« 「ストレス発散」消防署員が下半身露出疑い 群馬(8日)産経 | トップページ | 警察への虐待情報提供に基準なし 児童相談所設置の32自治体(8日)西日本 »

2018年6月 8日 (金)

露当局、「オウム」幹部を逮捕 ロシア国内での活動の中心人物 日本と連絡か(8日)産経

ロシア連邦保安局(FSB)は7日までに、ロシアでテロ組織に認定されているオウム真理教の幹部で、ロシア国内での活動の中心人物とされるミハイル・ウスチャンツェフ容疑者を逮捕したと発表した。モスクワの裁判所は7日、勾留期間の3カ月延長を認めた。ロシアメディアが報じた。
 連邦捜査委員会によると、ウスチャンツェフ容疑者は日本の組織のリーダーらと連絡を取り、資金集めをしていたというが、日本の具体的な組織名には言及していない。同容疑者は南部ボルゴグラードで5月1日、組織の活動に勧誘する目的で地元住民と面会していた際に逮捕された。
 ロシアのオウム真理教は54地域に組織があり、年間500万ルーブル(約880万円)の寄付金を信者から集め、日本にも送金していたという。
 弁護士によると、過去にも逮捕されたことのあるウスチャンツェフ容疑者は「悪いことは何もしておらず、するつもりもない」と話しているという。
(共同)
http://www.sankei.com/affairs/news/180608/afr1806080003-n1.html

« 「ストレス発散」消防署員が下半身露出疑い 群馬(8日)産経 | トップページ | 警察への虐待情報提供に基準なし 児童相談所設置の32自治体(8日)西日本 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66807230

この記事へのトラックバック一覧です: 露当局、「オウム」幹部を逮捕 ロシア国内での活動の中心人物 日本と連絡か(8日)産経:

« 「ストレス発散」消防署員が下半身露出疑い 群馬(8日)産経 | トップページ | 警察への虐待情報提供に基準なし 児童相談所設置の32自治体(8日)西日本 »