« EU「犯罪抑止効果ない」死刑執行を批判(6日)NHK | トップページ | 公安庁が特別調査本部、監視強化 26施設に一斉立ち入り検査(6日)西日本 »

2018年7月 6日 (金)

小3女児殺害、被告に無期懲役 千葉地裁 (6日)日経

千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件の裁判員裁判の判決で、殺人罪などに問われ死刑を求刑されていた渋谷恭正被告(47)に千葉地裁は6日、無期懲役を言い渡した。被告側は判決を不服として即日控訴した。
 野原俊郎裁判長は判決理由で、被告が事件当時、リンさんの通っていた小学校の保護者会長だった点を踏まえ「社会や学校教育に与えた衝撃や不安は計り知れない」と指摘した。
 一方で、死刑を回避した理由については無期懲役が言い渡された他の同種事件と比べ「殺害行為が残虐とは言えない」と説明。「死刑がやむを得ないとは認められない」と結論付けた。
 争点となっていた遺体に残されていたDNA型は、鑑定の信用性を認めた上で「残した犯人が被告と強く推認される」とした。
 弁護側は捜査機関による証拠の捏造(ねつぞう)や改ざんなどの可能性を主張し、「DNA型鑑定は信用できず、他に証拠はない。検察側の立証は不十分」と全面的に無罪を主張していた。
 判決後、千葉地検の清野憲一次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対処したい」とコメントした。
 判決によると、昨年3月24日、登校中のリンさんを軽乗用車に乗せて連れ去り、わいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市の排水路脇に遺棄した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32698070W8A700C1000000/

« EU「犯罪抑止効果ない」死刑執行を批判(6日)NHK | トップページ | 公安庁が特別調査本部、監視強化 26施設に一斉立ち入り検査(6日)西日本 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小3女児殺害、被告に無期懲役 千葉地裁 (6日)日経:

« EU「犯罪抑止効果ない」死刑執行を批判(6日)NHK | トップページ | 公安庁が特別調査本部、監視強化 26施設に一斉立ち入り検査(6日)西日本 »