« 和歌山の社長不審死1か月 覚醒剤摂取の経緯解明急ぐ(24日)NHK | トップページ | 地震の住宅被害5500棟に拡大 違反ブロック塀撤去進む(24日)共同 »

2018年6月24日 (日)

警察と少年鑑別所が連携へ(24日)NHK長崎

家出や暴力的な行為などで警察に相談が寄せられた少年たちの立ち直りを支援するため、長崎県警察本部と少年鑑別所が協定を結びました。
  22日、長崎県警察本部で行われた締結式には、田尻弘久生活安全部長と少年鑑別所の秋元聡所長が出席し、協定書にサインしました。
 協定によって、警察が家出や暴力的な行為などで相談を受けた場合、心理学などの専門家がいる少年鑑別所に依頼して、少年を立ち直らせるための面談やカウンセリングなどを行い、その分析結果をもとにアドバイスを受けることができます。
 警察は、県内で立ち直りの支援を継続的に行っている、およそ50人の少年のほか、新たに相談を受け付けた少年に対して、保護者の同意を得たうえで、少年鑑別所と協力して立ち直り支援にあたりたいとしています。
 こうした協定が結ばれるのは、九州では初めてだということです。
 生活安全部少年課の竹山和代少年サポートセンター長はたちなおえ「少年鑑別所が行う少年の心理面や性格面の分析を参考にしながら、本人や保護者などに対してこれまでよりきめ細かな対応ができるようになる」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180622/5030000985.html

« 和歌山の社長不審死1か月 覚醒剤摂取の経緯解明急ぐ(24日)NHK | トップページ | 地震の住宅被害5500棟に拡大 違反ブロック塀撤去進む(24日)共同 »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66863693

この記事へのトラックバック一覧です: 警察と少年鑑別所が連携へ(24日)NHK長崎:

« 和歌山の社長不審死1か月 覚醒剤摂取の経緯解明急ぐ(24日)NHK | トップページ | 地震の住宅被害5500棟に拡大 違反ブロック塀撤去進む(24日)共同 »