« 千葉県八千代市の住宅に女性2人の他殺体 親族男性は都内で自殺 県警が関連捜査(9日)産経 | トップページ | 獣医師免許を偽造、市の動物管理センターに勤務(9日)読売 »

2018年6月 9日 (土)

DNA鑑定どう評価=袴田事件、手法めぐり応酬-再審可否11日判断・東京高裁(9日)時事

再審の扉は開くのか。静岡県で1966年に一家4人が殺害された「袴田事件」の第2次再審請求即時抗告審で、東京高裁は11日、袴田巌さん(82)の再審を開始するか否かの判断を示す。裁判のやり直しを認めた静岡地裁決定から4年余り。地裁判断の決め手となったDNA型鑑定の信用性の評価が最大の焦点だ。

釈放4年「今も自分の世界」=袴田さん、姉と穏やかな日々

 事件は66年6月30日に発生。同県清水市(現静岡市)のみそ製造会社専務宅が放火され、4人の遺体が見つかった。県警は約1年2カ月後、近くのみそタンクから大量の血痕が付いたシャツやズボンを発見。確定した死刑判決は、これらの衣類を袴田さんのものと認定した。
 2008年申し立ての第2次再審請求審では、技術の進歩で、第1次請求審ではできなかった血痕のDNA型鑑定が実現した。袴田さんの型は検出されず、地裁は14年、「無罪を言い渡すべき新たな証拠」と判断。袴田さんは逮捕から48年ぶりに釈放され、検察側が即時抗告した。
 40年以上前の血痕のDNA型鑑定が信頼できるのか。東京高裁での審理の中心は、鑑定手法の検証だった。第2次請求審で鑑定した本田克也・筑波大教授は、常温保管された衣類から血液だけを抽出するため、試薬「レクチン」を使用した。血液型の判定に使われているが、刑事裁判の証拠となるDNA型鑑定に用いられたのは初めてだった。
 高裁から検証を委託された鈴木広一・大阪医科大教授は、古い血痕をレクチンに浸して再現実験を実施。約1年半をかけ、「DNAを分解する作用があり不適切」との報告書をまとめた。
 この報告書に基づき、検察側は「鑑定結果は信用できない」と主張したが、弁護団は「高濃度のレクチンを使うなど独自の条件で実験しており、検証になっていない」と反発。実験で少量のDNAが抽出されたことを逆手に取り、「結果の信用性は揺るぎない」と訴えている。(2018/06/09-15:18)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060900418&g=soc

« 千葉県八千代市の住宅に女性2人の他殺体 親族男性は都内で自殺 県警が関連捜査(9日)産経 | トップページ | 獣医師免許を偽造、市の動物管理センターに勤務(9日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66811554

この記事へのトラックバック一覧です: DNA鑑定どう評価=袴田事件、手法めぐり応酬-再審可否11日判断・東京高裁(9日)時事:

« 千葉県八千代市の住宅に女性2人の他殺体 親族男性は都内で自殺 県警が関連捜査(9日)産経 | トップページ | 獣医師免許を偽造、市の動物管理センターに勤務(9日)読売 »