« 病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か(8日)読売 | トップページ | 消防士、濁流にのまれる…住民ら2階や屋根へ(8日)読売 »

2018年7月 8日 (日)

住宅街、まるで川 西日本豪雨 久留米市“救助の要請”次々と(8日)西日本

九州を襲った記録的な豪雨は、一夜明けた7日、各地で詳細な被害状況が次々と明らかになった。土砂崩れや浸水による孤立も一時相次ぎ、ボートや重機を使った救助や復旧作業が夜遅くまで続いた。
 福岡県筑後地区では未明から幅広い範囲で浸水被害が発生。久留米広域消防本部には「自宅が水に漬かって避難できない」などの救助要請が何十件も入った。
 久留米市によると、住宅1170戸が床上・床下浸水。市内の大刀洗川、山ノ井川があふれ、消防隊員らが救助用ボートを使って高齢者を中心に60人以上を救出した。ボートに乗り込んだ人たちは不安そうな表情で川のようになった住宅街を進んだ。九州自動車道久留米インターチェンジ付近も冠水し、渋滞が続いた。
 同市北野町の会社員深町英司さん(57)は午前4時に家族と歩いて避難所へ向かった。「水が少しずつ増え、命の危険を感じた」。同町の主婦(43)は「車が浸水しないように高台に移動させたが、まさかこんなに水が上がってくるなんて」と不安そうに話した。福岡管区気象台によると、久留米市の48時間雨量は観測史上最大の383・5ミリを記録した。=2018/07/08付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/431054/

« 病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か(8日)読売 | トップページ | 消防士、濁流にのまれる…住民ら2階や屋根へ(8日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅街、まるで川 西日本豪雨 久留米市“救助の要請”次々と(8日)西日本:

« 病院点滴死、元看護師を逮捕…別の2人も殺害か(8日)読売 | トップページ | 消防士、濁流にのまれる…住民ら2階や屋根へ(8日)読売 »