« ひったくり容疑で組員の男を逮捕 30件以上に関与か 警視庁(21日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2018年8月21日 (火)

爆薬押収後19歳、より殺傷能力高い原料再入手(21日)読売

高い殺傷能力のある爆薬「過酸化アセトン(TATP)」を製造するなどしたとして、名古屋市緑区の大学1年の男子学生(19)が爆発物取締罰則違反などの疑いで愛知県警に逮捕された事件で、男子学生が今年4月に自宅の捜索で爆薬を押収された後、爆薬の原料を再び入手していたことが、捜査関係者への取材でわかった。県警は、男子学生が捜索後、新たに爆薬を製造しようとしたとみて経緯を調べている。
 捜査関係者によると、同市名東区の公園で3月に爆発騒ぎが起き、県警が捜査したところ、周辺の防犯カメラの映像などから男子学生の関与が浮上。県警は4月5日、男子学生の自宅を捜索し、TATPよりも殺傷能力の高い「四硝酸エリスリトール(ETN)」の粉末約9グラムや爆薬の原料、製造器具を押収した。

(ここまで332文字 / 残り208文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180821-OYT1T50087.html?from=ycont_top_txt

« ひったくり容疑で組員の男を逮捕 30件以上に関与か 警視庁(21日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67081218

この記事へのトラックバック一覧です: 爆薬押収後19歳、より殺傷能力高い原料再入手(21日)読売:

« ひったくり容疑で組員の男を逮捕 30件以上に関与か 警視庁(21日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »