« 茨城・牛久の入管で3人自殺未遂 外国人収容者、長期化を悲観(25日)西日本 | トップページ | »線路脇で2人倒れる、5歳の弟死亡 兄は重体(26日)TBS »

2018年5月26日 (土)

»長野県で震度5強、一部住民は公民館で不安な夜過ごす(26日)TBS

25日夜、長野県で震度5強を観測する地震があり、一部の住民が公民館に避難して不安な夜を過ごしました。
 25日午後9時13分ごろ、長野県の北部を震源とする地震があり、栄村で震度5強、新潟県の十日町市などで震度4を観測しました。震源の深さは6キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.2と推定されています。震度5強を観測した栄村の森地区の商店では、酒のビンが倒れて割れたり、商品が棚から落ちたりしました。
 「最初ドンと来て、ちょっとたったらガタガタと(来た)」(住民)
 「(揺れは)『わっ』といっぺんに来て、食器が少し落ちた」(住民)
 「(揺れは)縦、横という感じ、『あっ』と思ったら、がんと来て、びっくりした」(住民)
 切欠地区の公民館には23人の住民が避難し、不安な夜を過ごしました。村は看護師や職員を派遣し、毛布や食料も用意していて、避難した住民は食事を取ることもできました。
 「結構、不安だった。怖かったというのもある」(住民)
 「またこれから余震が来れば恐怖を感じるのではないか」(住民)
 県や消防によりますと、これまでに、けが人などの情報は入っていません。栄村では、その後も震度1から3の地震が相次いで発生しています。
 気象庁は揺れの強かった地域では、今後1週間ほどは最大震度5強程度の地震が発生するおそれがあり、特に2、3日は強い揺れに注意するよう呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3379056.html

« 茨城・牛久の入管で3人自殺未遂 外国人収容者、長期化を悲観(25日)西日本 | トップページ | »線路脇で2人倒れる、5歳の弟死亡 兄は重体(26日)TBS »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: »長野県で震度5強、一部住民は公民館で不安な夜過ごす(26日)TBS:

« 茨城・牛久の入管で3人自殺未遂 外国人収容者、長期化を悲観(25日)西日本 | トップページ | »線路脇で2人倒れる、5歳の弟死亡 兄は重体(26日)TBS »