« 警視庁が被害者遺族をプロ野球交流戦に招待(11日)産経 | トップページ | »猫40匹飼育の市営住宅、名古屋市が強制執行(11日)TBS »

2018年6月11日 (月)

過密ダイヤの新幹線「手荷物検査は非現実的」(11日)読売

 2015年6月に東海道新幹線内で起きた放火事件などを受け、JR東海では、これまでデッキのみだった新幹線の車内防犯カメラを各客室などにも設置するなど防犯強化に努める。
ただ、乗客への手荷物検査については、利便性の点などから慎重姿勢を示してきた。
 1日平均46万人が利用する東海道新幹線は、ピーク時は3分おきの過密ダイヤで運行しており、手荷物検査を実施すれば、大勢の乗客を長時間待たせることになりかねない。JR東海は「一人ひとりチェックするのは非現実的だ」とし、国土交通省の担当者も「時間ギリギリでも飛び込みで乗れるという鉄道の利便性が大きく損なわれる。検査場所の確保も難しい」と話す。
 テロ対策に詳しい公益財団法人「公共政策調査会」の板橋功・研究センター長は「日本は2020年東京五輪・パラリンピックなどの大型イベントを控えており、早急な対策が必要だ。防犯カメラだけでは抑止力として不十分で、無作為の検査などを検討する必要がある」と指摘する。

(ここまで421文字 / 残り97文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180611-OYT1T50018.html?from=ycont_top_txt

« 警視庁が被害者遺族をプロ野球交流戦に招待(11日)産経 | トップページ | »猫40匹飼育の市営住宅、名古屋市が強制執行(11日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過密ダイヤの新幹線「手荷物検査は非現実的」(11日)読売:

« 警視庁が被害者遺族をプロ野球交流戦に招待(11日)産経 | トップページ | »猫40匹飼育の市営住宅、名古屋市が強制執行(11日)TBS »