« 2018年9月10日 | トップページ | 2018年9月12日 »

2018年9月11日

2018年9月11日 (火)

通称「無閉まりのナワ」を逮捕 泥棒の3カ条課し空き巣繰り返す(11日)産経

空き巣を繰り返したとして、埼玉県警捜査3課などは11日、窃盗の疑いで同県草加市花栗の無職、縄(なわ)道典(みちのり)容疑者(40)をさいたま地検越谷支部に追送検した。「ギャンブルや風俗に使うためだった」と供述している。縄容疑者は施錠していない民家ばかりを狙って犯行を繰り返していたことから、捜査関係者の間では「無閉まりのナワ」と呼ばれていた。
 追送検容疑は、平成25年6月1日~30年5月11日ごろまでの間、草加市原町の民家など55カ所に侵入し、現金計約221万円と財布など687点(時価計約289万円)を盗んだとしている。
 県警によると、縄容疑者は施錠していない民家を狙った理由について「泥棒被害に遭うだけでも申し訳ないのに、(窓などを)壊したりしたら、被害者はさらにお金がかかる」などと供述し、「壊さない・汚さない・暴力を振るわない」という「泥棒の3カ条」を自身に課していたという。http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110036-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道地震、SNSでデマ拡散 専門家「発信元確認を」 (11日)日経

北海道で震度7を観測した地震に関連して、根拠のない誤情報が交流サイト(SNS)や無料対話アプリを中心に拡散し、被災者に不安が広がっている。投稿は自衛隊などの情報として「数時間後に大地震が来る」などと記され、一見、信ぴょう性が高いものだった。過去の災害でもSNSでデマが出回ったことがあり、専門家は「情報を拡散する前に発信元が信頼できるか確かめて」と呼びかけている。つ
続くdownwardleft

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35227790R10C18A9CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッターに書き込みの裁判官 分限裁判で異例の会見(11日)NHK

ツイッターに裁判の当事者を傷つける内容の書き込みを行ったとして、懲戒を申し立てられた東京高等裁判所の裁判官の処分を審理する裁判が、11日、最高裁判所で行われました。裁判官は「表現の自由の侵害だ」と争う姿勢を示し、現職としては異例の記者会見を開いて反論しました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

「何で睨んでいる」コンビニ店長に因縁つけ現金を…(11日)テレビ朝日

東京・台東区のコンビニ店で客の男が店員をナイフで脅し、現金を奪おうとしたとして逮捕されました。男は「店員がじろじろ見てイライラした」などと話しています。
 樋口憲容疑者は9日、台東区のコンビニ店で男性店員に「何でにらんでいるんだよ」などと因縁を付けてナイフで脅し、現金を奪おうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、レジの前でナイフを振り回した樋口容疑者に男性店長が「どうしたらいいんですか」と尋ねると、「金で解決するんだ」などと現金を要求したということです。別の店員が110番通報し、駆け付けた警察官が現行犯逮捕しました。取り調べに対して「店員がじろじろ見てきたことに対し、イライラした」などと容疑を認めています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135988.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

市川の福祉施設入居者暴行死 被告の女、起訴内容認める 千葉地裁初公判(11日)産経

平成29年8月、千葉県市川市の福祉施設に入居していた川久保儀子(のりこ)さん=当時(84)=を暴行して死なせたなどとして暴行や傷害致死の罪に問われた、元施設管理人の生田玲子被告(56)に対する裁判員裁判の初公判が11日、千葉地裁(楡井英夫裁判長)で開かれた。生田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 検察側は冒頭陳述で「生田被告は川久保さんを些細(ささい)なことで怒鳴りつけ、暴行して死なせた」と主張。「暴行は日常的に行われており、陰湿だった」と指摘した。
 一方、弁護側は「生田被告は十数人の入居者を管理する立場で、川久保さんの生活態度が悪く、強いストレスを感じていた」と主張した。
 起訴状などによると、29年8月27日夜、市川市の女性向け福祉施設「グリーンハウス市川」で、入居していた川久保さんに暴行を加え、死なせたとしている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日 単位・レベル)
声無きに聞き 形無きに見る
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014118  警察の最大の仕事は犯罪の抑止。しかし、起きてしまった場合は検挙すること。「声無きに聴き 形無きに見る」である。
 今回は検挙率の各罪種ごとのランキング。どこの警察が強いのかを見てください。
 警察庁によると今年8月現在の刑法犯全体の検挙率は36.9%で前年を2.5ポイント上回った。これを罪種別でみたベスト5は…
【殺人】①山梨、滋賀が各200%②鳥取、岐阜が各150%③群馬、岡山が各125.0% 
【強盗】①佐賀200%②和歌山、奈良、高知が各150.0%⑤山梨133.3%
【放火】①鳥取、石川が各150.0%③福島133.3%④鹿児島125.0%⑤宮城114.3%
【強制性交】①三重169.2%②愛媛140.0%③奈良125.0%④大分120.0%⑤福島112.5%
【窃盗】①長崎66.1%②佐賀65.9%③山形63.8%④島根61.8%⑤秋田60.5%
 これらを参考に総合力はどうか
【刑法犯】①山形68.5%②長崎67.5%③佐賀66.0%④鳥取64.1%⑤島根63.2%
 事件の内容や発生件数、警察官数などにより、必ずしも検挙率=警察の実力とは言い切れないのであしからず。
 さらに、近年は事件が広域化しているだけでなく、捜査が困難な事件が多いうえに、人権問題も絡み取り調べ室での調べ方も厳しくなっており、事件の起訴率も下がっていることから送致の段階での検察の厳しいチェックもあり事件ひとつひとつに時間と人員をかける場合が多くなっている。
 ここで一言。「被疑者の人権もいいが被害者の人権はどうなっている」。「です」「ます」調で凶悪犯の取り調べができるか!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
1041_2

詐欺劇場

特殊詐欺グループの受け子役の高校生逮捕 「友人に誘われた」と供述 警視庁(11日)産経http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20778300/index.html

「俺だけど、かばんなくした」 1850万円の詐取被害(12日)テレビ朝日
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/1850-8127.html

★携帯電話に偽メール 横浜の60代が330万円特殊詐欺被害(9日)産経
★女性、銀行カードだまし取られる 埼玉で被害相次ぐ(11日)産経
★警視庁管内 振り込め詐欺に注意「市役所からの還付金詐欺」。市役所職員を騙り「医療費還付金の郵便物を出したのですが、手元にありますか?銀行口座はどこですか」
しばらくして今度は銀行職員を名乗り「キャッシュカードを交換する必要があります」「自宅に職員が取りに行きます」と言われる。(以上 メール便)
 ※銀行などのATM操作だったが、カードの「受け取り」に変わっているので注意
★「五輪チケットあげる」メール詐欺か (6日)日経
★電話詐欺:70代男性が910万円被害 笛吹 /山梨
2018.09.05 地方版/山梨 21頁 (全393字) 
★偽サイト誘導、最多290万人 今年上半期 カード情報盗難恐れ2018.09.05 東京朝刊 26頁 第3社会 (全591字) 
★「運び屋やろうよ」詐欺集団リクルーターが勧誘か(28日)テレビ朝日

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺グループの受け子役の高校生逮捕 「友人に誘われた」と供述 警視庁(11日)産経

不正に入手したキャッシュカードで100万円を引き出したとして、警視庁少年事件課は窃盗容疑で、東京都練馬区の男子高校生(17)=詐欺容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕した。
 同課によると、少年は特殊詐欺グループで現金を受け取る受け子役。調べに対して容疑を認め、「友人から誘われた。10回くらいやった」などと供述しているという。今回を含め3件の特殊詐欺事件で逮捕されている。
 逮捕容疑は6月11日午後5時ごろから同12日午前0時ごろにかけて計6回にわたり、千葉県浦安市の女性(81)のキャッシュカードを使用し、江戸川区や練馬区のコンビニエンスストアの現金自動預払機(ATM)から計100万円を引き出したとしている。
 同課によると、女性のおいを名乗る男が11日、女性宅に電話して「金が必要だ」などと相談。その後、この少年とみられる男がおいの部下を名乗って女性宅を訪れ、キャッシュカードを受け取った。http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強要容疑で本紙記者逮捕(11日)産経

 山形県警山形署は11日、強要の疑いで、仙台市青葉区梅田町、産経新聞東北総局記者、伊藤寿行(としゆき)容疑者(55)を逮捕した。
 逮捕容疑は5月18日から19日までの間、山形県内の20代女性の携帯電話にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を利用し、「あなたを道連れにして地獄に落ちます」などと復縁を迫り、応じなければ危害が及ぶという趣旨のメッセージや画像を送信して脅迫。女性に「復縁を約束します」などの内容のメッセージを送信させたとしている。同署によると、「やったことは間違いない」と容疑を認めている。

産経新聞社広報部の話 「当社の記者が逮捕されたことを重く受け止めています。事実関係を確認した上で厳正に対処します」

| コメント (0) | トラックバック (0)

着服した現金を支店裏口で息子に手渡し JAの53歳元女性係長と22歳息子を逮捕(11日)産経

JAとうかつ中央(千葉県松戸市)の松戸南支店に勤務する女性係長が、同支店の金庫に保管してあった現金計9633万円を着服していた問題で、県警松戸署は11日、窃盗の疑いで元同支店出納係長の松永かおり容疑者(53)=同市六高台=を、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで息子で自称無職の西弘樹容疑者(22)をそれぞれ逮捕した。松永容疑者は「息子のためにやった」、西容疑者は「自分で使ったり、人に渡したりした」などと容疑を認めている。
 松永容疑者の逮捕容疑は6月15日午後0時35分ごろ、同支店内にある出納機から現金700万円を盗んだとしている。西容疑者の逮捕容疑は同日午後3時40分ごろ、盗んだ金と知りながら、松永容疑者から700万円を同支店の裏口で受け取ったとしている。
 JAなどによると、松永容疑者は平成26年4月から出納係を務めていたが、今年6月18日の抜き打ち調査で着服が発覚。聞き取り調査に対し、現金計9633万円を着服したことを認めたため、JAでは6月に松永容疑者を懲戒解雇にするとともに8月に同署に被害届を提出していた。
 同署は両容疑者が昨年7月ごろから犯行を繰り返していたとみて余罪を追及し、事件の全容解明を進める方針。

http://www.sankei.com/affairs/news/180911/afr1809110021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者逃走、宿泊施設で情報求め チラシ配りやポスター用意(11日)共同

大阪府警が作成した樋田淳也容疑者の等身大ポスター=11日午前、府警本部

 大阪府警富田林署から勾留中の無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警は11日、潜伏場所となりそうなホテルなどの宿泊施設やインターネットカフェを一斉に回り、捜査員がチラシを配りながら情報提供を呼び掛けた。
 南署管内では、捜査員約75人が2人一組になり、個室ビデオ店やファストフード店で聞き込みをし、容疑者の顔写真や特徴が記されたチラシを配布。本部庁舎1階や府内のターミナル駅などに新たに掲示するため、容疑者の等身大ポスターも用意した。
 樋田容疑者は8月12日夜、富田林署接見室の隔離用アクリル板を蹴破り逃走したとみられる。https://this.kiji.is/412062948460348513?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎“タクシー強盗”一部始終公開 男を指名手配(11日)テレビ朝日

  • 先月31日に川崎市でタクシー強盗事件があり、警察は今月11日に47歳の男を指名手配するとともに、犯行の一部始終の映ったドライブレコーダーの映像を公開しました。
     真砂修一郎容疑者は先月31日、川崎市高津区の路上でタクシー運転手の男性にカッターナイフのようなものを突き付け、売上金など約4万5000円を奪った疑いが持たれています。警察は今月11日、真砂容疑者を指名手配するとともに、タクシーの車内を映したドライブレコーダーの映像を公開しました。今月7日には、横浜市神奈川区でもタクシーの運転手が男にナイフのようなものを突き付けられて現金約9万円が奪われる事件が起きています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135968.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»山陽新幹線が緊急停止(11日)TBS

JR西日本によりますと、午後0時10分東京発博多行きの山陽新幹線のぞみ31号が西明石駅と姫路駅の間を走行していたところ、午後3時5分、非常ブザーが押され、緊急停止しました。
 緊急停止は6分間にわたりましたが、車掌が車内を確認したところ大きな異常は確認されなかったということで、最寄りの姫路駅まで走行し、詳しく調べているということです。
 乗客が使用していた充電中の電気製品に異常が発生したという情報があり、JR西日本で確認をしています。捜査関係者によりますと、けが人が1人いますが、程度は軽いということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3469874.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JAの金庫の金盗んだ疑い、元係長逮捕 ニセ札で偽装か(11日)朝日

JAとうかつ中央・松戸南支店(千葉県松戸市)の金庫に保管されていた現金を盗んだとして、千葉県警は11日、同支店の係長だった女(53)を窃盗容疑で逮捕した。解雇された今年6月までの約1年間に約9600万円がなくなっており、県警は女が着服を繰り返したとみている。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、女は同支店の係長だった6月、職場の金庫から少なくとも数百万円の現金を持ち出した疑いがある。コピー用紙などを紙幣の大きさに加工した偽の札束を金庫に入れ、発覚を免れていたという。県警は着服した現金と知りながら遊興費などに充てたとして、女の次男(22)も緊急逮捕した。
 JAの6月の内部監査で、約1億3千万円が保管されているはずの金庫に約4800万円しかないことが判明し、その後の調査で女が着服を認めた。責任者だった上司は十分に確認しておらず、現金の紛失に気づかなかったという。JAは女を懲戒免職にし、県警松戸署に被害届を出していた。
 JAとうかつ中央は同県松戸、流山、鎌ケ谷の3市で事業をしており、3月現在の組合員は約2万1500人。https://www.asahi.com/articles/ASL9C2VZRL9CUDCB003.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者逃走、宿泊施設で情報求め チラシ配りやポスター用意(11日)西日本

 大阪府警富田林署から勾留中の無職樋田淳也容疑者(30)が逃走した事件で、府警は11日、潜伏場所となりそうなホテルなどの宿泊施設やインターネットカフェを一斉に回り、捜査員がチラシを配りながら情報提供を呼び掛けた。
 南署管内では、捜査員約75人が2人一組になり、個室ビデオ店やファストフード店で聞き込みをし、容疑者の顔写真や特徴が記されたチラシを配布。本部庁舎1階や府内のターミナル駅などに新たに掲示するため、容疑者の等身大ポスターも用意した。
 樋田容疑者は8月12日夜、富田林署接見室の隔離用アクリル板を蹴破り逃走したとみられる。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/448600/

| コメント (0) | トラックバック (0)

理事長が虐待、動物愛護団体解散で犬猫別団体に(11日)読売

水戸市などで活動していたNPO法人「茨城県水戸市動物愛護」が10日、解散届を県に提出し、受理された。県によると、解散届は郵送で届き、先月31日の総会で解散が決まったことなどが書かれていたという。
 同法人は2015年12月に設立。各地で譲渡会を開くなどの活動を続け、昨年8月には水戸市天王町に活動拠点「水戸オープンシェルター」を開設し、犬猫の譲渡などを行っていた。
 しかし、理事長だった男性(55)が先月、動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検され活動を停止。施設にいた犬猫は県が引き取り、別の団体に譲渡した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180911-OYT1T50020.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 商店街を車で暴走 別の容疑で逮捕の男追送検へ(11日)NHK

先月、奈良市中心部の商店街を軽乗用車が暴走した事件で、警察は別の車を運転中にひき逃げ事件を起こしたとして逮捕された男を、11日にも商店街を暴走した疑いで追送検する方針です。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

「酒は役に立つツール」 “ナンパ塾”塾長を逮捕(11日)テレビ朝日

ナンパの方法を指導する「ナンパ塾」の塾長の男が、女性に酒を飲ませて乱暴したとして逮捕されました。塾長はこれまでの取材に「お酒は役に立つツール」と回答していました。
 ナンパ塾の塾長・渡部泰介容疑者(42)ら2人は去年11月、東京・歌舞伎町のホテルで20代の女性に酒を飲ませて乱暴した疑いが持たれています。警視庁によりますと、渡部容疑者らは路上で女性に声を掛けて飲食店などに連れて行き、罰ゲームと称して酒を飲ませていたということです。その後、ホテルで酩酊(めいてい)状態になった女性に乱暴し、その様子を許可なく撮影していました。渡部容疑者が塾長を務めるナンパ塾では、これまでに塾生の男3人が逮捕されています。渡部容疑者は以前、ANNの取材に対して酒とナンパの関係について「酒は役に立つツール」と答えていました。取り調べに対して「事実ではありません」と容疑を否認しています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000135959.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»台東区のコンビニで強盗未遂の疑い、59歳男逮捕(11日)TBS

 東京・台東区のコンビニエンスストアに押し入り、現金を脅し取ろうとしたとして、59歳の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは住所不定、無職の樋口憲容疑者(59)です。樋口容疑者は9日、台東区のコンビニに押し入り、アルバイトの男性店員(19)に対して「何でにらんでいるんだよ」と言いがかりをつけて果物ナイフを突きつけたうえ、「金出せ。金で解決するんだ」と脅して現金を奪おうとした疑いが持たれています。
 当時、レジの近くには男性店員1人しかいませんでしが、店の裏にある倉庫にいた店長(45)ら2人が事件に気づいて通報。駆けつけた警察官が樋口容疑者を現行犯逮捕したということです。
 取り調べに対し、樋口容疑者は容疑を認め、「店員がジロジロ見てきてイライラした」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3469637.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»三田佳子さんの次男 また逮捕、覚醒剤使用の疑い(11日)TBS

 女優の三田佳子さんの次男が覚醒剤でまた逮捕です。
 逮捕されたのは女優の三田佳子さんの次男、高橋祐也容疑者(38)で、10日、東京・渋谷区で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警視庁によりますと、飲食店から「客がトラブルになっている」と通報があり、警察官が調べたところ、高橋容疑者から覚醒剤の陽性反応が出たということです。
 取り調べに対し、高橋容疑者は「覚醒剤を使ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。高橋容疑者が覚醒剤をめぐり逮捕されるのは、これで4度目です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3469633.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「暴排標章」恐怖越え再び 工藤会壊滅作戦4年 北九州掲示率56%に微増(11日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会の本部がある北九州市の繁華街で、暴力団組員の入店を禁じた「暴排標章」を掲げる飲食店が増えている。県警が工藤会壊滅作戦に着手して11日で4年を迎え、組員数は610人とピーク時から半減。工藤会による飲食店関係者の襲撃事件後に一度は外した標章を再掲する店も出始めた。今も掲示をためらう店は多いが、女性経営者が街のイメージ回復へ動きだすなど変化の兆しが見える。
 「また張ってもいい」。
 同市小倉北区で飲食店を経営する男性は今春、県警の呼び掛けに応じた。男性は標章制度が始まった2012年8月に掲示したが、直後に、掲示店への脅迫や入居するビルへの放火など事件が続発。「ビルに迷惑を掛けてはいけない」と外した。
 それから6年。店の入り口横の目立つ場所に「暴力団員立入禁止」と大きく記した標章を張った。「この街で暴力団の存在感はなくなった」と淡々と語った。
 北九州地区の昨年末の掲示率は56%と2年ぶりに前年同期比で1ポイント増えた。ただ、依然として、暴力の影におびえる店もある。
 市内でスナックを営む女性は標章をカウンター奥に張っている。6年前、入居するビルの関係者が襲撃され、「何かあったとき、従業員を守れないから」と声を落とす。別のスナック経営者は「服役を終えた組員が街に出て悪さをするのではと思うと、怖い」と掲示していない。県警幹部は「恐怖心は根強く、無理にはお願いできない」と話す。
 街では、勢いが衰える工藤会に代わるかのように新たな勢力が伸長する兆しもある。市内のキャバクラ店では数年前から、入れ墨を見せながら騒ぐ集団が目撃されている。何者かは不明だが、「半グレ(不良集団)」との情報もある。
 県警が7月、繁華街をうろついて周囲を威圧したとして県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した工藤会系組長らは飲食店関係者に「半グレみたいなやつが多いだろ。こうして俺らが街を歩かないといかんのや」と声を掛けたといい、県警は新たな動きに目を光らせる。
続く downwardleft
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/448512/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

元組員の就労支援30都府県 県境越え連携倍増 受け皿確保課題(11日)西日本

暴力団を離脱した元組員に県境を越えて就職先を紹介する連携協定の参加自治体が、2016年4月の発足当初の16都府県から30都府県に倍増した。特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)の壊滅作戦を進める福岡県警が主導し、報復を恐れて地元で働くのをためらう元組員の「組抜け」徹底が狙いだ。ただ、協定が就労に結びついた例はまだ少なく、課題もある。
 「金がなく、親族もいなかったが、就職できた」。県内の指定暴力団を脱退した元組員は今、県外の運送会社で汗を流す。犯罪に手を染めて服役もしたが、今年、協定を利用して社会復帰を果たしたという。
 県内の指定暴力団の離脱者は13年は42人(うち工藤会5人)で、14年9月に壊滅作戦が始まり、15年は127人(同49人)に増えた。17年は121人(同51人)だった。
 県警と県は16年4月から元組員を受け入れた企業に助成金などを出す独自制度も開始。本年度からは県外での就労希望者に宿泊費なども手当てする。
 こうした後押しで、県内では指定暴力団を離脱した元組員のうち、17年は17人(同7人)、今年は7月末現在で11人(同1人)が職を得た。ただ、これまでに協定を活用したのは8人にとどまる。連携協定への取り組みに自治体間の温度差があるとみられる。
 全国で元組員を受け入れる協力企業の多くは運送業や建設業で、服役中に身に付けた革細工や木工の技術を生かせないケースも少なくない。県警幹部は「技術を生かせるような多様な就労先確保が急務だ」と話す。=2018/09/11付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/448513/

| コメント (0) | トラックバック (0)

交流協会にまたペンキ=反日団体メンバー4人逮捕-台湾(11日)時事

【台北時事】日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所(大使館に相当)が入る台北市中心部のビルで10日午後5時半(日本時間同6時半)ごろ、入り口のガラスや床にペンキがまかれる騒ぎがあった。警察は、中国と台湾の統一を主張する反日団体「中華統一促進党」のメンバーの男女4人を公務執行妨害と器物損壊の容疑で逮捕した。
 同事務所では今年3月にも、この団体の幹部が石碑にペンキをまく事件があった。日本人男性が先週、南部・台南に設置された慰安婦像を蹴ったと地元メディアに報道されており、地元警察によると、今回逮捕された4人は「抗議するためにやった」と供述している。
 主犯格である元台北市議の男はこれまで、日本統治時代の日本人土木技師、八田與一像を破壊するなど、たびたび騒ぎを起こしている。
 これに先立ち、慰安婦像の設置を主導した最大野党・国民党台南支部の幹部らも10日午前から昼にかけて同事務所前で抗議活動を行っていた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091001183&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢女性、銀行カードだまし取られる 埼玉で被害相次ぐ(11日)産経

 埼玉県警は10日、同県和光市に住む無職の女性(81)がキャッシュカードをだまし取られる被害があったと発表した。
 県警によると、7日午後3時ごろ、女性宅に百貨店従業員などを名乗る男らからキャッシュカードが不正使用されているという嘘の電話があった。信じ込んだ女性は自宅で銀行協会職員を名乗る男にキャッシュカード2枚を手渡し、現金約170万円が引き出された。
 また、6日午後3時ごろには、同県志木市に住む無職の女性(71)が同様の手口でキャッシュカード4枚をだまし取られ、現金約120万円が引き出された。
http://www.sankei.com/affairs/news/180910/afr1809100040-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道地震 犠牲者41人に、土砂崩れの厚真町に集中(11日)日経

北海道で震度7を観測した地震で、道のまとめによる犠牲者数は10日、5市町で計41人となった。厚真町で10日未明に安否不明だった最後の1人が発見され死亡が確認された。また道は10日夜、苫小牧市の50代の男性が地震により死亡したと新たに確認したことを明らかにした。

 総務省消防庁などによると、震度7を観測した厚真町の死者は36人。同町では吉野地区を中心に大規模な土砂崩れが発生し、19棟が全壊。犠牲者の大半は押しつぶされた家屋から見つかった。
 苫小牧市で新たに犠牲者と確認された男性は本の下敷きになっていた。同市の死者数は計2人になった。震度6強を観測したむかわ町では男性がタンスの下敷きになって死亡。新ひだか町と札幌市でも各1人が亡くなった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35192830Q8A910C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

犠牲者8割が土砂流入で窒息死 北海道厚真町の住民36人(11日)共同

震度7の地震を観測し、大規模な土砂崩れが発生した北海道厚真町で亡くなった36人の死因のうち、8割程度が窒息死だったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。犠牲者の大半が高齢で、未明の住宅に土砂が一気に流れ込み、逃げる間もなく生き埋めになったとみられる。
 捜査関係者によると、36人の大半は自宅周辺で見つかった。土砂によって倒壊し、周囲の道路や田畑に押し流された家屋も多く、外傷性の死因が残りの約2割を占めた。
 厚真町によると、亡くなったのは男性20人、女性16人。8割弱が60~80代で、自力で避難するのが困難だったケースもあったとみられる。
https://this.kiji.is/412009246134420577?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

600万円余を引き出したか 詐欺容疑で逮捕の市職員 埼玉 日高(11日)NHK

埼玉県の日高市役所で、引き取り手のない遺骨や遺品を管理する部署に所属していた職員が、遺品のクレジットカードで買い物をしたとして逮捕されたことを受けて、市がこの職員のほかの業務を調査した結果、イベントの開催費など600万円余りが銀行口座から引き出されていたことがわかりました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

外来種アライグマ 44都道府県で確認 農作物被害など懸念(11日)NHK

農作物などに被害を及ぼす外来種のアライグマが44の都道府県で確認されたことが環境省の調査で分かり、環境省は駆除を行う自治体の支援に力を入れることにしています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»阪神電車の座席に薬品か、男性乗客が重度のやけど(11日)TBS

 阪神電車の座席に座った男性が、尻に重度のやけどを負っていたことがわかりました。座席は液体で濡れていたということで、警察は何者かが薬品をまいた可能性があるとみて捜査しています。
 警察によりますと、今月3日午前11時頃、50代の男性乗客が通勤のため、西宮発梅田行きの急行電車に甲子園球場から乗車しました。座席に座ると、クッション部分が濡れていたためすぐに席を移りましたが、直後に尻からピリピリとした痛みを感じたということです。その後、男性は病院へ行きましたが、クッションに触れた部分がただれていて、重度の化学熱傷と診断されたということです。
 座席の足元にラベルのないペットボトルが置かれていたということで、警察は何者かが薬品をまいた可能性もあるとみて、傷害や偽計業務妨害の疑いで捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3469521.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»回転寿司「魚屋路」で食中毒、全24店舗で営業自粛(11日)TBS

 外食チェーン大手の「すかいらーくグループ」が展開する回転寿司店「魚屋路」で食中毒が相次いで発生し、東京や埼玉などにある24の全店舗で営業自粛を決めました。
 埼玉県によりますと、先月31日から今月2日にかけて、三郷市と所沢市にある回転寿司チェーン「魚屋路」の店舗で、持ち帰り用の寿司を購入した10代から70代の男女11人が、下痢やおう吐などの症状を訴えました。症状を訴えた11人は、いずれも快方に向かっているということです。
 保健所が検査したところ、症状を訴えた3人と店舗にあった商品から、感染すると下痢や嘔吐を引き起こす「腸炎ビブリオ」が検出され、保健所は食中毒と判断したということです。埼玉県は食中毒が発生した2つの店舗を、10日から12日までの3日間、営業停止処分としました。
 横浜市内の「魚屋路」2店舗でも腸炎ビブリオによる食中毒が起きていて、店舗を運営する「すかいらーく」は東京や神奈川、埼玉などで展開する「魚屋路」の全ての店舗となる24店舗で、10日から営業を自粛すると発表しました。「すかいらーく」は、「衛生管理を徹底し、食品の安全・安心に取り組んでまいります」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3469524.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月10日 | トップページ | 2018年9月12日 »