« 給食に金属片や虫混入 山形・寒河江市立小(12日)産経 | トップページ | ひき逃げ容疑で男逮捕「無免許ばれるの嫌で逃げた」(12日)朝日 »

2018年5月12日 (土)

全国地検から相談450件=デジタル捜査、東京で支援-専門部署が発足1年(12日)時事

 パソコンやスマートフォン、防犯カメラなどに残された電子データを収集・分析して犯罪捜査に生かす「デジタルフォレンジック」(電子鑑識、DF)を専門的に担うDFセンターが東京地検に発足して1年余り。各地の地検から寄せられた相談は約450件に上り、地道な作業で検察の捜査を支えている。

〔写真特集〕未解決事件~3億円強奪から餃子の王将まで~

 昨年4月に発足したセンターには、検察事務官約10人が所属。最先端の技術に後れを取らないようにするため、任期付きで民間の専門家も採用し、消去されたメールや写真の復元などに当たっている。
 近年、特捜部を中心に検察が手掛ける独自捜査ではDFが果たす役割が大きい。関係者によると、リニア中央新幹線工事をめぐる談合事件でも、復元されたメールなどから大手ゼネコン幹部らによる会合が裏付けられたという。
 情報技術の革新や普及に伴い、DFの重要性はさらに高まるとみられ、センターは人材育成にも注力。全国の検察事務官向けの研修を実施し、捜査能力の底上げを図っている。
 センター責任者の與那城一成・情報解析監理官(54)によると、相談内容によっては現地に出向き、地元の検事や検察事務官とともに、データ解析に当たることもある。消去された数万枚分の写真データを復元し、特定の1枚を探し出すという依頼もあったという。
 與那城さんは「各地検からの依頼に正確に応えるとともに、人材育成に貢献して信頼される組織にしたい」と語った。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051200338&g=soc

« 給食に金属片や虫混入 山形・寒河江市立小(12日)産経 | トップページ | ひき逃げ容疑で男逮捕「無免許ばれるの嫌で逃げた」(12日)朝日 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66711701

この記事へのトラックバック一覧です: 全国地検から相談450件=デジタル捜査、東京で支援-専門部署が発足1年(12日)時事:

« 給食に金属片や虫混入 山形・寒河江市立小(12日)産経 | トップページ | ひき逃げ容疑で男逮捕「無免許ばれるの嫌で逃げた」(12日)朝日 »