« PR不足?特殊詐欺防止の装置、利用低迷…秋田(13日)読売 | トップページ | ランドセルから家族以外の指紋(13日)NHK新潟 »

2018年5月13日 (日)

現場付近の通学路、見守り不在 要員減少に危機感(13日)朝日

新潟市西区の小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害されて線路に遺棄された事件で、大桃さんが下校時に通ったとみられる付近は、地域の人たちによる見守りが不在のところだった。
 地域で子どもたちを見守る取り組みはいま、どうなっているのか。
 「おはよう」「きょうは1人なの?」。11日午前7時半すぎ、大桃さんが通っていた新潟市西区の小針小学校近くの交差点では、黄色の帽子とジャンパー姿の人たちが、登校する児童に笑顔で声をかけていた。登校に付き添う保護者にも「この道は警察官もいて、安心だよ」と助言した。
 声をかけていたのは約10年前から登下校を見守る「小針こどもセーフティスタッフ」のメンバーで、現在は十数人で通学路に立つ。同小5年の女児の母親は「いつも子どもたちを見守ってくれる心強い存在」と話す。
 一方で、下校時は学年によって時間に幅があるため、立つメンバーが3人ほどのことも。事件当日、下校途中の大桃さんが1人で通ったとみられる踏切付近は、2、3年前から見守りが不在だという。メンバーの70代男性は「年々人が減り、埋められなかった場所。私もそろそろ引退。若い人は仕事があるし……」と話す。事件を受け、大桃さんの自宅がある東小針自治会では、見守り活動への参加を住人に呼びかけたが、役員の千田芳資(よしじ)さん(63)は「幅広く子どもたちを見守るには人数が足りない」と危機感を募らす。
■ボランティア担い手、育成…

残り:430文字/全文:1026文字
https://www.asahi.com/articles/ASL5C436FL5CUTIL016.html

« PR不足?特殊詐欺防止の装置、利用低迷…秋田(13日)読売 | トップページ | ランドセルから家族以外の指紋(13日)NHK新潟 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66713949

この記事へのトラックバック一覧です: 現場付近の通学路、見守り不在 要員減少に危機感(13日)朝日:

« PR不足?特殊詐欺防止の装置、利用低迷…秋田(13日)読売 | トップページ | ランドセルから家族以外の指紋(13日)NHK新潟 »