« 「刑事免責制度」を初適用 覚醒剤密輸の共犯に、東京地裁で初公判(19日)産経 | トップページ | 重要参考人の映像公開、情報は7件…チラシ配布(19日)読売 »

2018年6月19日 (火)

DV別居女性の住所書類、市が確認怠り夫に発送(19日)読売

 岐阜県関市は18日、夫からDV(配偶者や恋人からの暴力)被害を受けて別居している女性の住所が記載されている書類を、誤って夫に発送していたと発表した。女性は転居し、同居する子供も転校を余儀なくされたという。同市は女性に謝罪し、転居費用の補償などを申し出た。
 市によると、女性は5月初旬、夫に住所を伝えないよう市側に求める「支援措置申出書」を提出していたが、子ども家庭課員が確認を怠り、同月30日、女性の現住所が記載された児童手当に関する書類を夫に送付した。女性のスマートフォンに、夫から「自分の所に書類が来ている」と、書類の画像が送信されてきたため、女性が今月5日に警察に相談し、市の住所漏えいが発覚した。
(ここまで303文字 / 残り100文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180618-OYT1T50105.html?from=ycont_top_txt

« 「刑事免責制度」を初適用 覚醒剤密輸の共犯に、東京地裁で初公判(19日)産経 | トップページ | 重要参考人の映像公開、情報は7件…チラシ配布(19日)読売 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DV別居女性の住所書類、市が確認怠り夫に発送(19日)読売:

« 「刑事免責制度」を初適用 覚醒剤密輸の共犯に、東京地裁で初公判(19日)産経 | トップページ | 重要参考人の映像公開、情報は7件…チラシ配布(19日)読売 »