« 機密性高い海外開発の無料通信アプリ「テレグラム」「シグナル」犯罪使用相次ぐ 消去後の復元困難 警察当局、拡大に警戒(22日)産経 | トップページ | 友達に「消えたい」と言われたら? 自殺防ぐ答え方とは(22日)朝日 »

2018年8月22日 (水)

長崎の80代夫婦、無理心中か 夫が自宅にメモ残す(22日)西日本

20日午後11時50分ごろ、長崎市三川町の宮崎守さん(83)宅で、宮崎さんが電気コードで首をつった状態で死亡し、妻の照子さん(82)も布団の上で死んでいるのを安否確認で訪れた浦上署員が見つけた。照子さんの首に絞められた痕があり、夫が書いたとみられる殺害をほのめかすメモがあったことから、署は無理心中の可能性が高いとみて調べている。
 署によると、夫婦は2人暮らし。県外に住む家族が「連絡が取れない。確認してほしい」と署に相談、署員が別々の部屋で2人の遺体を発見した。室内に荒らされた形跡はなく、死後、数日経過しているとみられるという。
   ◇    ◇
認知症の妻介護「糸切れたのか」 施設関係者

 ともに80代の宮崎さん夫婦の遺体が見つかった長崎市三川町の住宅街では「なぜ2人が…。信じられない」と驚きの声が上がった。最近は、妻の照子さんを夫の守さんが介護し、食事や身の回りの世話をしている様子だったという。
 近くに住む女性(72)は「照子さんは、自分に孫ができたことを涙を流しながら喜んでくれた。明るく優しい人で、夫婦仲も良かった」と話した。ただ、照子さんからは、今年の春には認知症の症状がうかがえるようになった。同市内の福祉施設によると、今年の春以降、月1回程度で複数回、通所介護サービスを利用していたという。
 この施設の関係者は、認知症による心身の変化を受け止められない家族が少なくないことに言及。「照子さんはいつも夫の名前を口に出し、信頼しているのが分かった。(守さんは)どこかで無理をしていて糸が切れたのかもしれない」と言葉少なに語った。=2018/08/22付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/443151/

« 機密性高い海外開発の無料通信アプリ「テレグラム」「シグナル」犯罪使用相次ぐ 消去後の復元困難 警察当局、拡大に警戒(22日)産経 | トップページ | 友達に「消えたい」と言われたら? 自殺防ぐ答え方とは(22日)朝日 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長崎の80代夫婦、無理心中か 夫が自宅にメモ残す(22日)西日本:

« 機密性高い海外開発の無料通信アプリ「テレグラム」「シグナル」犯罪使用相次ぐ 消去後の復元困難 警察当局、拡大に警戒(22日)産経 | トップページ | 友達に「消えたい」と言われたら? 自殺防ぐ答え方とは(22日)朝日 »