の民家など55カ所に侵入し、現金計約221万円と財布など687点(時価計約289万円)を盗んだとしている。
 県警によると、縄容疑者は施錠していない民家を狙った理由について「泥棒被害に遭うだけでも申し訳ないのに、(窓などを)壊したりしたら、被害者はさらにお金がかかる」などと供述し、「壊さない・汚さない・暴力を振るわない」という「泥棒の3カ条」を自身に課していたという。http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

母と姉を殺害容疑、男を逮捕 栃木・日光の自動車道PAで(12日)産経

11日午前、栃木県日光市野口の自動車専用道「日光宇都宮道路」下り日光口パーキングエリア(PA)の駐車場で、乗用車の中から女性2人の遺体が発見された事件で、栃木県警日光署は同日夜、殺人の疑いで、埼玉県春日部市大沼、無職、宇田川稔(みのる)容疑者(61)を逮捕した。
 逮捕容疑は、10日午後5~6時ごろ、同PAの駐車場に止めた乗用車内で、同居の母、志津江(しづえ)さん(90)と姉、洋子さん(66)を殺害したとしている。宇田川容疑者は2人の遺体を乗せた車を同PAに止めていたところを発見された。宇田川容疑者は首から血を流した状態で運転席に座っていた。県警が経緯や動機などについて調べている。
 県警によると、同日午前9時50分ごろ、パトロールしていた県道路公社職員が、血の付いた服を着た男が運転する乗用車が路肩に停車しているのを発見、声を掛けようとしたところ走り去ったため、110番通報。通報を受けた県警捜査員が同PAで車を発見した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110042-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道地震、SNSでデマ拡散 専門家「発信元確認を」 (12日)日経

 北海道で震度7を観測した地震に関連して、根拠のない誤情報が交流サイト(SNS)や無料対話アプリを中心に拡散し、被災者に不安が広がっている。投稿は自衛隊などの情報として「数時間後に大地震が来る」などと記され、一見、信ぴょう性が高いものだった。過去の災害でもSNSでデマが出回ったことがあり、専門家は「情報を拡散する前に発信元が信頼できるか確かめて」と呼びかけている。
 「厚真に居る自衛隊の方からの今来た情報です。地響きが鳴ってるそうなので、大きい地震が来る可能性が高いようです。推定時刻5~6時間後との事です!!」。苫小牧市危機管理室には地震発生から2日が過ぎた8日夕、無料対話アプリ「LINE」などの投稿を見た市民から「本当に大地震が来るのか」「避難すべきか」などの問い合わせが相次いだ。2時間ほど電話が鳴りやまないほど対応に追われた。

続くdownwardleft
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35227790R10C18A9CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

留置場でプラスチック片発見(12日)NHK

大阪の富田林警察署から容疑者の男が逃走してから12日で1か月になります。
その後の調べで、留置場の居室から先のとがったプラスチック片が見つかったことが捜査関係者への取材でわかり、警察は逃走に使う道具として隠し持っていた疑いがあるとみて調べています。
 8月12日に大阪の富田林警察署から樋田淳也容疑者(30)が逃走してから12日で1か月になります。
警察によりますと、これまでに約2300件の情報が寄せられ、のべ9万人を動員して捜査していますが、依然、行方は分かっていません。
これまでの調べで、樋田容疑者は盗んだミニバイクを使って逃走翌日の8月13日の夜に大阪市などでひったくりをしたあと兵庫県尼崎市に入ったとみられ、JR立花駅近くにとめてあった知人男性の自転車には、「携帯電話の番号を教えてほしい」などと書かれた置き手紙が残されていました。
また、留置場の樋田容疑者の居室からは、犯行を計画したカレンダー形式のメモが見つかっていますが、その後の調べで先のとがったプラスチック片も隠されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
勾留中に何らかの方法で入手したとみられ、警察は逃走に使う道具として隠し持っていた疑いがあるとみて調べています。
大阪府警では、逮捕に結びつく有力な情報を提供した人に、OB有志からの私的懸賞金を最高で200万円を支払うことを決めました。
情報提供は11日に設置された専用のフリーダイヤルで受け付けています。
番号は0120ー224−110です。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180912/0007283.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅で火事 2人死亡 70代の夫婦か 岡山 倉敷(12日)NHK

12日未明、岡山県倉敷市で住宅1棟が火事で全焼し、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。警察は、連絡が取れなくなっているこの家の70代の夫婦とみて確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

空き家に侵入しバッグなどを… 55歳の男逮捕 群馬(12日)テレビ朝日

群馬県桐生市内の空き家に侵入し、バッグなどを盗んだとして55歳の男が逮捕されました。
 自称・自由業の菊田英二容疑者は先月29日から31日の間に、桐生市の72歳の女性が管理する市内の空き家に侵入し、有名ブランドのバックや着物など合わせて7点、37万円相当を盗んだ疑いが持たれています。警察によりますと、桐生市内の質店から菊田容疑者が盗んだとみられるバッグなどが見つかり、防犯カメラの映像などから菊田容疑者が浮上しました。取り調べに対し、菊田容疑者は「やっていません」と容疑を否認しています。現場付近では窃盗被害が数件、起きていて、警察が関連を調べています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136005.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「俺だけど、かばんなくした」 1850万円の詐取被害(12日)テレビ朝日

川崎市中原区に住む80代の女性が息子を名乗る男らからの「俺だけど、かばんをなくしてしまった」などという電話にだまされ、4回にわたって合わせて1850万円をだまし取られました。
 警察によりますと、先月28日、川崎市中原区に住む80代の女性に息子を名乗る男から「俺だけど、会社の小切手を入れたかばんをなくしてしまった」と電話がありました。その後、「400万円が必要だ。用意できないか」「上司の息子が取りに行く」などと電話がありました。翌日から今月3日にかけ、女性は自宅の周辺で上司の息子を名乗る男に4回にわたり、合わせて1850万円の現金を手渡しました。女性は銀行の窓口などから現金を引き出していました。その後、女性が実の息子に手紙に出したことで初めてだまされたことに気付き、警察に通報したということです。警察は詐欺事件として男らの行方を追っています。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136007.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京五輪控え 警視庁 交通や警備の課題など協議(12日)テレビ朝日

東京五輪控え 警視庁 交通や警備の課題など協議[2018/09/11 23:26]

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、警視庁は全幹部を集めて交通や警備の課題などを協議しました。
 吉田尚正警視総監:「当庁の取り組みを都民に説明するなど、理解と協力が得られるようにされたいのであります」
 11日に警視庁本部で開かれた署長会議で訓示した吉田警視総監は、来年は即位の礼やラグビーワールドカップなど大規模な警備が伴う行事が続くため、今年中に東京オリンピック・パラリンピック向けた準備を進めることが重要だと訓示しました。さらに、警備や交通対策の取り組みを丁寧に説明し、都民から協力が得られるよう指示しました。一方、3月に起きた東京・目黒区の女児虐待事件にも触れ、児童相談所など関係機関との連携強化を指示しました。また、14日に退任する吉田警視総監は警視庁の102ある警察署すべてを視察したことなどに触れ、さらにより良い警視庁を築いてほしいと激励しました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000136004.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»マタハラ裁判、出産後の雇い止めは無効(12日)TBS

正社員の女性が出産後、契約社員にさせられた上、雇い止めとなったのは「マタニティーハラスメント」だなどと訴えた裁判で、東京地裁は雇い止めは無効とする判決を言い渡しました。
 都内に住む37歳の女性は人材コンサルティング会社「ジャパンビジネスラボ」で英語の講師の正社員として勤務していましたが、出産後、契約社員にさせられた上、雇い止めになったとして地位確認を求める裁判を3年前、東京地裁に起こしました。
 11日の判決で東京地裁は「正社員を解約するとした契約書は両者の合意の上、成立している」などとして、正社員の地位は認めませんでしたが、雇い止めについては「無効」とする判決を言い渡しました。
 また会社側の対応について、「育児休業終了後の女性の働き方の多様性を甘受するかのような姿勢を標榜しつつ、原告を批判し糾弾する姿勢に終始していて、原告の不利益の程度は著しい」などとして、100万円の慰謝料の支払いを命じました。
 「会社にだまされるような形で失った正社員の地位は非常に大きく、その点についてはとても残念です」(女性)
 「ジャパンビジネスラボ」の代理人は「復職時の契約社員への身分変更が有効であり、法的にマタハラに該当しないと判断した点は妥当であると評価する」とした上で、「雇い止め無効は極めて不当で控訴を検討する」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470458.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»空き家火災相次ぐ、連続不審火の可能性 茨城・水戸市(12日)TBS

 茨城県水戸市で11日夜、空き家が全焼する火事が2件相次ぎました。警察は連続不審火の可能性もあるとみて捜査を進めています。
 激しく燃え上がる炎。11日午後7時半すぎ、水戸市双葉台の木造二階建ての家屋で、近所の住民から「家が燃えている」と119番通報がありました。消防などが駆けつけ火は3時間あまり後に消し止められましたが、143平方メートルが全焼しました。
 このおよそ1時間後の午後9時まえには、水戸市緑町の平屋建て家屋で火災があり、92平方メートルが全焼しました。警察によりますと、いずれも空き家でけが人はいませんでした。
 2つの家屋は4.5キロほどの距離にあり、警察は連続不審火の可能性もあるとみて調べを進めています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3470463.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月11日 | トップページ | 2018年9月13日 »