« 2018年8月5日 | トップページ | 2018年8月7日 »

2018年8月6日

2018年8月 6日 (月)

バイクの30歳男性、多発外傷で死亡 追突した新潟県村上市の非常勤職員を逮捕(6日)産経

6日午前10時半ごろ、新潟県村上市勝木の国道7号で山形県鶴岡市城北町の会社員、斎藤琢磨さん(30)のバイクに軽乗用車が追突し、対向車線に飛ばされた斎藤さんが別の乗用車にはねられ、多発外傷で死亡した。
 村上署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた村上市山北教育事務所の非常勤職員、村山彩水(あやみ)容疑者(38)=同市府屋=を現行犯逮捕した。容疑を認めている。
 現場は片側1車線の直線道路。同署は容疑を過失運転致死に切り替え、詳しく調べる方針。
http://www.sankei.com/affairs/news/180806/afr1808060032-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国民生活センター職員名乗り5800万円詐取か 新潟(6日)NHK

新潟県に住む70代の女性が、国民生活センターの職員を名乗る男らから「商品の代金が未払いだ」などと電話を受けて現金5800万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

“闇の配送センター”か 大量盗品をベトナムへ?(6日)テレビ朝日

マンションの一室は、闇の配送センターだったとみられています。
 盗品等保管の容疑で逮捕されたのは、ベトナム人のファム・チョン・ハ容疑者(26)ら2人です。5月に金沢市内のドラッグストアで万引きをした疑いでベトナム人の男が逮捕され、警察が余罪を捜査したところ、埼玉県内に闇の配送センターがあるという供述を得て、ファム容疑者らを逮捕しました。アジトのマンションからは化粧品など約1700点が押収されていて、ここを拠点に盗んだ商品をベトナムに送っていたとみられています。警察は、ベトナム人窃盗団による組織的な犯行とみて捜査しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133444.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「事故防ぐためやむをえない」運転続ける認知症疑いの男性逮捕(6日)TBS

認知症の疑いが強い69歳の男性に車の運転をやめさせるため、警察が異例の逮捕に踏み切りました。
 警察署に押収された車。持ち主は神奈川県鎌倉市に住む69歳の男性。取材に応じた弟は、男性は10年ほど前に妻を亡くし、4、5年前から認知症と疑われる症状がひどくなったと話しました。
 「5分くらいの中で同じことを何回も繰り返して話す。昨年、新潟にスキーに行ったときに、車で行って帰り道が分からなくなって」(逮捕された男性の弟)
 兄弟が車の運転を止めるよう注意しても聞かなかったといいます。
 Q.「運転をやめなさい」と言うと何と言う?
 「『なんで?なんでやめないといけないんだ』と。『認知だ』と言っても『なにそれ?』『俺は正しい、間違ってない』と」(逮捕された男性の弟)
 こうした中、先月、男性は車検を更新しようと、自動車販売店を訪問しました。ところが、明らかに認知症を疑わせる言動があり、販売店は警察に相談。警察も運転を止めるよう説得を試みましたが男性は応じず、車検が切れた後も運転を続けました。
 このため、警察は「事故を防ぐためにはやむをえない」と判断、先月30日、車検切れの車を運転した容疑で、異例の逮捕に踏み切り、車を押収しました。
 「事故を起こすことが一番心配。他人様の命を奪っちゃうことになったら、これは大変」(逮捕された男性の弟)
 男性は翌日釈放され、医師の診察を受けて認知症と診断されましたが、その結果も男性本人は認めようとしないということです。認知症と診断されれば、制度上、免許の取り消しが可能ですが、今回の男性の場合、免許が取り消されたことも理解できず車に乗ろうとする可能性が高いと親族は話します。
 専門家も、逮捕という異例の判断に理解を示します。
 「せっぱ詰まった状態であったのは、間違いない。周りが気づいて『やめよう』と言っても、なかなかやめようとしなかったり。そういう場合、多少強制的にやらざるを得ないということはあり得る」(“認知症の人と家族の会”副代表理事 川崎幸クリニック院長 杉山孝博氏)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3440151.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»23歳女性殺害しようとした疑い、47歳の元交際相手逮捕(6日)TBS

今月3日、千葉県浦安市で23歳の女性の首をしめるなどして殺害しようとしたとして、警察は47歳の元交際相手の男を逮捕しました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、浦安市の無職・外記裕介容疑者です。外記容疑者は今月3日、市内に住む元交際相手の女性(23)の自宅前で待ち伏せし、女性の首を絞めたほか、腰を刃物のようなもので刺すなどして殺害しようとした疑いが持たれています。この際、女性は首に軽いけがをしました。
 外記容疑者は犯行直後、ナイフで自分の首を切りけがをしましたが、6日退院し逮捕されました。調べに対し、外記容疑者は容疑を認めているということで、警察が犯行の動機などを追及しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3440203.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日 単位・レベル)
再犯防止策
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1013997_2 いかにして再犯を防止するか―逮捕されて服役を終えた元受刑者らに国費で薬物治療や認知行動療法を行うことが示された。法務省は来年度から実施したいとしている。
 適用されるのが性犯罪や薬物犯罪、そして窃盗などの服役者だという。
 そう言えば今年に入り強制性交等の認知件数が増えている。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)の認知件数は601件で前年より127件の増加。上半期として過去5年間で最もおおかった。
 ランキングは東京の91件、大阪の71件、福岡の44件、兵庫の43件、神奈川の33件と続いた。
 昨年と比べて増加したのは兵庫の+23件、東京の+17件、福岡と大阪の各+16件、広島の+10件など。
 これに対して検挙率は89.0%で昨年同期に比べて1.9ポイントのダウン。
 高かったランキングは奈良と和歌山の各133.3%、滋賀の125.0%、これに東京の104%などを加えると100%超えが20都県あった。
 一方、低かったのは秋田、栃木、愛媛、沖縄、香川の5県が各50%だった。
 平成28年版犯罪白書によると、刑務所に入り、出所から2年以内に再び入所する率は18.5%だ。
 一方、平成23年の刑法犯少年の再犯率は強姦などの凶悪犯は59.5%と極めて高い。本人の人生のためにも、また被害者の人権のためにも、再犯対策は重要な課題だった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-4188-5.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

あおり運転2キロ、並走しナイフ見せ「止まれ」(6日)読売

 車の走行トラブルになった相手にサバイバルナイフを示して脅したとして、和歌山県警岩出署は6日、大阪府貝塚市、トラック運転手の男(48)を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。
 発表では、男は3月11日午後、和歌山県岩出市の国道24号で乗用車を運転中、通行を巡り軽貨物車を運転していた和歌山市の男性会社員(48)に激高。並走しながらナイフを見せて「止まれ」などと脅した疑い。容疑を認めているという。
 会社員は約2キロにわたりあおり運転されたといい、岩出署が詳しい経緯を調べる。会社員が記憶していたナンバーから男が浮上した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180806-OYT1T50098.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学校敷地に銃1400丁 西東京市、戦時中使用か、刀剣も(6日)共同

 東京都西東京市の市立田無小で、敷地の地中から戦時中に使われたとみられる銃器約1400丁や刀剣約1200本が見つかっていたことが6日、同市への取材で分かった。市は自衛隊や警視庁などと連携して回収した。
 西東京市によると、7月から実施していた建物の工事に伴う掘削作業中、深さ約1~2メートルの地中から銃器や刀剣のほか、手りゅう弾や銃弾、砲弾が見つかった。作業でけが人はなかった。
 同市は戦後に廃棄された可能性もあるとみて調べている。
https://this.kiji.is/399075745936376929?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏女性の足取りは?リストに観光名所の書き込み(6日)テレビ朝日

栃木県日光市でフランス人の女性が行方不明になっています。ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)は先月29日午前10時ごろに、日光市にあるホテルを出てから行方が分からなくなっています。部屋に残されたメモなどから、ベロンさんはトレッキングなどではなく、日光東照宮や街の観光名所を訪れる計画を立てていたことが分かりました。
 ホテルの部屋に残されていたベロンさんの手書きのリストです。ホテルから歩いて10分ほどの距離にある日光東照宮など、観光名所が書き込まれています。警察は、ベロンさんはトレッキングなどではなく、市街地を中心に観光しようとしていたとみています。ベロンさんの行方が分からなくなった先月29日は、台風12号の影響で川が増水していました。警察は事故と事件の両面で調べていて、ベロンさんに関する情報提供を求めています。

情報提供先:日光警察署 0288-53-0110
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133408.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»認知症の疑いも運転続ける、69歳男性を“異例の逮捕”(6日)TBS

認知症の疑いが強い69歳の男性が周囲の説得を聞かずに車の運転を続けたため、事故の危険性が高いと判断した警察が異例の逮捕に踏み切っていたことが分かりました。
 警察や親族によりますと、逮捕された神奈川県鎌倉市に住む69歳の男性は、10年ほど前から認知症が疑われる症状が進み、車で出かけて帰り道が分からなくなるなどのトラブルが相次いでいました。
 親族などが運転を止めるよう注意しても聞かず、先月、車検を更新しようと、自動車販売店を訪れました。ところが、車検はすでに切れていたうえ、明らかに認知症を疑わせる言動があったため、販売店が警察に相談。警察も運転を止めるよう説得しましたが、男性は応じませんでした。こうしたことから、警察は「事故を防ぐにはやむを得ない」として、先月30日、男性が自宅を車で出た際に、車検切れのまま運転した疑いで現行犯逮捕し、車を押収しました。こうした対応は極めて異例で、 男性は翌日釈放されています。
 「事故を起こすことが一番心配。ひとさまの命を奪っちゃうことになったら、これは大変」(逮捕された男性の弟)
 逮捕後、医師の診察を受け、認知症と診断されましたが、その結果も男性本人は認めようとしないということで、親族も「逮捕はやむを得なかった」と話しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3439806.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山形で大雨、ゴムボートで住民避難…孤立地区も(6日)読売

活発な前線の影響で、山形県では5日夕から6日朝にかけて、同県北部を中心に大雨が降り、土砂崩れや家屋への浸水などが発生、尾花沢市や新庄市など10市町村で最大2万8573世帯に避難指示・勧告が出された。
 6日午前9時50分までの24時間降水量は、金山町で311ミリ、最上町瀬見地区で309ミリと、平年の8月1か月間の降水量を上回り、観測史上最大となった。
 戸沢村では、近くの山から流れ出た沢水が住宅街にあふれ、少なくとも数十世帯がひざ上まで浸水し、住民らがゴムボートなどで避難した。最上町や戸沢村、大蔵村では、土砂崩れや道路の冠水で孤立する地区も出ている。
 また、山形、秋田県境の鳥海山(2236メートル)では5日午後、宮城県から訪れた男女13人の登山グループが下山中、沢の増水で立ち往生。登山道を迂回し、6日朝、約17時間かけて全員無事に下山した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180806-OYT1T50080.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

»少女つけ回す、強制わいせつ容疑でインド国籍の男逮捕(6日)TBS

 東京のJR日暮里駅前で10代の少女に声をかけ、隣の駅までつけ回し、無理やりキスをするなどしたとして、インド国籍の40歳の男が警視庁に逮捕されました。
 強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、東京・荒川区に住むインド国籍のアントワル・デェネス容疑者(40)です。捜査関係者によりますと、アントワル容疑者は今年6月19日の午後10時半ごろ、荒川区のJR日暮里駅前で帰宅途中の10代の少女に声を掛け、ホテルに誘いました。そして、少女が無視すると、無理やり自分の下半身を触らせたり、キスをしたりした疑いが持たれています。
 「アントワル容疑者は、こちらで女性を物色し、被害女性に『かわいいね』などと声を掛けると、嫌がる女性の後をつけていったということです」(記者)
 アントワル容疑者はJR日暮里駅前からおよそ1.5キロ離れた隣のJR鶯谷駅まで少女をつけ回していて、防犯カメラの捜査から浮上したということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3439680.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親殺害疑いで49歳男逮捕 北海道函館市、交番に自首(6日)産経

北海道警函館中央署は6日、母親を殺害したとして、殺人の疑いで函館市本町、無職、田名辺治容疑者(49)を逮捕した。5日夜に自宅近くの交番に自首し、署員が母親宅を訪れて遺体を見つけた。
 逮捕容疑は5日、函館市本町のアパート一室で、住人の無職、田名辺三枝子さん(69)を殺害した疑い。署によると、首を絞めたとみられ、遺体に目立った出血はなかった。治容疑者から事情を聴き、詳しい経緯を確認している。
 2人とも1人暮らしとみられ、近くで別居していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180806/afr1808060009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酩酊女性をラブホに連れ込みわいせつ行為 59歳都立高副校長を逮捕(6日)産経

酒に酔った女性をラブホテルに連れ込み、下半身を触るなどしたとして、警視庁竹の塚署は6日、準強制わいせつ容疑で、東京都立荒川工業高校副校長の奥沢稔容疑者(59)=東京都足立区花畑=を逮捕した。「性欲が抑えきれず、我慢できませんでした」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は5月12日未明、酩酊(めいてい)状態で同区内の路上で座り込んでいた40代女性を埼玉県八潮市内のラブホテルに連れ込み、下着の中に手を入れて下半身を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。
 同署によると、奥沢容疑者と女性との間に面識はなく、女性が5月下旬になって同署に被害を相談していた。http://www.sankei.com/affairs/news/180806/afr1808060012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

運送業者ら8割で法令違反 違法残業、厚労省まとめ(6日)西日本

厚生労働省は6日までに、労働基準法などに基づいて、トラックやバス、タクシーなど運転手を雇用している事業所計5436カ所に監督指導を実施した結果、84・0%で違反が見つかったと発表した。違法残業など労働時間に関する違反が半数以上を占めた。悪質なケース61件を同法違反容疑などで書類送検している。
 働き方改革関連法により、来年4月から始まる「罰則付きの残業時間の上限規制」では、自動車運転従事者は5年間適用を猶予されているが、長時間労働に追われている実態が明らかとなった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/438879/

| コメント (0) | トラックバック (0)

クマが駅前の花店のガラス割る 山形(6日)産経

5日午後4時15分ごろ、山形県南陽市萩生田の同市立沖郷中学校北側グラウンド付近で、同市の男性(43)が、クマ1頭(体長約80センチ)が立ち去るのを見つけ県警南陽署に通報した。
 その後もJR赤湯駅西口と東口付近でクマの目撃情報が相次ぎ、110番通報が寄せられた。その後、クマはJR赤湯駅南側の花店の出入り口のサッシ戸に衝突し、ガラス1枚(約90×90センチ)を割り、JR赤湯駅から南に走り去ったとの目撃情報があった。人的被害はなかった。
 現場は、山形新幹線が停車する駅で、付近に里山などはない住宅地。県警南陽署は、クマはJR赤湯駅西口から東口へ線路を渡ったとみている。
 クマの目撃情報はこの日午前中にもあり、同署はパトカーを出動させて警戒を呼びかけた。http://www.sankei.com/affairs/news/180805/afr1808050016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【文科省汚職】過剰接待、別の元役員指示か 東京地検が立件視野に捜査(6日)産経

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の業務をめぐる汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された医療コンサルタント会社元役員の谷口浩司(こうじ)容疑者(47)による文部科学省幹部らへの過剰な飲食接待について、同社の元役員の男性が指示していた疑いがあることが5日、関係者への取材で分かった。東京地検特捜部は元役員の立件も視野に捜査を進めているもようだ。
 この事件で、文科省前国際統括官の川端和明容疑者(57)=収賄容疑で逮捕=は、JAXA理事に出向中の平成27年8月~29年3月、医療コンサル会社に便宜を図るなどし、その見返りに東京都内の飲食店などで計約140万円相当の飲食接待を受けた疑いが持たれている。
 関係者によると、谷口容疑者は24年ごろには川端容疑者から紹介してもらう形で複数の文科省幹部らを飲食接待。元役員は谷口容疑者から接触状況の報告を受け、接待相手などを指示していたという。
 法人登記によると、コンサル会社は22年設立で谷口容疑者と元役員は27年7月に取締役に就任。谷口容疑者は今年2月に解任され、元役員は谷口容疑者が逮捕された直後の7月6日に辞任していた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180806/afr1808060005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

避難なお3600人、西日本豪雨1カ月、住宅確保に課題(6日)日経

6日で発生から1カ月を迎える西日本豪雨では、なお約3600人(3日時点)が避難所生活を余儀なくされている。賃貸住宅を行政が借り上げて無償で提供する「みなし仮設住宅」は被災者の希望とのミスマッチが発生。プレハブの仮設住宅の建設はこれからで、住宅の確保が課題となっている。警察庁によると、豪雨の死者数は225人。

広島県坂町で始まった仮設住宅の建設現場(5日)

広島県坂町で始まった仮設住宅の建設現場(5日)

 総務省消防庁によると、豪雨では広島、岡山、愛媛の3県を中心に計約4万8千棟の住宅が被災した。体育館など避難所に身を寄せる被災者は3日時点で岡山県2297人、広島県979人などとなっている。行方不明者は10人。
 各自治体はみなし仮設の確保を急いだが、あまり利用されていない。約3100戸を用意した広島県で入居が決まったのは358戸(3日時点)。「被災者が希望する地域に賃貸住宅が少ないことなどが要因」(県住宅課)という。
 仮設住宅の建設作業は始まったばかりだ。200戸を建設する岡山県倉敷市は3日に着工。広島県は呉市などで169戸、愛媛県は170戸を用意する計画でいずれも8月中の完成を目指す。
 内閣府によると、今回の豪雨では10府県83市町村(2日時点)に被災者生活再建支援制度が適用され、自宅の損壊程度や再建方法に応じて最大300万円の支援金が支給される。一部地域で受け付けが始まったが、支給までの審査に時間がかかり、住宅を再建する場合の経済負担はなお重い。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33827660V00C18A8AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル火災350人避難、和歌山 1人搬送(6日)共同

5日午後6時55分ごろ、和歌山県那智勝浦町湯川1108の湯快リゾート(京都市)系列のホテルで、男性従業員から「2階の女子トイレから煙が出ている」と119番があった。地元消防によると、客や従業員ら約350人が避難した。建物に燃え広がったが、逃げ遅れはないもよう。20代の女性客1人が体調不良を訴え搬送された。
 ホテルは海に面していて、消防艇が海上からも消火活動を続けた。湯快リゾート側は利用客に対し、近隣の宿泊施設を手配したという。
 湯快リゾートのホームページによると、ホテルは「南紀勝浦温泉 湯快リゾートプレミアム 越之湯」。1日にリニューアルした。
https://this.kiji.is/398858944913163361?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥海山 13人全員が無事下山(6日)NHK

山形県と秋田県にまたがる鳥海山を登山していて、5日午後の予定時刻になっても下山していなかった13人は、6日午前5時すぎになって全員が無事下山しました。警察によりますと、雨で足場が悪くなっていたことなどから、慎重に下山していたということです。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

大型トラックと車が衝突 母親死亡、子ども3人重傷(6日)テレビ朝日

茨城県小美玉市の交差点で大型トラックと軽自動車が衝突し、32歳の女性が死亡しました。女性の子ども3人も骨折するなど重傷です。
 5日午後2時ごろ、小美玉市の交差点で、「トラックと車の事故で子ども3人が泣いている」と通報がありました。警察によりますと、大型トラックと軽自動車が出合い頭に衝突していて、軽自動車を運転していた佐々木貴恵さんが全身を強く打って死亡しました。軽自動車には佐々木さんの3歳で双子の長女と次女、2歳の長男の子ども3人が乗っていて、骨折するなどして重傷です。警察は、大型トラックの運転手・中泉和之容疑者(38)を逮捕しました。現場は信号のない交差点で、警察は中泉容疑者が左右の確認を怠って交差点に進入したとみて原因を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000133390.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»常磐道で家族5人乗りキャンピングカー横転、3人死傷(6日)TBS

 那珂市の常磐自動車道下りでは5日夕方、家族5人が乗るキャンピングカーが横転しました。
 この事故で、後部座席に乗っていた26歳の母親が車外に投げ出されて死亡、生後11か月の次女ら2人が重傷です。
 警察は猛暑により路面温度が上がり、タイヤが破裂したことが事故の原因とみています
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3439400.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»川崎市の男性死亡、ひき逃げ容疑で会社役員逮捕(6日)TBS

 4日、川崎市の国道で79歳の男性が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、50歳の会社役員の男が逮捕されました。
 ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、横浜市に住む会社役員・花澤順也容疑者(50)です。花澤容疑者は4日未明、川崎市の国道で倒れていた阪口二治男さん(79)を車でひいてそのまま逃走した疑いがもたれています。
 警察によりますと、阪口さんは別の男性とケンカをしていて、路上に倒れたところを車にひかれたということです。
 花澤容疑者は、取り調べに対し「車が縦に揺れたのは分かったが、道路が陥没していたと思った。人をひいた認識はない」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3439599.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月5日 | トップページ | 2018年8月7日 »