« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「大きい声を出したら殺すぞ」10代少女にわいせつか(27日)テレビ朝日 »

2018年7月27日 (金)

»相次ぐ鉄道トラブルで国交省が報告書、構造的な要因を分析(27日)TBS

鉄道のトラブルが相次いでいることから、国土交通省は、背景にある構造的な要因を分析して報告書をまとめました。
 鉄道をめぐっては、このところ新幹線の台車に亀裂が入る「重大インシデント」や架線がショートして列車が立ち往生するなど、トラブルが相次いでいます。
 国土交通省の検討会がまとめた報告書では、台車の亀裂を防ぐ対策として、台車の設計、製造、検査、営業走行中のそれぞれの段階で対策が必要だとしました。設計段階で溶接部分を少なくすること、検査マニュアルを見直すことなどが、対策として盛り込まれています。
 今後の課題としては、保守作業を行う技術者の不足が深刻になるとして、作業の自動化を進めることや鉄道会社の間で共同で研修を行うなどして人材を育成することを提言しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3432122.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「大きい声を出したら殺すぞ」10代少女にわいせつか(27日)テレビ朝日 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66992619

この記事へのトラックバック一覧です: »相次ぐ鉄道トラブルで国交省が報告書、構造的な要因を分析(27日)TBS:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 「大きい声を出したら殺すぞ」10代少女にわいせつか(27日)テレビ朝日 »