« 2018年7月13日 | トップページ | 2018年7月15日 »

2018年7月14日

2018年7月14日 (土)

サイバー犯罪検挙、10代増加 違法行為を「神」と称賛(14日)朝日

 10代のサイバー犯罪者の検挙人数は年々増えている。警察庁のまとめによると、昨年に不正アクセス禁止法違反事件で検挙された全国255人のうち、14~19歳は92人と、年代別で最も多かった。英国でも2015年のサイバー犯罪容疑者の平均年齢は17歳。「他の犯罪類型よりも若いのが特徴だ」と捜査当局の報告書は指摘する。

 昨年6月には、千葉市の高校生(当時16)が、ツイッターに似せた偽のログイン画面を開設し、他人のIDやパスワードをだまし取ったとして宮城県警に逮捕された。少年は、「(国際的ハッカー集団)アノニマスに憧れていた」と話していたという。
 ネット上では、こうした犯罪を「天才」「神」ともてはやす風潮がある。神戸大学大学院の森井昌克教授(情報通信工学)は、「目立つ犯罪をすれば認めてもらえる」という印象が広まることを心配し、「無責任にあおる大人の責任も追及すべきだ」と語る。
 ホワイトハッカーを育てる合宿の運営に携わったことがある、岡崎女子大学講師の花田経子さん(情報セキュリティー)は話が通じる大人や仲間と出会い、生き生きとする子どもたちの姿を見てきた。興味や関心が異なる人と関係を築くことが苦手で、保護者からは「ネット依存」と思われることが多い。「サイバー犯罪を起こしてしまった子どもたちも、同じような状況にあるのでは。ネットの闇に落ちる前に、良い仲間に出会って技術を高められていれば、活躍できる場を見つけられたはず」
 情報モラルの教育を担う大分県
残り:280文字/全文:894文字
https://www.asahi.com/articles/ASL6X5GNFL6XUTIL02T.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

J2元選手の男を逮捕 みだらな言葉掛けた疑い(14日)産経

警視庁巣鴨署は駅の駐輪場で女性にみだらな言葉をかけたとして、東京都迷惑防止条例違反の疑いで都内の自称アルバイト、小田桐健一容疑者(36)を逮捕した。巣鴨署によると、小田桐容疑者は以前、サッカーJ2のチームに選手として所属していた。
 逮捕容疑は2月5日深夜から6日未明にかけ、JR大塚駅前にある地下駐輪場のエレベーター内などで、帰宅途中の20~30代の女性3人に「5千円あげるから僕の下半身を見てもらえませんか」「5分でいいからお願いします」などと声をかけた疑い。
 小田桐容疑者は「女性の反応を見るのが快感だった」と容疑を認めている。被害を受けた女性が110番し発覚。巣鴨署が近くの防犯カメラなどを捜査し、特定した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180714/afr1807140015-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

【西日本豪雨】運転免許証の有効期間延長 警察庁(14日)産経

警察庁は14日、政府が西日本豪雨を「特定非常災害」に指定したことを受け、災害救助法が適用される地域の被災者に対し、運転免許証の有効期間を11月30日まで延長する特例措置を取ることを決めた。
 警察庁によると、6月28日までさかのぼって適用する。他にも猟銃所持の許可や、犯罪被害者等給付金の申請期間も延長する。
 2011年の東日本大震災や16年の熊本地震でも同様の措置が取られた。
http://www.sankei.com/affairs/news/180714/afr1807140021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症、搬送千人超 気温上昇、3人死亡(14日)共同

3連休初日の14日、日本列島は太平洋高気圧に覆われて気温が上昇し、共同通信の集計では熱中症とみられる症状で救急搬送された人が全国で1043人に上った。静岡、滋賀、広島各県で計3人が死亡した。厳しい暑さは15日以降も続くため、気象庁が注意を呼び掛けている。関東甲信や近畿では光化学スモッグへの警戒も必要になる。
 都道府県別で搬送者が最も多かったのは大阪府の118人。次いで、愛知、福岡両県がそれぞれ89人、埼玉県の56人、岡山県の48人などだった。
 気象庁によると、岐阜県多治見市で38.7度、京都市で38.5度、三重県松阪市で38.2度を記録した。https://this.kiji.is/390665202574885985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

各地で猛烈な暑さ あすも40度近くになる所も(14日)NHK

14日は、西日本と東日本を中心に各地で猛烈な暑さとなり、内陸では、国内でことし初めて気温が38度を超えました。15日以降も厳しい暑さが続き、ところによって最高気温が40度近くになる見込みで、熱中症に警戒が必要です。特に記録的な豪雨の被災地では、熱中症のリスクが高まっているとして、気象庁はできるかぎりの対策を取るよう呼びかけています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日 単位・レベル)
あの時代を思い出すなぁ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212 「F1013956暴走族」―もう死語になっていたのかと思っていたが、久しぶりにそのニュースに接した。
 横浜市鶴見区の大黒ふ頭で、乗用車で「ドリフト走行」を繰り返していた集団17人が逮捕された。
 「ドリフト走行」とは、乗用車を連ねて車体を滑らせながら交差点を通過したり、車線を転回したりする暴走行為。昨年5月20日午前0時20分ごろ、大黒ふ頭の市道で、暴走行為をしたもので、現場はドリフトを取り上げた漫画などにも登場する所。マニアの間では“聖地”として知られており、当時は約200人の「ギャラリー(見物人)」がいたという。
 暴走族と言えば昭和の時代から存在していたが、平成に入り14年には1313グループが確認されている。同17年現在、警察が把握している全国の暴走族構成員数は約1万5000人で、前年より約3800人も減少した。
 当時、小欄は奥多摩周遊道路をドライブするのが好きで休みの日はほとんど出かけたが、山岳道路で運転技術を競う「ローリング族」と呼ばれる暴走集団に恐怖を感じたものだった。後ろからあおられて左側の側溝に車輪をはめて、走行不能になり、JAFにお世話になつたことがあった。
 昭和のカメラマン時代は連中を追跡して暴走族特集の写真を取材したことがあったが、連中はマスコミに出たがり屋で、集まる場所を聞いただけで、大量動員をかけられて110番が相次ぐなど四苦八苦したことがあった。
 警察庁によると昭和の時代は暴走族に関する110番は10万件を超えていたが平成16年の関連110番は10万件を下回り、翌年には7万件台にまで減少。あれから13年、当然、もう消えたものだと思っていたが、どっこい生きていたとは驚きである。
 現在は暴走族OBらが中心になり、改造した旧型の自動二輪車等を連ねて集団走行する「旧車會」があるらしい。〝音キチ〟から〝カーキチ〟に変わったのかなぁ~
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001_3

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-4188-11.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗致傷の疑いで2少年を逮捕 山形・鶴岡(14日)産経

 山形県鶴岡市の路上にいた女性に暴行を加えたとして、山形県警鶴岡署は13日、強盗致傷の疑いで、酒田市の男性会社員(19)と鶴岡市の男性契約社員(19)の2人を逮捕した。調べに対し1人は容疑を認め、もう1人は否認している。
 逮捕容疑は、2人は12日午後3時20分ごろ、鶴岡市みどり町の路上で、同市の70代女性が所持する巾着袋を引っ張ったり、引きずり倒したりして、現金5万円と眼鏡ケースなどが入った巾着袋1個(時価計2000円相当)を奪い、左腕などに全治10日のけがを負わせた。
 同署によると、現場近くにいた男性が110番。同署員が現場に駆けつけたが、男2人は現場から車で逃走。県警交通機動隊庄内分駐隊員が2人を見つけ、鶴岡署内で逮捕した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180714/afr1807140012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

水戸、空き地に超軽量飛行機墜落 操縦の73歳男性死亡(14日)共同

14日午前10時10分ごろ、水戸市元石川町の空き地に超軽量飛行機(ウルトラライトプレーン)が墜落し、操縦していた水戸市元吉田町の会社員山口雅之さん(73)が搬送先の病院で死亡が確認された。
 水戸署によると、機体は長さが約6メートル、主翼の幅は約8メートル。プロペラや翼に破損があり、同署が当時の飛行ルートや詳しい状況を調べている。
 墜落を目撃し、通報した建設業関口将人さん(24)は「『バコーン』という音が響き、振り返ると墜落した機体が目に入った」と話し、燃料とみられる液体が漏れていたという。
 現場はJR水戸駅から南東に約5キロの住宅造成地。
https://this.kiji.is/390725725005349985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

道頓堀に男性投げ落とし男を逮捕(14日)NHK

大阪・ミナミの道頓堀川に、泥酔状態だった知人の男性を投げ落として死亡させたとして、警察が33歳の男を殺人の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かりました。
調べに対し、容疑を否認しているということです。
  今月11日の午後10時半すぎ、大阪の繁華街ミナミの道頓堀川で、「男の人が川に落ちて上がってこない」と通行人から消防に通報がありました。
川に落ちたのは大阪市内に住む23歳の男性で、救助されて病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
捜査関係者によりますと、男性と一緒にいた男女3人は「自分で川に飛び込んだ」と説明していましたが、警察が周辺の防犯カメラを調べたところ、このうちの1人の男が後ろから抱えて落とす様子が写っていたということです。
男性は、当時、泥酔状態だったということで、警察は故意に落として死亡させたとして知人で風俗店店長の泉谷卓宏容疑者(33)を殺人の疑いで逮捕しました。
また、溺れた男性を助けなかったとして、37歳の男と21歳の女も重過失致死などの疑いで逮捕しました。
捜査関係者によりますと、調べに対し、泉谷容疑者は「酔った悪ふざけで飛び込みをあおったら自分で落ちた」などと容疑を否認しているということです。
警察が詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180714/0004030.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

捜査が及ばないよう計画か 友人にレンタカーを依頼(14日)テレビ朝日

東京・台東区で中国人の男性が約2億円を盗まれた事件で、逮捕された男は犯行グループではない友人に逃走用のレンタカーを借りるよう頼んでいたことが分かりました。
 住田健太郎容疑者(27)ら5人は去年11月、台東区で中国人男性(48)から現金1億9000万円の入ったキャリーバッグを盗んだ疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、住田容疑者が自分たちに捜査が及ばないよう、犯行グループではない事件とまったく関係ない友人にレンタカーを借りるよう頼んでいたことが分かりました。現場付近の防犯カメラには、盗んだキャリーバッグを積んだレンタカーを住田容疑者が運転して逃走する様子が映っていました。5人は容疑を否認しています。警視庁は5人が事前に綿密な計画を立てていたとみて調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131757.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

障がい持つ少女にわいせつ行為か ヘルパーの男逮捕(14日)テレビ朝日

東京・江東区の住宅で63歳のヘルパーの男が重い障害を持つ10代の少女の胸を触るなど、わいせつな行為をしたとして逮捕されました。
 ホームヘルパーの西山和貴容疑者は2日、江東区の住宅で10代の少女に対して介助を装って胸を触るなど、わいせつな行為をした疑いが持たれています。警視庁によりますと、少女は重い知的障害と体の障害があり、食事の介助やマッサージを受けていたということです。少女が西山容疑者が訪れると普段と違う声を出すため、父親が不審に思い、部屋にカメラを設置して発覚しました。西山容疑者は取り調べに対して認否を留保していて、「胸の下の筋肉をほぐすためだった」と話しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131759.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

真夏日の部活「校舎80周走れ」…中2倒れ搬送(14日)読売

大津市立中学2年の男子生徒(14)がソフトテニス部の部活動中、30歳代の顧問の男性教諭から「校舎の周りを80周走ってこい」と指示され、走っている途中に熱中症で倒れて救急搬送されていたことがわかった。市教育委員会は「体罰に当たる指示」と認め、学校側は「行き過ぎた指導だった」として、生徒と保護者に謝罪した。教諭は顧問を外れ、当面、自宅謹慎するという。
 市教委によると、男性教諭は12日午後の練習中、生徒にミスが目立つなどとして、80周走るよう指示。午後5時10分頃、生徒が学校の敷地内で倒れているのを、出入りしていた工事作業員が発見し、教頭が119番した。生徒は搬送先の病院で熱中症と診断されたが、夜には回復し、帰宅した。校舎の周囲は約230メートルで、80周は約18キロになる。生徒は「9周目で倒れた」と話しているという。
 彦根地方気象台(滋賀県彦根市)によると、12日午後5時の大津市の気温は30・1度だった。https://www.yomiuri.co.jp/national/20180714-OYT1T50068.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

災害対策本部会議で「特定非常災害」に指定(14日)産経

 安倍晋三首相は14日午前、首相官邸で開いた西日本豪雨の非常災害対策本部会議で、今回の豪雨を「特定非常災害」に指定すると表明した。同日の持ち回り閣議で決定した。指定により、運転免許証の有効期限延長など行政上の特例措置が実施可能になる。また、首相は15日に広島県の被災地を視察する日程も明らかにした。
 首相は会議で「被災者の目線に立ち、現場主義を徹底し、一日も早い被災地の復旧、生活再建に全力を尽くしていく」と述べた。
 特定非常災害の指定は東日本大震災や熊本地震などこれまで4件で、豪雨での適用は初めて。
 大規模災害では、被災者が行政手続きのために役所の窓口に出向くのが難しく、役所も災害対応に追われるケースが多い。指定によって被災者が生活再建、役所も復旧・復興に集中できる態勢にする。具体的には、免許証などの期限を延長したり、仮設住宅の入居期限を延ばしたりすることが可能になる。
 首相はまた、政府や自治体職員による被災地への応援派遣増強なども指示した。
http://www.sankei.com/politics/news/180714/plt1807140012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海外贈賄、司法取引初適用 捜査に協力、企業免責(14日)共同

 タイの発電所建設事業に絡んで浮上した現地の公務員への贈賄疑惑について、事業を受注した日本企業と東京地検特捜部との間で、法人の刑事責任を免れる見返りに、不正に関与した社員への捜査に協力する司法取引(協議・合意制度)が成立したことが14日、関係者への取材で分かった。6月に制度が始まって以降、初適用となる。
 特捜部は今後、社員ら個人の刑事責任を追及する。法人としての企業の起訴は見送るとみられる。
 関係者によると、この企業は大手発電機メーカー「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)。特捜部は不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の疑いで捜査している。
https://this.kiji.is/390690624178766945?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署で取り調べ中に自傷 「今後指導を徹底する」(14日)テレビ朝日

埼玉県の警察署で男が取り調べ中に警察官の目を盗んで自分の首にナイフを押し当て、軽いけがをしました。
 警察によりますと、埼玉県の東入間警察署で9日、取り調べを受けていた鷲尾学容疑者(36)が警察官の不意を突いて机の上にあった折り畳みナイフを自分の首に押し当てました。鷲尾容疑者は軽いけがをしました。
 鷲尾容疑者は埼玉県ふじみ野市内の病院に現金を盗む目的で侵入し、駆け付けた警察官をバールで殴ってけがをさせた疑いで取り調べを受けていましたが、ポケットからナイフが出てきたため、警察官が本人の所持品かどうかを確認していた最中でした。鷲尾容疑者は「死ぬつもりはなかった」と話しているということです。埼玉県警は「容疑者とナイフの距離を置く配慮が必要だった」「今後、指導を徹底する」とコメントしています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131750.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»選挙集会狙ったテロ相次ぐ パキスタン(14日)TBS

今月25日に総選挙と州議会選挙を控えるパキスタンで13日、選挙集会を狙ったテロが相次ぎ、少なくとも132人が死亡しました。
 パキスタン南西部クエッタで13日、州議会選挙の候補者による選挙集会中に男が身につけていた爆発物を爆発させました。警察当局によると、集会には1000人を超える人が参加していて、ロイター通信によりますと、選挙の候補者を含む128人が死亡、150人を超える負傷者が出ました。
 この自爆テロについて、過激派組織「イスラム国」系の情報サイト「アーマーク通信」が犯行を行ったと主張する声明を発表しています。
 また同じ日には、北西部でも選挙活動中のイスラム政党の車列を狙った爆発があり、少なくとも4人が死亡しました。
 今月25日に総選挙と州議会選挙を控えるパキスタンですが、治安の悪化が懸念されています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3420757.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ホームヘルパーの男、介助装い10代女性にわいせつ行為(14日)TBS

63歳のホームヘルパーの男が、介助を装い障がいを持つ10代の女性の胸を触るなど、わいせつな行為をしたとして警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは東京・港区のホームヘルパー・西山和貴容疑者(63)で、今月2日、江東区の障がいを持つ10代の女性の自宅で、介助を装って女性の胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。女性は会話することができず寝たきりの生活で、西山容疑者が9年前から介助を担当していました。
 女性は父親と2人暮らしで、先月下旬ごろから西山容疑者の訪問中に女性の苦しそうな声が聞こえるようになったため、不審に思った父親が部屋にカメラを設置し、事件が発覚したということです。
 取り調べに対し、西山容疑者は「胸の下の筋肉をほぐしていただけです。突然のことなので、弁護士と相談してから話します」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3421301.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア情報部員12人を起訴=大統領選介入を認定-米特別検察官(14日)時事

【ワシントン時事】トランプ米政権のロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官は13日、2016年大統領選に介入した罪で、ロシアの情報部員12人を起訴した。特別検察官は2月に選挙介入に関わったロシア人13人を起訴しているが、ロシア当局の関与が捜査で明らかになるのは初めて。
 トランプ大統領は16日にロシアのプーチン大統領とフィンランドで会談する。ロシア当局者の起訴が影響を及ぼすのは必至だ。
 起訴状によると、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の情報部員12人は、16年3月ごろから、民主党全国委員会などにサイバー攻撃を仕掛け、ヒラリー・クリントン候補の運動員やボランティアのメールアドレスなどを取得。選挙結果に影響を及ぼすため、盗み出した文書やメールをインターネット上に流出させた。7月にはクリントン氏の事務所や運動員も攻撃対象に加えた。
 記者会見したローゼンスタイン司法副長官は「大統領選に影響を与えることがロシアの目的だった」と指摘する一方、サイバー攻撃に米国人が関わった証拠は現段階ではないと説明。起訴を事前にトランプ氏に報告したことも明らかにした。
 他方、ロシア外務省は、起訴された12人について「ロシア軍当局やサイバー攻撃とのつながりを示す証拠はない」と述べ、関与を否定した。(2018/07/14-07:24)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018071400252&g=int

| コメント (0) | トラックバック (0)

元モー娘・道重さゆみさん写真集を発売日に万引 63歳男逮捕「家で見たかった」(14日)産経

アイドルグループ「モーニング娘。」の元リーダーでタレントの道重さゆみさん(29)の写真集を万引したとして、新潟県警新潟署は13日、窃盗の疑いで新潟市西区西有明町の無職の男(63)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前11時50分ごろ、同市中央区の書店で道重さんの写真集「DREAM」(2500円)を盗んだとしている。警備員が、店内でかばんの中に写真集を入れ会計せずにそのまま店を出た男を取り押さえ、署員に引き渡した。
 「DREAM」は道重さんの約3年9カ月ぶりの写真集で、米ロサンゼルスなどで撮影され、この日が発売日だった。男は「女性アイドルが好きで、家に帰って見たかった」と供述しているという。http://www.sankei.com/affairs/news/180713/afr1807130030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DV被害者の書類紛失 見つからず再転居、川崎市(14日)産経

川崎市は13日、ドメスティックバイオレンス(DV)被害に遭い、神奈川県内の施設に一時保護されていた女性の転居先などが記された書類を紛失したと発表した。見つかっておらず、女性は再び転居を余儀なくされた。
 市によると、女性は5月29日に施設から転居。その際に立ち会った女性職員が施設側から女性の氏名や生年月日、転居先が記された「退所通知書」を受け取ったが、帰宅後に紛失に気付いた。翌30日に上司に報告し、立ち寄り先などを捜したが見つからなかった。
 市は女性に謝罪し、警察に遺失物届を提出。女性は7月初旬に再転居し、かかった費用約30万円は市が負担した。
 退所通知書は本来、施設が市に郵送する決まりだったといい、市児童家庭支援・虐待対策室の堀田彰恵室長は「命に関わる問題として慎重に取り扱う必要があった。心からおわびし、再発防止を徹底する」と話した。
http://www.sankei.com/affairs/news/180713/afr1807130039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

法務省かたる詐欺相次ぐ 全国で被害1億2千万円(14日)共同

法務省の名をかたる架空請求詐欺事件が全国各地で相次ぎ、これまでの被害額は計約1億2千万円に上ることが14日、分かった。「裁判の被告になった。連絡がなければ財産を差し押さえる」との内容のはがきを送って不安をあおり、連絡してきた被害者から金をだまし取る手口で、法務省がホームページなどで注意を呼び掛けている。
 法務省によると、2017年4月から18年3月末までに、全国の消費生活センターに計3万1615件の相談が寄せられ、うち113件は実際に被害に遭っていた。
https://this.kiji.is/390625063118259297?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に5人遺体 集団練炭自殺か(14日)NHK

13日夜、東京・江戸川区の住宅で、男女5人が死亡しているのが見つかりました。
いずれも目立った外傷はなく、室内から複数の練炭が見つかっていて、警視庁は、この家に住む男性がツイッターで知り合った知人に自殺をほのめかしていたことから集団で練炭自殺を図ったとみて、5人の関係性を調べています。
  13日昼ごろ、神奈川県に住む20代の女性から「ツイッターで知り合った東京・江戸川区に住む男性が自殺しようとしている」と、神奈川県警を通じて警視庁に連絡がありました。
警視庁は、13日午後9時ごろ、男性が住む江戸川区西一之江の住宅に確認に訪れたところ、2階の洋室から5人の遺体が見つかりました。
警視庁によりますと、男性が1人、女性が3人で、残る1人は性別が分からないということです。
5人に目立った外傷はなく、遺体のそばからは複数の練炭が見つかっていて、窓は粘着テープで目張りがされていたということです。
警視庁には、2日前にもこの家の男性が自殺をほのめかしていると、知り合いから通報があり、警察官が住宅を訪れましたが、電気は消え鍵はかかっていて、返事はなかったということです。
警視庁は、これまでの状況から、この家の男性を含む5人が集団で練炭自殺を図ったとみて、身元の確認を進めるとともに、5人の関係性を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180714/0014710.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンプレッサーで体内に空気注入 同僚死亡させた疑い男逮捕(14日)NHK

茨城県龍ケ崎市の会社で、空気を放出するエアコンプレッサーを使って会社員の男性の体内に空気を注入する暴行を加えて死亡させたとして、同僚の男が傷害致死の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し、容疑を認めたうえで「悪ふざけでやってしまった」と供述しているということです。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

相次ぐ教師の不祥事 再発防止で意見交換会も(14日)テレビ朝日

神奈川県はわいせつ行為などをした公立の高校や中学の教師5人に対して、懲戒免職などの処分を行いました。
 神奈川県は、去年12月から今年1月にかけて同じ高校の女子生徒にみだらな行為をした36歳の男性教師を免職処分にしました。また、おととし11月から今年1月ごろに高校の部活動中に女子生徒7人に対し、数十回の体罰を加えた59歳の男性教師を減給処分にしました。他にも高校教師2人がわいせつ行為で、中学の教師1人が無免許運転で、それぞれ免職処分になりました。相次ぐ不祥事を受け、神奈川県の教育委員会は全教職員に対して緊急メッセージを出し、今後、再発防止に向けた意見交換会などを行う方針です。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131730.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷署の交通部門トップが“痴漢”→書類送検(14日)テレビ朝日

警視庁の男性警視が東京・渋谷で女性の尻を触ったとして書類送検されました。
 警視庁・世田谷警察署に勤務する50代の男性警視は今年5月、渋谷区の路上で20代の女性の尻を触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性が110番通報して事件が発覚しました。警視は世田谷署の交通部門トップの交通官で、当時、酒に酔っていたとみられています。警視は任意の事情聴取に対して容疑を認めていて、警視庁は近く警視を懲戒処分にする方針です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131710.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災地に専門家ら派遣 がれき撤去など支援始まる(14日)テレビ朝日

西日本豪雨で生じた大量のがれきやごみの処理を支援するため、環境省は専門家ら約20人を被災地に派遣しました。
 環境省によりますと、岡山県倉敷市などでは西日本豪雨によって流された家財道具などのがれきがごみの仮置き場に山積みになっていて、自治体による処理が追い付いていないということです。環境省は、13日までに岡山県や広島県など被害の大きい5府県に職員や専門家で構成した約20人を派遣して、がれきの撤去などの支援を始めました。また、岡山県高梁市と広島県呉市では、ごみ焼却施設が豪雨で故障して使えなくなっていて、環境省は要望に応じてごみ収集運搬車の派遣を調整するなど廃棄物処理が進むよう支援を広げる方針です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000131742.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“首に切り傷”60歳くらい男女遺体、福井・九頭竜ダム近く(14日)TBS

 13日午後3時半ごろ、福井県大野市にある九頭竜ダム近くの残土置き場で、60歳くらいの男女2人が死亡しているのを作業員が見つけました。
 2人の遺体の首のあたりには切り傷があるということで、警察が事件と自殺の両面で調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3420799.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月13日 | トップページ | 2018年7月15日 »