« 組織的なキセルが横行 アイドルファンら、手口を共有 (30日)日経 | トップページ | 乱れ飛ぶ目撃情報、確認追われる府警 容疑者逃走事件(30日)朝日 »

2018年8月30日 (木)

金職員が1億6000万円着服 北海道、発覚後に死亡(30日)産経

 北海道労働金庫(札幌市)は30日、帯広支店で出納業務を担当していた20代の男性職員が現金計約1億6000万円を着服していたと発表した。男性職員は発覚翌日の8日に死亡しているのが見つかった。
 北海道労金によると、男性職員は昨年4月から今月6日までの間に、現金自動預払機(ATM)などで使う現金を出し入れする機器から、複数回にわたって現金を着服した。
 8月7日に別の職員が機器内の現金を確認し、着服が発覚した。男性は発覚直後に所在不明となり、翌8日に帯広市近郊で死亡しているのが見つかった。北海道労金は、事件性はないとして死亡の詳しい経緯を明らかにしていない。
 北海道労金は管理責任を問い、理事長や役員、当時の上司らを処分する方針。
http://www.sankei.com/affairs/news/180830/afr1808300029-n1.html

« 組織的なキセルが横行 アイドルファンら、手口を共有 (30日)日経 | トップページ | 乱れ飛ぶ目撃情報、確認追われる府警 容疑者逃走事件(30日)朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67113182

この記事へのトラックバック一覧です: 金職員が1億6000万円着服 北海道、発覚後に死亡(30日)産経:

« 組織的なキセルが横行 アイドルファンら、手口を共有 (30日)日経 | トップページ | 乱れ飛ぶ目撃情報、確認追われる府警 容疑者逃走事件(30日)朝日 »