« 金融庁、職員4人処分=情報公開請求漏えいで(7日)時事 | トップページ | »街宣車に赤色灯不正取り付けの疑い、右翼の2人逮捕(7日)TBS »

2018年8月 7日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日 単位・レベル)
泥棒も同じだ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013990 政府が来年度実施予定の元受刑者に対する精神療法や認知行動療法の再犯防止策の中には性犯罪のほかに窃盗犯がある。
 再犯率が高く平成25年の犯罪白書によると、罰金処分者のうちの再犯率は男子で23.1%、女子で28.1%が2年以内に有罪判決を受けている。特に、年齢別では女子高齢者の再犯率は33.8%と高かった。
 窃盗事件―刑法犯全体の約7割を占めており、それが減少傾向にあるのだが…
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の認知件数は28万2927件で全刑法犯の70.9%を占めているが、前年と比べて3万7289件も減少している。
 認知件数のランキングは東京の3万7441件、大阪の3万7107件、埼玉の2万1497件、愛知の1万8643件、千葉の1万7199件と続いている。
 大幅に減少したランキングは東京の-4475件、愛知の-4297件、神奈川の-3747件、大阪の-2964件、兵庫の-2536件など。逆に大幅に増えたのは+204件の群馬だった。
 一方、検挙率は低く33.7%で、それでも前年より1.9ポイントアップした。高かったランキングは佐賀の69.0%、福島が68.0%、徳島が66.0%、長崎が65.3%、大分が61.9%と続いている。
 低かったのは大阪の15.6%、埼玉の23.8%、東京の25.8%、兵庫の27.7%、千葉の28.2%など。
 また,25年の犯罪白書によると犯行に至る動機や背景事情と再犯率の関係について,男子は,動機のうちの「生活困窮」,「空腹」,背景事情では「無為徒食・怠け癖」に該当する者の再犯率が,そうでない者よりも高いとしている。
 女子では明確な関連は認められなかったとしているものの、背景事情のうち,「近親者の病気・死去」に該当する者の再犯率が,そうでない者よりも高いという。
 いずれにせよ、犯罪抑止に向けて政府として動き出したことは大きな評価となろう。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-4188-6.html

« 金融庁、職員4人処分=情報公開請求漏えいで(7日)時事 | トップページ | »街宣車に赤色灯不正取り付けの疑い、右翼の2人逮捕(7日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67031954

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 金融庁、職員4人処分=情報公開請求漏えいで(7日)時事 | トップページ | »街宣車に赤色灯不正取り付けの疑い、右翼の2人逮捕(7日)TBS »