« 吉祥寺駅でけんか、電車に接触し重体の男性死亡(4日)読売 | トップページ | 金塊2000億円分密輸 釜山地検 韓国人10人起訴 韓国経由日本へ(4日)西日本 »

2018年5月 4日 (金)

【劇場型半島】「ナッツ&水かけ」姉妹の大韓航空財閥一家 横暴続々…自社機で贅沢品「密輸」も?(4日)産経

大韓航空の前専務が取引先との会議で、声を荒らげて相手に水をぶちまけたパワハラ容疑で韓国警察が捜査を進めている。前専務は大韓航空を中核にした財閥会長の次女で、ナッツの出し方に腹を立て機体を引き返させ、「ナッツ姫」と呼ばれた元副社長の妹だ。その後も一家をめぐる疑惑が次々浮上。母親の暴行疑惑に加え、一家が自社機や社員を使ってぜいたく品を「密輸」していた疑いで強制捜査にも発展した。(ソウル 桜井紀雄)
 水をかけて強制捜査は「やり過ぎ」?
 大韓航空を傘下に置く韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女で当時、大韓航空の専務だった趙顕(ヒョン)ミン氏(34)に関するインターネット上の匿名掲示板への投稿がきっかけだった。
 広告代理店との3月の会議で、担当者が質問に答えられなかったことに、顕ミン氏が激怒して飲み物のボトルを壁に投げ付けた上、担当者の顔に向けてコップの水をかけ、担当者を追い出したとの内容だった。
 姉で副社長だった趙顕娥(ヒョナ)氏が2014年12月、ナッツ・リターン事件で逮捕され、執行猶予付き有罪が確定していただけに、パワハラ疑惑が拡大すると、顕ミン氏はネット上に謝罪文を掲載するなど、すぐさま火消しに回った。いったん休暇で海外に出かけたが、4月15日に急遽(きゅうきょ)帰国し、大韓航空の全社員に「全て私の過ち。法的な責任を全うし、いかなる非難も甘受する」と謝罪メールを送った。
続きを読む

« 吉祥寺駅でけんか、電車に接触し重体の男性死亡(4日)読売 | トップページ | 金塊2000億円分密輸 釜山地検 韓国人10人起訴 韓国経由日本へ(4日)西日本 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【劇場型半島】「ナッツ&水かけ」姉妹の大韓航空財閥一家 横暴続々…自社機で贅沢品「密輸」も?(4日)産経:

« 吉祥寺駅でけんか、電車に接触し重体の男性死亡(4日)読売 | トップページ | 金塊2000億円分密輸 釜山地検 韓国人10人起訴 韓国経由日本へ(4日)西日本 »