« 仕事で番号知り女性に電話50回 水戸市57歳職員、停職5カ月(7日)産経 | トップページ | 仏人女性の行方不明、大使が協力要請 日光で捜索続く(7日)朝日 »

2018年8月 7日 (火)

はれのひ事件、新成人側の被害回復されず終結へ(7日)読売

着物販売レンタル「はれのひ」(横浜市中区、破産)と契約した多くの新成人が晴れ着を受け取れなかった問題で、横浜地検は7日にも、東京都内の銀行から融資金をだまし取ったとする詐欺罪で、同社元社長篠崎洋一郎被告(55)を横浜地裁に追起訴する。同社による詐欺事件の捜査は、この銀行を含めた2行計約6500万円の被害の刑事責任を追及して終結となる。一方で新成人側の被害は回復されない見通しだ。
 はれのひは今年1月、成人式直前に店舗を閉鎖。新成人ら約2000人が晴れ着などを受け取れず、総額3億円を超えるレンタル料などが返還されていない。はれのひの負債は約10億8500万円に上る一方、資産は1600万円ほどにとどまっているからだ。

(ここまで310文字 / 残り703文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180807-OYT1T50078.html

« 仕事で番号知り女性に電話50回 水戸市57歳職員、停職5カ月(7日)産経 | トップページ | 仏人女性の行方不明、大使が協力要請 日光で捜索続く(7日)朝日 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67032024

この記事へのトラックバック一覧です: はれのひ事件、新成人側の被害回復されず終結へ(7日)読売:

« 仕事で番号知り女性に電話50回 水戸市57歳職員、停職5カ月(7日)産経 | トップページ | 仏人女性の行方不明、大使が協力要請 日光で捜索続く(7日)朝日 »