« »直前に追突事故の車か、路上で全焼 車内から遺体(13日)TBS | トップページ | あおり運転続け警察署へ… あげくに警察官に頭突き(13日)テレビ朝日 »

2018年8月13日 (月)

警察が接見室ブザーの電池を抜いていた 容疑者逃走(13日)テレビ朝日

大阪府富田林市の警察署から容疑者の男が逃走した事件で、接見室には扉が開くとブザーが鳴る装置がありましたが、当時は警察が電池を抜いていたことが分かりました。

 (安井健悟記者報告)
 当時、署の中には20人の警察官がいましたが、男は建物の裏側にある2つの裏口のいずれかから逃走したとみられています。樋田淳也容疑者(30)は強盗致傷などの罪で起訴され、8日に強制性交未遂などの疑いで再逮捕されていました。警察によりますと、樋田容疑者は12日午後7時半ごろから富田林署で弁護士と接見し、約2時間後に署員が接見室を確認したところ、いなくなっていました。その後の取材で、接見室の扉には面会の終了を知らせるブザーが設置されていたものの、警察は当時、電池を抜いていました。また、弁護士は面会終了後、署員に声を掛けなかったということです。樋田容疑者は身長163センチ、黒のジャージに灰色のスウェットパンツ姿でした。近くの高校では、部活のために登校していた生徒を帰宅させるなど、穏やかな住宅街には緊迫感が張り詰めています。警察は捜査本部を設置し、樋田容疑者の捜索を続けています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133942.html

« »直前に追突事故の車か、路上で全焼 車内から遺体(13日)TBS | トップページ | あおり運転続け警察署へ… あげくに警察官に頭突き(13日)テレビ朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察が接見室ブザーの電池を抜いていた 容疑者逃走(13日)テレビ朝日:

« »直前に追突事故の車か、路上で全焼 車内から遺体(13日)TBS | トップページ | あおり運転続け警察署へ… あげくに警察官に頭突き(13日)テレビ朝日 »