カテゴリー

« 2018年7月14日 (土) | トップページ | 2018年7月16日 (月) »

2018年7月15日 (日)

2018年7月15日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(15、16日 単位・レベル)
警察官としての教育をしているのか!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_3F1013943_2 西日本を襲った豪雨は死者が200人を超えるなど甚大な被害が出た。その災害に全国から警察官が派遣され命をかけた救助などの活動を続けている。そして行方不明者まで出ているが、一方で女子中学生に淫らな行為をして懲戒処分になったり、路上で女性のお尻を触るなど恥知らずの警察官もいる。警察庁に言う。「警察官としての教育も勿論だが、その前に人間としての教育をしっかりせよ」と…
 今月6日だった。広島市安芸区の山あいの道路で土砂崩れがあり、60歳の会社員の家族ら3人が乗った車など計8人が取り残された際、駆け付けた広島県警の28歳と29歳の警察官が救助活動に入った。
 7人を救助した時、再び土砂崩れが発生。警察官2人は巻き込まれて行方不明になった。29歳の警察官は高校時代からリーダーシップがあり多くの人に慕われていた。28歳の警察官は刑事ドラマを見て警察官になったが、父親は「正義感が強く自慢の息子」と話しているという=産経新聞
 しかし、一方では千葉県警の20歳の巡査は、神奈川県内のカラオケ店で女子中学生とみだらな行為をしたとして懲戒処分を受けた。
 警視庁の男性警視が東京・渋谷の路上で女性の尻を触ったとして書類送検され、埼玉県警の巡査(54)は酒によったまま車を運転、コンビニの駐車場に駐車していた他の車に接触して、2人に軽傷を負わせるなど不祥事が相次いでいる。まさに、警察官としてだけでなく人間的にも失格者だ。
 警察産みの親である川路大警視は「警察官タル者ハ人民ノ憂患ヲ見聞スル時ハ、己モ其憂ヲ共ニスルノ心ナカルベカラズ」と、警察官ならではの厳格さを求めている。「警察官」としてあるべき姿を問うた55項目のひとつだ。
 警察学校では、「警察官としてあるべき資質の教育」はしているのか。法の執行とか手続き論が多く、肝心の教育ができていないのではないのか。警察官自身も「警察官」であることの自覚を失い、漫然と仕事をしていまいか?
 平成29年4月現在の全国の警察官数は条例定数で25万9766人。25万となれば人間としての屑もいるだろう。しかし、警察官だけは絶対にあってはならない。
 西日本豪雨の被災地には19都府県から警察官が派遣され、日夜、苛酷な中で命をかけて救助活動を続けているだけでなく、あの最悪の治安情勢にあった平成14年の刑法犯認知件数を昨年は3分の1まで減らした抑止力は歴史上でも大変な偉業………「なにおか言わんや」である。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001_3
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-4188-12.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日 単位・レベル)
 減っているはずなのに…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F10139561  「暴走族」―もう死語になっていたのかと思っていたが、久しぶりにそのニュースに接した。
 横浜市鶴見区の大黒ふ頭で、乗用車で「ドリフト走行」を繰り返していた集団17人が逮捕された。
 「ドリフト走行」とは、乗用車を連ねて車体を滑らせながら交差点を通過したり、車線を転回したりする暴走行為。昨年5月20日午前0時20分ごろ、大黒ふ頭の市道で、暴走行為をしたもので、現場はドリフトを取り上げた漫画などにも登場する所。マニアの間では“聖地”として知られていることもあって約200人の「ギャラリー(見物人)」がいたという。
 暴走族と言えば昭和の時代から存在していたが、平成に入り14年には1313グループが確認されている。同17年現在、警察が把握している全国の暴走族構成員数は約1万5000人で、前年より約3800人も減少した。
 当時、小欄は奥多摩周遊道路をドライブするのが好きで休みの日はほとんど出かけたが、山岳道路で運転技術を競う「ローリング族」と呼ばれる暴走集団に恐怖を感じたものだった。後ろからあおられて左側の側溝に車輪をはめて、走行不能になり、JAFにお世話になつたことがあった。
 昭和のカメラマン時代は連中を追跡して暴走族特集の写真を取材したことがあったが、連中はマスコミに出たがり屋で、集まる場所を聞いただけで、大量動員をかけられて110番が相次ぐなど四苦八苦したことがあった。
 警察庁によると昭和の時代は暴走族に関する110番は10万件を超えていたが平成16年の関連110番は10万件を下回り、翌年には7万件台にまで減少。あれから13年、当然、もう消えたものだと思っていたが、どっこい生きていたとは驚きである。
 現在は暴走族OBらが中心になり、改造した旧型の自動二輪車等を連ねて集団走行する「旧車會」があるらしい。〝音キチ〟から〝カーキチ〟に変わったのかなぁ〜
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-4188-11.html

« 2018年7月14日 (土) | トップページ | 2018年7月16日 (月) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ