« 従業員は帰宅し無人 さいたま市の倉庫で火災(5日)テレビ朝日 | トップページ | 歌舞伎町のバーで動画配信中に酔って女性殴る 容疑でユーチューバー逮捕(5日)産経 »

2018年5月 5日 (土)

司法ムラに新風 特捜神話の崩壊 平成の30年 改革 光と影(5)(5日)

特捜部を金看板として掲げる検察にとって、平成の30年は激動の時代となった。権威を失墜させたのは組織内にはびこる悪弊と、司法ムラに「市民の常識」を招き入れた司法改革。そして特捜神話の崩壊を受け、新たな刑事司法の改革が動き出した。
 「被告が裁判で収賄容疑を全面否認しているニュースを見て、申し訳ない気持ちになった。だって賄賂なんて、本当に渡してないんですから」「取り調べに徹底抗戦していたら、関係のない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30077930S8A500C1000000/

« 従業員は帰宅し無人 さいたま市の倉庫で火災(5日)テレビ朝日 | トップページ | 歌舞伎町のバーで動画配信中に酔って女性殴る 容疑でユーチューバー逮捕(5日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/66685205

この記事へのトラックバック一覧です: 司法ムラに新風 特捜神話の崩壊 平成の30年 改革 光と影(5)(5日):

« 従業員は帰宅し無人 さいたま市の倉庫で火災(5日)テレビ朝日 | トップページ | 歌舞伎町のバーで動画配信中に酔って女性殴る 容疑でユーチューバー逮捕(5日)産経 »