« 長崎の住宅密集地で13棟焼く 焼け跡から1人の遺体(25日)西日本 | トップページ | 籠池被告ら保釈 森友問題で10か月近く勾留(25日)NHK »

2018年5月25日 (金)

空港周辺10か所、金属片20個以上散乱(25日)読売

 24日に熊本発羽田行きの日本航空632便(ボーイング767―300型)の左エンジンが破損し、部品が地上に落下したトラブルで、熊本空港周辺の約10か所でエンジン部品とみられる金属片20個以上が見つかったことがわかった。
 国土交通省は、事故につながる恐れがある「重大インシデント」に認定し、運輸安全委員会の事故調査官3人が25日、現地で調査を開始した。
 国交省や日航などによると、24日午後に熊本空港を離陸し、約25分後に引き返した同便は、エンジン後部にあるタービンブレード(羽根)が広範囲に破損。タービンブレードを覆うケースに、長さ約9センチの裂けたような穴が見つかった。
(ここまで286文字 / 残り438文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180525-OYT1T50098.html?from=ycont_top_txt

« 長崎の住宅密集地で13棟焼く 焼け跡から1人の遺体(25日)西日本 | トップページ | 籠池被告ら保釈 森友問題で10か月近く勾留(25日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空港周辺10か所、金属片20個以上散乱(25日)読売:

« 長崎の住宅密集地で13棟焼く 焼け跡から1人の遺体(25日)西日本 | トップページ | 籠池被告ら保釈 森友問題で10か月近く勾留(25日)NHK »