« 睡眠障害で重傷事故、危険運転容疑で初の逮捕(22日)読売 | トップページ | 北違法操業、海保が漁期前に監視 大和堆、巡視船5隻、新潟港に(22日)産経 »

2018年5月22日 (火)

古い消火器を新品と偽り販売(22日)NHK北海道

ことし1月、江別市の80代の男性に耐用年数が過ぎた古い消火器を新品と偽って売りつけ、代金をだまし取ったなどとして札幌市の70代の男が詐欺などの疑いで逮捕されました。
警察は男が同様の手口で高齢者に消火器を売りつけ、被害はのべ1700人あまり、およそ680万円に上るとみて詳しく調べています。
  逮捕されたのは、札幌市東区の消火器販売業、佐藤洋一容疑者(72)です。
警察によりますと、佐藤容疑者はことし1月、江別市の82歳の男性宅を訪れ、消火器の交換を装い耐用年数が過ぎた古い消火器を新品と偽って販売し代金3000円をだましとったほか、クーリングオフに関する必要な書類を交付しなかったとして詐欺と特定商取引法違反の疑いが持たれています。
佐藤容疑者は交換した古い消火器に「点検済」のシールを貼って新品と装い、別の高齢者に売りつけていたということで、調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察によりますと佐藤容疑者は同様の手口で3年前から札幌市や江別市などの高齢者を狙って中古の消火器を売りつけていたということで、警察は、被害はのべ1700人あまり、およそ680万円に上るとみて詳しく調べています。
 ところで、消防法では消火器を一般家庭に設置する義務は定められておらず、一般家庭にある消火器の点検の義務もありません。
メーカーは自主的に使用期限の目安をおおむね5年程度と定めていて、消火器の容器に製造年とともに使用期限が記されています。
メーカーによりますと、消火器は5年を超えると容器の腐食などで内部の圧力が不均衡となり使用する際、爆発する恐れがあるということです。
使用期限を迎えた消火器は販売店で新しい消火器を購入すると、古いものを無料で引き取る方法や消火器に「リサイクル実験シール」があれば基本的に無料で引き取ってくれるほか、道内370か所あまりの回収窓口に持ち込むこともできます。
札幌市消防局では「公的機関などで家庭向けの消火器の買い換えや点検などは行っていないことから、こうした詐欺に気をつけて欲しい」と話しています。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180521/0000150.html

« 睡眠障害で重傷事故、危険運転容疑で初の逮捕(22日)読売 | トップページ | 北違法操業、海保が漁期前に監視 大和堆、巡視船5隻、新潟港に(22日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66746522

この記事へのトラックバック一覧です: 古い消火器を新品と偽り販売(22日)NHK北海道:

« 睡眠障害で重傷事故、危険運転容疑で初の逮捕(22日)読売 | トップページ | 北違法操業、海保が漁期前に監視 大和堆、巡視船5隻、新潟港に(22日)産経 »