« 防衛省が小西洋之参院議員に暴言の3佐を訓戒処分 「国民の敵だ」発言は認定せず(9日)産経 | トップページ | 虚偽DV訴訟、親権のための法的テクニック 社会問題化「制度見直すべきだ」(9日)産経 »

2018年5月 9日 (水)

【警部補が強盗容疑】足取り途絶え捜査難航 公開手配モタモタの群馬県警「知人のもとに現れると思ってた」(9日)産経

群馬県嬬恋村の商店で2日に現金約1万円などが奪われた事件で、県警は8日、指名手配していた県警捜査2課の警部補、宮腰大容疑者(37)=高崎市新保町=が出身地の富山県内に逃げた可能性が高いと明らかにした。9日で事件発生から1週間を迎えるが、宮腰容疑者の足取りは途絶え、捜査は行き詰まりを見せている。(前橋支局 住谷早紀、糸魚川千尋)
 県警は2日深夜、事件に宮腰容疑者が関与した疑いがあるとみて、事後強盗容疑で逮捕状を請求。「地の利があるところ」(幹部)に逃げるとにらみ、出身地の富山県方向に捜査の手を伸ばした。
 防犯カメラの解析などによると、宮腰容疑者が現場近くの民家から盗んだ白の軽自動車が最初に確認されたのは、同日午前7時過ぎ。長野県松本市の工場のカメラに、車のナンバーまで鮮明に写っていた。約2時間後には岐阜県の有料道路、安房峠道路の平湯料金所で料金を支払う様子が確認できたという。
 しかし、午後3時に宮腰容疑者が運転していたとみられる車が富山市の県道を走行している様子が確認できたのを最後に、足取りは途絶えている。県警は、1週間近く車の行方が分からないことから、新たな逃走手段に切り替えた可能性も視野に捜査を進めている。
続きを読む

« 防衛省が小西洋之参院議員に暴言の3佐を訓戒処分 「国民の敵だ」発言は認定せず(9日)産経 | トップページ | 虚偽DV訴訟、親権のための法的テクニック 社会問題化「制度見直すべきだ」(9日)産経 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【警部補が強盗容疑】足取り途絶え捜査難航 公開手配モタモタの群馬県警「知人のもとに現れると思ってた」(9日)産経:

« 防衛省が小西洋之参院議員に暴言の3佐を訓戒処分 「国民の敵だ」発言は認定せず(9日)産経 | トップページ | 虚偽DV訴訟、親権のための法的テクニック 社会問題化「制度見直すべきだ」(9日)産経 »