« 海沿いのホテルでガラス割れ6人けが 静岡 熱海(28日)NHK | トップページ | »避難のためパトカーへ 高波にさらわれ、行方不明の男性の無事確認(29日)TBS »

2018年7月28日 (土)

2学期終盤いじめ集中、互いの性格知り「嫌い」(28日)読売

 青森市教育委員会は、2017年度に市内の小中学校で認知したいじめの件数を発表、11月と12月の2か月間に平均の約2倍の件数が集中している実態が浮き彫りになった。市教委は2学期終盤で人間関係が深まり、好き嫌いの感情が過激になった可能性があると分析。今回の調査同市は16年8月に市立中学2年の女子生徒(当時13歳)がいじめ被害を訴える遺書を残して自殺した問題を受け、対策を強化。各校のいじめの実態を把握するため、同年9月からいじめの認知件数を月ごとにまとめている。
 17年度の市内全小中学校のいじめの認知件数は小学校974件、中学校406件の計1380件。1か月間の平均認知件数は115件だったが、11月は231件、12月は214件に上った。学年別では、クラス替えや進学で環境が変わる小3、小5、中1が多かった。
 16年度も1か月の平均認知件数143件に対し、11月は173件、12月は194件と同様の傾向を示した。
 市教委は「2学期の終わりは子どもたちが互いの性格を知り、『嫌い』『性格が合わない』など他人を否定する傾向が出てくる時期」と分析している。
 市教委は学年の始まる4月に各クラスで行うオリエンテーションに注目。仲が良くなる機会を作ることで仲間外しやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上の中傷などを防げる可能性があるとして、夏休み明けにオリエンテーションを開催することにした。
 市教委は「2学期の人間関係がうまくいくよう、教員たちは支援したい」と説明している。結果を有効な対策につなげる考えだ。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180728-OYT1T50062.html?from=ycont_top_txt

« 海沿いのホテルでガラス割れ6人けが 静岡 熱海(28日)NHK | トップページ | »避難のためパトカーへ 高波にさらわれ、行方不明の男性の無事確認(29日)TBS »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66996422

この記事へのトラックバック一覧です: 2学期終盤いじめ集中、互いの性格知り「嫌い」(28日)読売:

« 海沿いのホテルでガラス割れ6人けが 静岡 熱海(28日)NHK | トップページ | »避難のためパトカーへ 高波にさらわれ、行方不明の男性の無事確認(29日)TBS »