« 2018年8月7日 | トップページ | 2018年8月9日 »

2018年8月8日

2018年8月 8日 (水)

宅配不在通知の偽メール、開くとウイルス感染も(8日)読売

 宅配業者の不在通知を装ったショートメールを送りつけ、偽サイトに誘導する手口への相談が県内で急増している。富山県警には7月16日から同月末までに少なくとも40件の相談が寄せられ、県消費生活センターにも、ほぼ同時期に16件の相談があった。県警などは、偽サイトでウイルスに感染したり、不正アプリがインストールされたりして個人情報が盗まれる恐れがあるとして、注意を呼びかけている。
 7月23日、県内の40歳代男性のスマートフォンに「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが、不在の為持ち帰りました」とのショートメールが届いた。男性は虚偽の内容と判断して無視し、被害はなかった。同月下旬には、60歳代女性が同様のショートメールを受信。女性は、郵便受けに不在通知がなかったことから不審に思い、県消費生活センターに連絡した。
 県警サイバー犯罪対策課によると、不在通知を装ったメールには宅配業者になりすました偽サイトのURLが併記されている。偽サイトにアクセスしたり、再配達を依頼するつもりで画面をクリックしたりすると、スマホがウイルスに感染するなどの恐れがあるという。県警は「実在する企業をかたっていて、偽サイトも巧妙だ。怪しいメールは絶対に開かないでほしい」と訴えている。
 宅配大手「佐川急便」は、自社ホームページでなりすましメールの文例を20種以上紹介しており、「ショートメールを使った不在通知は行っていません」と注意を呼びかけている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180806-OYT1T50140.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酒気帯び運転で免許センターへ 巡査が辞職、青森県警(8日)産経

青森県警は8日、未明まで飲酒し、酒気帯び運転をしたとして、県警本部の20代の男性巡査を停職3カ月の懲戒処分とした。車で行った運転免許センターで発覚した。巡査は辞職届を提出し、同日付で受理された。
 県警によると、巡査は7月22日午後10時ごろから酒を飲み始め、その後、県警の同期の男性2人と合流して翌23日午前3時ごろまで飲酒。約5時間後の午前8時すぎ、運転免許センターで中型免許を取るため車で自宅を出た。
 免許センターの警察官が「酒のにおいがする」と気付き、青森署員を呼び測定したところ、基準値を超えるアルコールを検出した。巡査は「取り返しのつかないことをしてしまった」と反省しているという。
 県警は「飲酒運転撲滅に取り組んでいる最中で極めて遺憾。職員の指導を強化し、信頼回復に努める」としている。一緒に飲酒した警官2人のうちの1人は、免許センターに行くことを知りながら引き留めなかったとして所属長注意とした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180808/afr1808080029-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

外貨両替で24億円被害か JTB関東の元社員を詐欺容疑で逮捕 栃木県警(8日)産経

栃木県警足利署は8日、外貨両替を持ちかけて男性から現金1千万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、大手旅行会社JTBの子会社「JTB関東」(さいたま市)の元社員で、住所不定、自称アルバイト従業員、田村泰暢(よしのぶ)容疑者(49)を逮捕した。同署によると、約50人から計約24億円を集めた疑いがあるとみて、捜査を進めている。
 逮捕容疑は、平成28年3月20日、前橋市内で同市の会社役員の男性(58)に対し、「会社が都市銀行にドルの予約を入れていてノルマが課されている。ドルを両替することで銀行から手数料8%が戻り、会社に4%、客に4%が入る。今回はまとまった額なので5%にします」と嘘を言い、現金1千万円をだまし取ったとしている。架空の外貨両替サービスで現金をだまし取ろうとしたという。同署によると、「後で返そうと思った。手口については言っていないこともある」と容疑を一部否認している。
 田村容疑者は当時、群馬県内の支店に勤めていた。同署は平成22年~28年6月に51人から計約24億円をだまし取ったとみて捜査。28年7月、「自転車操業に陥った」と同署に自首し、解雇された。
http://www.sankei.com/affairs/news/180808/afr1808080030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内で寝ていた男児死亡、群馬 中之条町(8日)共同

8日午前10時ごろ、埼玉県本庄市の男児(8カ月)が、群馬県中之条町の祖父宅の駐車場に止めてあった軽乗用車内で意識不明となっているのを両親が見つけ、119番した。男児は搬送先の病院で死亡が確認された。
 目立った外傷はなく、県警は熱中症や病死の可能性があるとみて死因を調べるとともに、両親から当時の状況などを聴いている。
 県警によると、男児は両親と共に車で外出した後、8日午前4時半ごろ、祖父宅に戻ってきた。両親は、男児が寝ていたため、車内に置いたままにしていたという。
https://this.kiji.is/399894643363693665?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

ミナミで男が逃走 自殺図り騒然(8日)NHK

8日午前、大阪・ミナミで警察官に追跡されていた男がビルの外壁の足場に40分にわたってとどまったあと自殺を図ろうとしました。
止めようとした警察官が転落してけがをしたということで、観光客でにぎわっていた現場は一時、騒然としました。
  8日午前8時前、「覚醒剤をやっている人がいる」という匿名の通報が警察に寄せられ、警察官が大阪・中央区のホテルにいた男女に任意で話を聞こうとしたところ、別々に逃走しました。
このうち、男は3時間半にわたって付近で逃走を続けたあと、正午すぎに、大阪・ミナミの繁華街にあるビルの3階から、隣のビルの外壁の足場に飛び移りました。
男は足場の上で40分にわたって警察官の説得を受けていましたが、近くにあった電気コードを首に巻いて自殺を図ろうとしたため、警察官が止めようとしてもみあいになり、警察官は別の足場に転落したということです。
警察官は頭に軽いけがをし、男は、取り押さえられて建造物侵入の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、大阪・西区の職業不詳、榮田研一容疑者(34)で、調べに対し容疑を否認しているということです。
警察は一緒にいて逃げた女の行方を捜すとともに、詳しいいきさつを調べています。
現場は、人気アイドルグループの劇場などが入るビルで、多くの観光客でにぎわっていたため、一時、騒然としました。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180808/0005103.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

多重債務者の過払い金搾取で逮捕の男性 不起訴処分(8日)テレビ朝日

弁護士が多重債務者の為に取り戻した過払い金をだまし取ったなどとして逮捕された男性について、東京地検は8日に不起訴処分としました。
 36歳の男性はおととし、多重債務者の為に過払い金を取り戻した弁護士事務所に嘘を言い、現金190万円をだまし取ったなどとして警視庁に逮捕されました。東京地検は8日に男性を不起訴処分としました。不起訴の理由は明らかにしていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133624.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボクシング「奈良判定」で新証拠か 音声を公開(8日)テレビ朝日

ボクシングの試合で不正な審判が行われたとされるいわゆる「奈良判定」について、告発側が新たな証拠として音声を公開した。
 辞任に追い込まれた日本ボクシング連盟の山根明会長。これで事態は収束するかとみられたが、8日午後になって告発側が緊急会見。新たに審判の不正の証拠を突き付けた。近畿大学を勝たせたくないという2年前の音声。発言は連盟の理事を務めている女性だという。この女性は山根会長の側近中の側近といわれ、助成金の不正流用を巡っては選手の口座に160万円を振り込んで隠蔽(いんぺい)を図ったとされている。また、審判の不正を暴く音声には山根会長本人とみられるものも。いわゆる、奈良判定の指示だとする証拠だという。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133614.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»さいたま市の消防署から装備品盗まれる、窃盗事件として捜査(8日)TBS

 さいたま市の消防署から救助服などの装備品が盗まれていたことがわかりました。警察は、窃盗事件として捜査しています。
 今月2日、さいたま市中央区にある中央消防署の男性職員が敷地内に干してあった救助服がなくなっているのに気づきました。消防によりますと、その後、消防署内を確認したところ、ほかにも車庫に保管してあったヘルメットや長靴などがなくなっていて、装備品あわせて7点が見つからなかったということです。
 消防は、何者かが敷地内に侵入し、装備品を持ち去った可能性もあるとみて、警察に被害届を提出しました。警察は、窃盗事件として捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3441711.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日 単位・レベル)
調べ官の力量だ!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014011 今朝(8日)の読売新聞の社説で、栃木県今市市の小学1年の女児殺害事件で、第一審が取調室の映像を有罪認定の決め手としたことに対して、第二審の東京高裁が疑問を呈した問題を取り上げていた。
 取調室の可視化―なんでこんなくだらないことを議論しなければならないのか?取調での自白に強要があったとか、誘導して供述させたとか…冤罪が多かったことから登場したもの。なんて言うことはない。調べ官の力量があるかないかだ。
 昭和の時代、警視庁捜査1課に「穴掘り班」と呼称されていた部署があった。何千人という行方不明者の中から、事件の可能性の高い不明者を割り出すことから捜査が始まる。それは、被害者の交友関係者などあらゆる周辺人物を一人づつ潰していく地道な捜査だ。そして「事件」であることを立証。その中から今度は、行方不明に関係している可能性のある人物を追いつめていくのだ。事件現場が無いなどほとんどが状況証拠になる。
 従って勝負は取調室。調べ官の力量が事件解決を左右する。何よりも必要なのは「秘密の暴露」。多くは山中などに穴を掘って埋めている場合が多く、その場所を指差させることだ。そして遺体が出れば、犯人しか知り得ない「秘密の暴露」になる。こんな確実な証拠はない。
 まさに「声無きに聴き形無きを見る」という捜査の基本なのだ。
 この被疑者と刑事の関係は「信頼」しか無い。「罪を悔いる」のではなく「悔いさせる」のだ。本人が心から悔いての供述なら、裁判でも否定するはずがない。
 「映像があるから」「音声があるから」なんて関係ない。当時は、殺人事件の捜査本部設置が年間15、6件から多いときは20件を超えていた。こんななかで名刑事が育っていく。
 ある名刑事は、被疑者に関するあらゆるデータを紙に書き、壁から天井までぎっしり貼り、「何時間も見ているのよ」と奥さんが嘆いていたことを思いだす。
 当時は防犯カメラだとか、DNAなどは関係なかった。あくまでも被疑者と刑事の「心」の信頼関係からなのだ。そんな刑事に会いたいなぁ〜
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【警視庁が執念の逮捕】
 「ロト6の当選番号を教える」などと嘘の電話を掛け、現金約450万円をだまし取ったとして警視庁が4年前に指名手配していた詐欺グループの男2人が逮捕された。捜査員が「千葉県内のパチンコ店に出入りしているようだ」の情報をもとに追っていた。まさに執念の逮捕だった。これが「捜査」ですよね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1500万円奪った疑い3人逮捕(8日)NHK

ことし5月、さいたま市の店舗兼住宅に侵入し住民を刃物で脅して現金およそ1500万円を奪ったとして、さいたま市の21歳の男ら3人が強盗などの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、さいたま市見沼区の職業不詳、鈴賢介容疑者(21)と埼玉県上尾市の無職、ホール・大雅レオン容疑者(21)、それに19歳の少年の合わせて3人です。
警察の調べによりますと、鈴容疑者らはことし5月、さいたま市桜区の店舗兼住宅に宅配業者を装って侵入し、この家に住む50代の男性に刃物を突きつけて脅したうえで男性と家族の手足をテープで縛り、部屋にあった現金およそ1500万円を奪ったとして強盗などの疑いが持たれています。
警察は、現場周辺の防犯カメラの映像を分析するなどして捜査した結果、3人が事件に関わった疑いがあるとして7日、逮捕しました。
警察は、3人の認否について捜査に支障があるとして明らかにしていません。
警察は、住民の証言などからこの事件にはもう1人の男が関わっているとみて、捜査を進めています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20180808/1100003115.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»前橋スーパー2人刺傷の男、別の強盗殺人未遂事件に関与(8日)TBS

先月、前橋市のスーパーで2人が刺された殺人未遂事件で逮捕・起訴された泉谷壽昭被告(75)が、別の強盗殺人未遂事件に関与していたとして、再逮捕されました。
 泉谷容疑者は今年6月、前橋市のレンタルビデオ店で知人の男性(63)の腹や顔などを包丁で突き刺し、重傷を負わせたうえ、現金およそ1400円などを奪った疑いが持たれています。
 警察によりますと、泉谷容疑者が殺人未遂事件の取り調べの中で、今回の事件についても供述したということで、「預けていた家電製品を勝手に処分されたので頭にきて殺そうと思った。現金はとっていない」などと容疑を一部否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3441765.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚の女性宅に侵入し下着盗んだ容疑で会社員を逮捕 自宅から数百枚押収 群馬(8日)産経

同僚の女性宅に侵入し、下着約30枚を盗んだとして群馬県警太田署などは8日、桐生市広沢町の部品製造会社社員、下山登容疑者(26)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。調べに対し「下着が欲しかった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は7月27日午後1時ごろ、太田市の会社員男性(45)方に窓ガラスを割って侵入し、20代の娘が所有する下着約30枚(時価合計約13万5000円)を盗んだとしている。下山容疑者と被害女性は会社の同僚で、面識があった。
 下山容疑者方の自宅からは女性用の下着数百枚が押収された。他の同僚女性も同様の被害を受けており、下山容疑者が「数件やっている」と供述していることから、同署は余罪について調べている。http://www.sankei.com/affairs/news/180808/afr1808080010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

辺野古反対派に押し倒され防衛省職員が大けが 被害届提出 嘉手納署が傷害事件で捜査(8日)産経

沖縄防衛局(沖縄県嘉手納町)は8日、米軍普天間飛行場=宜野湾(ぎのわん)市=の名護市辺野古移設に反対する活動家が職員を押し倒し、全治1カ月の大けがを負わせたとして、沖縄県警嘉手納署に被害届を出した。これを受け、嘉手納署は傷害事件として調べている。
 沖縄防衛局によると、8日午前8時ごろ、50歳代の職員が活動家ともみ合いになり転倒した。職員は救急車で病院に搬送され、右小指靱帯(じんたい)損傷、左肩と左太ももの打撲で全治1カ月と診断された。事件当時、活動家が沖縄防衛局の玄関で座り込みを行っており、職員は通路を確保するため対応に当たっていた。
 活動家らは7日も8時間以上にわたり沖縄防衛局の玄関で座り込みを行っていた。沖縄県が辺野古埋め立て承認を撤回するため9日に予定している防衛省からの聴聞に応じることなどを求める要望書を手渡すため沖縄防衛局を訪れ、60人以上の反対派全員が庁舎内に入ることを拒否されたことに反発した。
http://www.sankei.com/politics/news/180808/plt1808080012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

天然記念物のカメやトカゲ、無許可飼育容疑 投稿で発覚(8日)朝日

 国の天然記念物のカメやトカゲを無許可で捕まえて飼育したとして、警視庁は8日、埼玉県北本市の飲食店員の男(23)を文化財保護法違反の疑いで書類送検し、発表した。「物心がついたころから昆虫や爬虫(はちゅう)類が好きだった」などと述べ、容疑を認めているという。
 生活環境課によると、送検容疑は1月と6月、いずれも国の天然記念物で沖縄・石垣島などに生息するキシノウエトカゲ1匹とヤエヤマセマルハコガメ4匹を文化庁長官の許可なく捕獲し、自宅で飼育したというもの。男がツイッターに投稿したキシノウエトカゲを飼育している写真を見た人からの通報で発覚した。
 この2種は沖縄県のみに生息する希少種で、それぞれ1975年と72年に天然記念物に指定された。環境省が定める絶滅危惧種にもなっている。男は毎月のように石垣島を訪れて野生のカメやトカゲなどを捕獲しており、今回の5匹も石垣島で捕まえ、ゆうパックで自宅に送ったという。
 男は捕まえた昆虫などをネットオークションで販売し、昨年1月以降で100万円ほど売り上げていた。中には別の天然記念物が含まれていた可能性もあるという。男の自宅からはヤエヤマセマルハコガメ4匹を含む約30種、計約1千匹の爬虫類や昆虫が見つかった。キシノウエトカゲは「ネットでの批判を受けて石垣島に返した」と話しているという。

絶滅の恐れも 識者「より重い罰則を」

 国の天然記念物のキシノウエトカゲとヤエヤマセマルハコガメを無許可で捕まえて飼育したとして、警視庁は、埼玉県北本市の飲食店員の男(23)を文化財保護法違反の疑いで書類送検した。
 南西諸島(沖縄、鹿児島両県)には固有種が多く生息しているが、沖縄県が絶滅の恐れがある野生生物をまとめた「レッドデータおきなわ」(第3版、2017年)によると、ヤエヤマセマルハコガメは石垣島で一部地域を除いて激減しており、ペット用に違法捕獲されている可能性が指摘されている。キシノウエトカゲも減少しているという。
 野生生物の取引を監視する国際…

残り:406文字/全文:1238文字
https://www.asahi.com/articles/ASL882TFML88UTIL002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗車券の払い戻し悪用、20万着服…運転手解雇(8日)読売

 近鉄バス(大阪府東大阪市)の男性運転手が、乗車券の払い戻し制度を悪用し、運賃約20万円を着服したとして、4日付で懲戒解雇処分を受けていたことがわかった。
 近鉄バスによると、男性運転手は4月中旬~7月下旬、近鉄上本町~関西国際空港間で、別の会社と共同運行するリムジンバスの往復乗車券について、乗客から受け取った帰りの「復券」に使用済みのスタンプを押さず、払い戻しの窓口で不正に換金していた。
 往復乗車券は1枚2800円。復券については、通常の片道料金1550円と手数料100円を差し引いた1150円が払い戻される。一度に大量の払い戻しがあり、近鉄バスが調査していた。すでに全額弁済されており、刑事告訴はしない方針。近鉄バスは「同様の問題が二度と起きないよう、再発防止に努める」としている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180808-OYT1T50014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

両親刺した疑いの男逃走、岸和田 殺人未遂で捜査(8日)西日本

8日午前9時40分ごろ、大阪府岸和田市戎町の住宅で、30代ぐらいの男が暴れていると近所の女性から110番があった。いずれも60代とみられる男の両親が刃物で刺され、病院に搬送されたが、命に別条はない。けがの程度は不明。
 岸和田署によると、男は自宅の中や玄関先などで刃物を持って暴れたとみられ、そのまま逃走。同署が殺人未遂容疑で行方を追っている。
 両親のいずれかから「息子が暴れている」と連絡を受け、女性が通報した。
 現場は南海本線岸和田駅から北に約3キロの住宅街。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/439613/

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR線路に自転車=けが人なし、悪質いたずらか-浜松(8日)時事

 8日午前2時ごろ、浜松市西区のJR東海道線舞阪-高塚駅間で、上り貨物列車が自転車に衝突した。自転車は線路上に置かれていたとみられ、けが人はなく列車にも損傷はなかった。同区間では6日にも、貨物列車が線路上にあった複数のコンクリートブロックに衝突する事故があり、静岡県警浜松中央署は、何者かが悪質ないたずらを続けたとみて、列車往来危険や威力業務妨害容疑で調べている。(2018/08/08-11:38)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080800507&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

米横須賀基地で大麻摘発 軍人家族の高校生ら6人書類送検(8日)産経

米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)内で大麻を譲り渡したり、所持したりしていたとして、神奈川県警が大麻取締法違反容疑で、いずれも米国籍の男子大学生(18)と男子高校生5人の計6人を書類送検していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。いずれも米軍人や米軍属の家族という。
 捜査関係者によると、大学生の書類送検容疑は昨年9月下旬、基地内で、男子高校生に乾燥大麻数グラムを譲り渡した疑い。容疑を認めている。書類送検は今月1日付。
 高校生5人は昨年10月に乾燥大麻約2グラムを所持していた疑いで、今年6月に書類送検された。5人は基地内の高校に通い、大学生も同じ高校出身だった。
 県警は海軍犯罪捜査局から通報を受け捜査していた。同基地では配備されている原子力空母ロナルド・レーガンの乗組員だった男性海軍兵が、カナダから合成麻薬を密輸したとして麻薬取締法違反の疑いで、今年5月に書類送検された。
http://www.sankei.com/affairs/news/180808/afr1808080001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警備犬にカメラ装着、倒壊家屋へ 豪雨被害の広島、生存者捜索(8日)共同

 倒壊した家屋のわずかな隙間を通り抜け、内部の様子を鮮明な画像で映し出す―。西日本豪雨で大きな被害が出た広島市安芸区矢野東地区では、災害現場に投入される警備犬の首に音声マイク付きの小型カメラを装着し、行方不明者を捜索するシステムを警視庁が初めて導入した。
 従来は生存者を発見した場合にほえて伝えていたが、新システムではハンドラー(指導役)と呼ばれる警察官のタブレット端末に表示された画像で、詳しい状況が把握できる。マイクで救助に当たる警察官と会話することもできる。
 今回の活動では実際の救助につながらなかったが、倒壊家屋に取り残された人がいないことを確認した。 

https://this.kiji.is/399690786318976097?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

4年前から指名手配の2人逮捕 嘘の電話で現金詐取か(8日)テレビ朝日

「ロト6の当選番号を教えます」などと嘘の電話を掛け、現金約450万円をだまし取ったとして警視庁が指名手配していた詐欺グループの男2人が逮捕されました。
 北川晴之容疑者(32)と杉山拓哉容疑者(32)は4年前、小田原市に住む女性(当時71)に「ロト6の当選番号を教えます。情報料を納めて下さい」などと電話を掛け、現金約450万円をだまし取った疑いが持たれています。2人は、11人が逮捕された詐欺グループの一員として4年前から警視庁に指名手配されていました。
 警視庁によりますと、「北川と杉山が千葉県のパチンコ店に出入りしている」などと情報提供を受け、捜査員が店内でパチンコをしていた2人の身柄を確保したということです。取り調べに対し、2人は容疑を否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133566.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

客のクレカ情報で買い物か 居酒屋店員の男逮捕(8日)テレビ朝日

不正に入手した客のクレジットカード情報を使って通販サイトで衣類などを購入したとして、居酒屋の店員の男が逮捕されました。
 米山聡容疑者(35)は今年3月、勤務先の東京・港区の居酒屋で男性客が会計の際に使ったクレジットカード番号などを勝手に書き写し、その情報を使って不正に通販サイトからコートや腕時計など合わせて3万8000円相当を購入した疑いが持たれています。警視庁によりますと、男性が身に覚えのないカードの支払いに気付き、警視庁に相談したということです。購入履歴などを確認すると商品の送り先がすべて米山容疑者の自宅だったことなどから関与が浮上しました。取り調べに対して米山容疑者は「当時、金がなかった」などと容疑を認めています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133569.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»全日空、羽田や成田発着など42便欠航(8日)TBS

全日空によりますと、台風13号の影響により、羽田や成田の発着便など国内線と国際線、あわせて42便が欠航を決めました。また、東京湾フェリーは久里浜と金谷を結ぶ便で始発から欠航となっています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3441400.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

台風13号 関東や東北に今夜からあすにかけ接近の見込み(8日)NHK

強い台風13号は、8日夜から9日にかけて、暴風域を伴い関東や東北の太平洋側にかなり接近する見込みです。夜の帰宅時間帯に雨や風が強まるおそれがあるほか台風の速度が遅いため影響が長引く可能性があります。気象庁は8日、日中のうちに備えを進め、大雨や暴風、高波などに警戒するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568611000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0) | トラックバック (0)

化粧時の似顔絵を作成 小倉南区の女性遺体の情報求め 福岡県警(8日)西日本

県警が作成した、化粧した被害者の姿をイメージしたイラスト。アイラインや眉の形を変えた数パターンがある北九州市小倉南区の吉田川周辺で昨年9月、福岡県添田町庄の外池晴美さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、県警は外池さんの化粧した姿などを描いた5種類の似顔絵を作り、広報課の公式ツイッターなどで公開している。
 県警捜査1課が6月、鑑識課と協力して作成。外池さんに関する情報をより多く集めるため、素顔のほかアイラインの強弱や眉の形を変えて描いた。磯辺芳文課長は「似顔絵を見る人のイメージが膨らみやすいようにした。情報を基に事件の解決につなげたい」と話す。
 外池さんは身長151センチの痩せ形で茶色の長髪、左腕と腰付近に十字架などのタトゥーが入っている。
 情報提供は県警小倉南署=093(923)0110。
=2018/08/08付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/439511/

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道警巡査部長を公然わいせつ容疑で逮捕(8日)産経

北海道警は7日、札幌市の歩道で下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで、苫小牧署生活安全課の巡査部長、山尾優太容疑者(26)を逮捕した。
 逮捕容疑は6月24日午後1時ごろ、札幌市南区の歩道で、10代の女性らに対し、自分の下半身を露出したとしている。「間違いありません」と容疑を認めている。
 道警の尾辻英一監察官室長は「道民の安全と安心を守るべき警察官がこのような事案を起こし、痛恨の極み。捜査結果を踏まえ厳正に処分する」とのコメントを出した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180807/afr1808070033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

衝突事故で8人重軽傷 岩手、介護施設の送迎中(8日)産経

7日午前9時半ごろ、岩手県久慈市小久慈町の市道交差点で、同県岩手町川口、団体職員、武田由紀子さん(44)の乗用車と、市内の老人介護施設の送迎用ワゴン車が出合い頭に衝突、計8人が重軽傷を負った。全員命に別条はない。
 岩手県警久慈署によると、ワゴン車に乗っていた施設利用者の女性(97)が脚を骨折する重傷。運転していた介護福祉士の中塚勝則さん(47)や女性看護師(64)、71~87歳の施設利用者4人、武田さんの車に乗っていた女性(26)が打撲などの軽傷を負った。
 現場は信号機のない十字路交差点で、武田さん側に一時停止の標識があった。同署が詳しい事故原因を調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180807/afr1808070034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨の日、119番2500件 倉敷市消防局「席から立てず」 通常の25倍 (8日)日経

西日本豪雨で広範囲が浸水し50人以上の死者が出た岡山県倉敷市で、雨が激しさを増した7月6日午後10時からの24時間に2500件以上の119番が殺到したことが7日、倉敷市消防局への取材で分かった。同消防局の1日の平均通報数(約100件)の25倍に当たり、消防隊員は「電話が鳴り続け、席から立ち上がることもできない。異常な状況だった」と振り返る。
同消防局は7月6日夕から全職員約460人を緊急招集。119番を受ける指令管制室は通常の約3倍の20人態勢で災害に備えた。
 倉敷市は6日午後10時、真備町地区全域に避難勧告を出した。「裏山が崩れた」。勧告後で最初の被害通報とみられる電話は同34分ごろ、同地区の住民からだった。
 午後11時35分ごろには隣接する同県総社市でアルミ工場が爆発し、付近の住宅なども延焼。直後から雨の状況や爆発音、避難に関する問い合わせで電話は鳴りっぱなしになった。消防局の職員は当初、通常通りパソコンに通報内容を打ち込んだが追いつかず、黒板もすぐ情報で埋まった。その後は通報内容を紙に手書きし、指令者が現場に救助要請を出し続けた。
 真備町地区など小田川の北側一帯に避難指示が出たのは7日午前1時半。その後、小田川と高馬川の合流地点付近などで堤防決壊が確認された。
 「川の水があふれそう」「家の人が逃げ遅れた」。夜明けとともに水浸しになった地区の全貌があらわになった午前5~6時には、119番は1時間当たりピークの183件に。その後も通報は殺到し、100件をようやく切ったのは午後5時を過ぎてからだった。
 浸水した自宅の2階に取り残された同地区の70代男性は、何度も119番し救助を求めた。消防隊員と電話がつながっても「救助に行けないかもしれない。できる限り自分の命を守る努力をして」と返答された。
 自衛隊のボートで救助された頃には携帯電話の電池が切れかかっていた。男性は「とりあえず、命が助かっただけでも良かった」と疲れた様子で振り返った。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33928310X00C18A8AC8Z00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

新手口のメール攻撃、国内で確認 大量送信、6日に29万件(8日)共同

 メールの添付ファイルを開かせてウイルス感染させるサイバー攻撃で、一般的にはほとんど知られていない種類のファイルを悪用した新手口が、国内で初めて確認されたことが7日、情報セキュリティー大手トレンドマイクロの調べで分かった。6日に少なくとも29万件に上る大量の不正メール送信を観測した。
 同社は今後も同様の攻撃が続くとみて、企業や一般のインターネット利用者に注意を呼びかけている。
 悪用されているのは、米マイクロソフトの表計算ソフト「エクセル」に、ウェブサイトからデータを取り込む機能を持つ形式のファイルで、ファイル名の末尾が「iqy」となっている。

https://this.kiji.is/399540181360870497?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

文科省汚職事件 厚労省 経産省もあわせ官僚10人が接待や会食(8日)NHK

文部科学省の幹部が相次いで逮捕された汚職事件で、贈賄側の元役員らは進めていた事業ごとに接近したい中央省庁の官僚リストを作り替えていたことが関係者への取材でわかりました。NHKが取材したところ、元役員らから飲食の接待を受けたり会食に同席したりしていた官僚は文部科学省、厚生労働省、経済産業省の少なくとも10人に上っていて、東京地検特捜部が詳しい経緯を調べているものとみられます。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

乗用車など8台絡む事故 男女3人けが 東京・小平市(8日)テレビ朝日

東京・小平市でミキサー車や乗用車など8台が絡む事故があり、男女3人がけがをして病院に搬送されました。
 7日正午すぎ、小平市大沼町の下り坂でミキサー車が対向車線にはみ出し、乗用車に衝突しました。さらに乗用車の後ろを走っていた車にも衝突し、合わせて8台が絡む事故となりました。この事故で、乗用車の運転手など50代から60代の男女3人が病院に搬送されました。けがの程度は軽いということです。警視庁によりますと、ミキサー車を運転していた男性は「瞬間的に意識をなくしていた」などと話していて、警視庁は運転手の居眠りが事故の原因とみて、当時の状況を調べています。現場は、西武鉄道小平駅から約1キロの片側2車線の新青梅街道沿いです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133542.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京医科大の不正入試 12年前から得点操作か(8日)テレビ朝日

東京医科大学の不正入試問題で、大学側は7日に調査報告書を公表し、女子と3浪以上の男子の受験生に対して不利になる得点操作をしていたと正式に認めました。
 東京医科大学・行岡哲男常務理事:「社会の信頼を大きく裏切ることになりました。心からおわび申し上げたい」
 東京医科大が公表した調査報告書によりますと、過去2年間の入試で女子と3浪以上の男子の受験生が不利になる得点操作があったことが確認されました。前理事長の臼井正彦被告が主導していて、少なくとも2006年度の入試からこうした不正が行われてきた可能性があるということです。また、臼井被告は合格した受験生の親から個人的に謝礼を受け取った可能性も指摘されていて、報告書は一連の不正入試について「長年にわたる、あしき伝統が続いていた」としています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133562.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ボクシング連盟の山根会長「8日正午、進退明らかに」(8日)TBS

暴力団との交際などが指摘されていた日本ボクシング連盟の山根会長の進退について協議する連盟の臨時理事会が終了し、山根会長は8日正午に自らの進退を明らかにすると話しました。
 日本ボクシング連盟は7日午後4時半すぎから大阪市内で臨時理事会を開き、暴力団との交際が指摘されていた山根明会長の進退について協議していました。理事会は午後7時半ごろ終了し、取材に応じた山根会長は自身の進退について、「会長に一任された。あす(8日)正午に今後どうするか自ら明らかにする」と話しました。
 「私の生涯、男としてのケジメを話しますので、理事の皆さんから会長一任と言われた以上、自分の生きる道を(どうするか)あす(8日)12時まで時間をください」(日本ボクシング連盟 山根 明 会長)
 山根会長の暴力団との交際をめぐっては、鈴木スポーツ庁長官が「事実であれば辞任に値する」と批判していました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月7日 | トップページ | 2018年8月9日 »