« 警視庁、岡山にきずな隊派遣 被災者と会話、不安軽減(20日)共同 | トップページ | 埼玉・幸手、男性血を流し死亡 殺人事件で県警捜査(20日)産経 »

2018年7月20日 (金)

児童虐待、緊急立ち入りルール化 福祉司2千人増員 政府が緊急対策決定(20日)産経

東京都目黒区のアパートで船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が両親から虐待を受けて死亡した事件を受けて、政府は20日、関係閣僚会議を開き、平成34年度までに児童相談所(児相)の児童福祉司を約2千人増員するなど虐待防止に向けた緊急対策を決定した。児相が子供と面会できなかった場合の立ち入り調査をルール化した。
 安倍晋三首相は会議で「幼い命が奪われる痛ましい出来事を繰り返してはならない。やれることは全てやるという強い決意で取り組んでほしい」と指示した。
 児童虐待の件数は年々増加しているものの、子供や保護者の相談や指導に当たる児童福祉司の不足が顕在化。昨年度末時点で全国に児童福祉司は3253人おり、対策ではそれを1・6倍に増員する。
 今回の事件では、児相が自宅へ面会に訪れながら、拒否されていた。対策では子供の安全が確認できない場合、立ち入りをルール化した上で、必要に応じて警察への援助要請を記した。
 児相と警察の情報共有について「通告受理後、48時間以内に子供の安全確認ができない事案」などに限定し共有することを全国ルールとして実施する。全件情報共有は大阪府や高知県など複数の自治体で進んでいるにもかかわらず、厚生労働省は「保護者との信頼関係が崩れる」として、緊急対策では踏み込めなかった。

続きを読む

« 警視庁、岡山にきずな隊派遣 被災者と会話、不安軽減(20日)共同 | トップページ | 埼玉・幸手、男性血を流し死亡 殺人事件で県警捜査(20日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66960689

この記事へのトラックバック一覧です: 児童虐待、緊急立ち入りルール化 福祉司2千人増員 政府が緊急対策決定(20日)産経:

« 警視庁、岡山にきずな隊派遣 被災者と会話、不安軽減(20日)共同 | トップページ | 埼玉・幸手、男性血を流し死亡 殺人事件で県警捜査(20日)産経 »