« 障害者水増し3400人超 政府の調査結果判明(28日)共同 | トップページ | 大阪府警も障害者雇用水増し…「今後は適正に」(28日)読売 »

2018年8月28日 (火)

CEO装い詐欺メール 日本語の文面は初確認(28日)産経

国内企業の最高経営責任者(CEO)を装い、社内の担当者に送金を促す日本語の偽メールが送られた事例を、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)が確認し、27日に公表した。金銭被害などはなかった。
 「ビジネスメール詐欺」と呼ばれるサイバー攻撃の一種だが、これまでに把握しているのは、すべて英語の文面で、日本語は初めてという。IPAは今後、同様の手口が増えるとみて注意を呼び掛けている。
 メールが送られたのは7月9日。「機密扱いで相談したいが時間はあるか」と尋ねる内容で、担当者が返信すると「ビットコインを購入するので、入金の必要がある」と書かれた2通目のメールが送られてきた。
 差出人欄には、CEOの本名と実在するメールアドレスが表示されていた。さらに「金融庁の取り決めにより」などとして、メール以外のやりとりをしないよう求めていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180827/afr1808270030-n1.html

« 障害者水増し3400人超 政府の調査結果判明(28日)共同 | トップページ | 大阪府警も障害者雇用水増し…「今後は適正に」(28日)読売 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67104439

この記事へのトラックバック一覧です: CEO装い詐欺メール 日本語の文面は初確認(28日)産経:

« 障害者水増し3400人超 政府の調査結果判明(28日)共同 | トップページ | 大阪府警も障害者雇用水増し…「今後は適正に」(28日)読売 »