« 視力悪化放置容疑で父親を追送検 おり監禁、長男ほぼ失明(21日)西日本 | トップページ | 「ひかりの輪」が国を提訴 観察処分の取り消し求め(21日)朝日 »

2018年5月21日 (月)

福岡版DJポリスは人情派 4カ国語駆使、歩行者を守る(21日)朝日

 巧みな話術で雑踏警備にあたる「DJポリス」が、福岡県警にも誕生した。これまでと違うのは、めざしているのが交通安全という点。4カ国語を駆使して、歩行者に注意を呼びかけている。
 「グオマールー イーチエン チン カン イーシア ズオビエン ヨウビエン ダ アンチュエン(信号を渡る前に左右の安全を確認しましょう)」
 北九州八幡西区岸の浦2丁目の交差点。県警の神矢直樹警部補(39)が、現場指揮官車の上から中国語で語りかけた。手元には手のひらサイズのメモが一枚。英語や中国語、韓国語での発音などが書かれていた。
 県警によると、県内ではここ数年、道路を横断中に車などにはねられて死傷した人が2千人前後に上り、外国人の被害者も出ている。神矢さんは、横断歩道を渡る時は、信号が青でも左右を見ることなどを呼びかけた。
 通りかかった北九州市の公務員、内田美和さん(53)は「外国人も多いので、いいと思う。横断歩道でも安心せず、左右をよく見ないといけない」と話す。
 「福岡版DJポリス」が生まれたのは今年1月。きっかけは、福岡県などが2016年から取り組む「横断歩道マナーアップ運動」だった。活動が3年目に入る前の昨年末、県警内で「事故防止を効果的に訴えるために、DJポリスがいいのでは」と提案があった。
 交通企画課安全対策係長の神矢さんは「人前でしゃべるのが好きだった」と立候補。大学時代に第2外国語で中国語を学び、10年ほど前には「仕事で役に立つかもしれない」と英会話教室に通った経験もあった。
続く downwardleft

https://www.asahi.com/articles/ASL5162RTL51TIPE02C.html

 

« 視力悪化放置容疑で父親を追送検 おり監禁、長男ほぼ失明(21日)西日本 | トップページ | 「ひかりの輪」が国を提訴 観察処分の取り消し求め(21日)朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66743030

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡版DJポリスは人情派 4カ国語駆使、歩行者を守る(21日)朝日:

« 視力悪化放置容疑で父親を追送検 おり監禁、長男ほぼ失明(21日)西日本 | トップページ | 「ひかりの輪」が国を提訴 観察処分の取り消し求め(21日)朝日 »