« 2018年5月27日 | トップページ | 2018年5月29日 »

2018年5月28日

2018年5月28日 (月)

交際相手の3歳長男に熱湯=傷害容疑で男逮捕-栃木県警(28日)時事

 交際相手の3歳の長男=栃木県真岡市=に熱湯を掛けてやけどを負わせたとして、県警真岡署は28日、傷害容疑で無職中溝毅容疑者(32)=神奈川県藤沢市遠藤=を逮捕した。「何もやっていない」と否認しているという。
猫に熱湯、元税理士に猶予判決=「虐待動画の公開目的」

 逮捕容疑は13日午前2時半ごろ、神奈川県内のホテルの一室で、長男をソファに投げ飛ばして熱湯を掛けるなどし、右頬や両耳の後ろなどに全治約1カ月のやけどを負わせた疑い。
 真岡署によると、室内で寝ていた母親(28)が泣き声で目覚め、長男が投げ飛ばされたのを目撃。さらに目を離した隙に、熱湯を掛けられていたという。
 長男の幼稚園から「虐待の可能性がある」と連絡を受けた真岡市職員が、同署に通報して発覚した。長男にはたばこを押し付けられたような痕もあり、同署は関連を調べる。(2018/05/28-21:11)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052801012&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物持ち接近され警官発砲 5発中4発命中し容疑者死亡(28日)朝日

28日午後4時半ごろ、熊本市東区新南部(しんなべ)5丁目で、男性(65)から「包丁で男に顔を切られた」と110番通報があった。熊本県警によると、男性と同じアパートに住む容疑者とみられる男は、通報場所から約400メートル離れた熊本市消防局東消防署託麻出張所近くで、駆けつけた警察官に刃物を持って向かってきたため、男性巡査長(40)が警告して拳銃5発を発砲。4発が命中し、男は搬送先の病院でまもなく死亡した。
 県警熊本東署は、正当な理由なく包丁(刃体約15センチ)を所持していたとして、この男を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕し、搬送のため釈放した。発砲した巡査長も、男に刃物で顔3カ所を切られて重傷。通報した男性は顔を切られて軽傷を負った。
 県警によると、男性は通報時に「男と口論していたら切られた」と説明。顔から血を流していたこの男性に通行人が声をかけたところ、男が通行人を追いかけ出したため、通行人は託麻出張所に逃げ込んだ。この後、消防が「刃物を持った男が玄関に来ている」と110番通報したという。
 男は、託麻出張所に到着した巡査長に刃物を持って接近。巡査長は男に「止まれ」と警告したが、男が無視したため、発砲。弾は胴体や右腕にあたったという。男は熊本市内の病院に運ばれたが、午後5時44分に死亡が確認された。
 現場近くで仕事をしていた男性によると、午後4時半ごろ、大きな爆竹のような音が複数回聞こえた。その後、パトカーのサイレンが聞こえ、事件に気がついたという。この男性は「外へ出てみたら規制線が張られていた」と話した。
 発砲があった現場は、JR豊肥線竜田口駅から東へ約500メートルの国道近く。
https://www.asahi.com/articles/ASL5X6CTJL5XTIPE04H.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物で切り付け 男は発砲で死亡(28日)NHK熊本

28日夕方、熊本市東区で、男性が男に刃物で切りつけられさらに、駆けつけた警察官も同じ男に刃物で切られてけがをしました。
警察によりますと、警察官が拳銃を5発発砲し男は死亡したということで、詳しい状況を調べています。
  警察によりますと28日午後4時半ごろ、熊本市東区新南部5丁目で「男に包丁で切りつけられけがをした」と被害を受けた60代の男性から警察に通報がありました。
さらに、この男が近くの消防署の出張所で緊急車両の車庫の前をふさいでいるという通報があり、警察官が駆けつけたところ、男に抵抗され警察官も包丁で切りつけられたということです。
 このため警察官が男に向けて拳銃を5発発砲し、男は弾に当たって病院に搬送されましたが死亡したということです。
 警察によりますと、男は30代とみられ最初に切りつけられた男性はほおに軽いけがをし、警察官も顔にけがをしましたが命に別状はないということです。
 包丁は刃渡り15センチほどで、男は男性を切りつけたのを目撃した別の男性も襲おうとしたということで、この男性は、消防署に駆け込んだため無事でした。
 警察は最初に切りつけられた男性と男との間にトラブルがあったとみて詳しい状況を調べています。
 最初に男性が切りつけられた現場近くに住む30代の女性は、「帰宅途中で信号待ちをしていたら横断歩道を男性が一目散に走って行くのを見た。少ししたらもう一人、男性が走ってきて手に何か握っているのが見えた。家の近くに戻ってくると男性が頭から血を流して倒れていてただ事じゃないと思いました」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20180528/5000002380.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

居候の25歳女性の歯をペンチで折り、熱湯かける 2カ月間にわたり虐待か 傷害容疑で同居の男女逮捕(28日)産経

 同居をしていた無職の女性(25)に熱湯をかけ、ペンチで歯を折るなどの暴行を加えたとして、千葉県警佐倉署は28日、傷害の疑いで自称会社員の高村良容疑者(28)と、内縁の妻で自称自営業の小倉実里容疑者(27)=いずれも同県酒々井町ふじき野=を逮捕した。2人は「熱湯をかけた覚えはない」などと、容疑を一部否認している。
 逮捕容疑は共謀の上、3月初旬から5月18日までの間、自宅でペンチを用いて女性の歯を折ったり、顔に熱湯をかけたりするなどの暴行を加えたとしている。女性は全身に打撲の痕ややけどがあり、重傷とみられる。
 同署によると、小倉容疑者は女性が以前働いていたエステ店の元上司で、家庭の事情で住む場所に困っていた女性を同居させていた。18日に自宅近くのコンビニの女性店員が「3カ月前から顔などを腫らした女性がいる」と警察に相談し事件が発覚。女性は調べに対し「怖くて逃げることができなかった」などと話しているという。
 同署は2人が女性に日常的に暴行を加えていたとみて、捜査を進める。
http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

陸自ヘリ、ボルト破断羽根外れる 異常から12~14秒後墜落か(28日)共同

佐賀県神埼市で2月、陸上自衛隊の戦闘ヘリが住宅に墜落した事故を巡り、陸自は28日に公表した中間報告で「メインローターヘッド」の金属製ボルトが破断した結果、羽根が外れたり、操縦席や機体にぶつかったりする異常が起き、墜落したと明らかにした。墜落までの時間は、羽根がぶつかる異常が発生してから約12~14秒だったという。
 陸自の中間報告によると、メインローターヘッドは主回転翼の羽根と機体の回転軸をつなぐ役割がある。ボルトは長さ6cm、直径7cm。このボルトを含む部品が、方向転換のため羽根を傾ける際の柔軟性を確保している。ボルトには破断で約6mmの亀裂ができた。
https://this.kiji.is/373779440683664481?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子高校生に下半身触らせる疑い 男性を不起訴処分(28日)テレビ朝日

東京・豊島区の路上で女子高校生に自分の下半身を触らせるなどの疑いで逮捕された男性について、東京地検は不起訴処分としました。
 無職の26歳の男性は3月、豊島区西池袋の路上で通学途中だった女子高校生(17)の腕をつかみ、自分の下半身を触らせるなどした疑いで逮捕されました。東京地検は28日、この男性を不起訴処分としました。理由について明らかにしていません。警視庁によりますと、男性は当時、酒に酔っていて、逃げる女子高校生を約500メートルにわたって追い掛けていたということです。逮捕時の取り調べに対し、男性は容疑を認めていました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128282.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(28、29日 単位・レベル)
大手を振って歩けない
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013857 新潟市で小学2年の女児(7)が下校途中で殺害された痛ましい事件があったが、今度は札幌市の路上で小学5年の男の子と女の子がすれ違いざまに男に殴られ、ケガをする事件があった。
 また、11日には東京都江東区北砂で小学4年の女児が、登校中にカッターで切りつけられる傷害事件が発生。 切りつけた男は現場から逃走し、警視庁が傷害事件として行方を捜査している。
 子供だけではない。18日夜には、東京・渋谷区の路上で40代の男性が首を刃物で切られるなど、このところ街頭での犯罪が目につく。
 警察庁によるとこうした街頭における傷害事件の認知件数は今年4月現在で2558件。前年に比べて223件の減少。だが、傷害事件全体の約4割は街頭での犯罪。安全なはずの日本で、歩いていて犯罪に巻き込まれるなんて、とても「安全な国」などとは言えない。
 認知件数のランキングは東京が461件、大阪の334件、埼玉の174件、千葉の168件、神奈川の165件と続く。
 中でも東京は前年より23件も増加した。これに沖縄の+13件、京都の+10件と続く。逆に大阪はなんと84件も減らしたほか、神奈川の-39件、埼玉の-32件など。
 街頭犯罪とは道路上や駐輪場、都市公園、空き地などでの犯罪で、最も多いのは暴行の3738件で次が傷害事件。これに強制わいせつの829件、恐喝の197件と続く。
 暴行や傷害などは大幅に減少したが、強制わいせつが前年より34件も増えている。夜道だけでなく白昼を含めて街頭でのこんな不安があるようでは、まだまだ大手を振って歩けない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image001_3

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-39cd-1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が刃物を振り回した男に発砲 熊本市東区(28日)テレビ朝日

熊本市で刃物を振り回した男に警察官が発砲、けが人が出ているということです。
 警察によりますと、熊本市東区で傷害事件を起こした男が逃走しました。警察官が追ったところ刃物を振り回したため、警察官が発砲、警察官と男がけがをしたという情報が入ってきています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128280.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐川前理財局長の国会虚偽答弁は43回(28日)NHK

参議院予算委員会の午前中の集中審議で、参議院の郷原悟事務総長は、森友学園との交渉記録について財務省の佐川前理財局長が「廃棄した」とか「記録が残っていない」と国会で答弁をした回数が、去年2月以降、合わせて43回に上っていたことを明らかにし、麻生副総理兼財務大臣も同様の答弁を合わせて11回していたと説明しました。
これについて、太田理財局長は虚偽の答弁だったことを認め、「事実と異なることを答弁しておりました。誠に申し訳ありません」と陳謝しました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットカジノ、5人逮捕…サイト接続し賭博容疑(28日)読売

 さいたま市大宮区のインターネットカジノ店で賭博をしたとして、埼玉県警が26日、県内に住む店の経営者や従業員ら30~60歳代の男5人を常習賭博容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。
 1日に100万円以上の売り上げがあったとみられ、県警で金の流れなどの解明を進めている。
 捜査関係者によると、5人は同区の雑居ビルの一室で、海外に開設されているとみられるカジノサイトに接続したパソコンを使い、昨年春頃から今年5月までの間に、客とポーカーやバカラ賭博をした疑いが持たれている。

(ここまで244文字 / 残り245文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180528-OYT1T50073.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

保育施設の事故死8人=睡眠中が最多-内閣府(28日)時事

 内閣府は28日、全国の保育施設などで2017年中に起きた事故のうち、乳幼児の死亡は前年より5人少ない8人だったと発表した。統計が残る04年以降最少。睡眠中の死亡が5人と最も多く、うち1人がうつぶせ寝の状態だった。
 死亡事例を年齢別に見ると、0歳児、1歳児、4歳児がそれぞれ2人、2歳児、6歳児がそれぞれ1人。発生場所は認可外保育施設が最多の4人で、認可保育所が2人、認定こども園と病気の子どもを一時的に預かる病児保育がそれぞれ1人だった。
 骨折などのけがを含めた保育施設での事故は、前年より293件多い880件。放課後児童クラブは362件で、全体では367件増の1242件と初めて1000件を超えた。15年4月から認可保育施設で起きた重大事故の報告が義務付けられたことが周知され、件数が増えたとみられる。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052800708&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚の現金盗み陸士長免職 第2師団、北海道(28日)産経

陸上自衛隊第2師団(北海道旭川市)は28日、同僚隊員の財布から現金を盗んだとして、第26普通科連隊の男性陸士長(23)を懲戒免職処分した。
 第2師団によると、陸士長は2月19日、留萌駐屯地(留萌市)の宿舎で、同室の2人の財布から計2万円を盗んだ。「金に困って盗んだ」と事実を認めているという。駐屯地の警務隊が4月に窃盗容疑で書類送検し、留萌区検が起訴猶予処分にしていた。 
http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

90歳運転の車暴走 はねられた歩行者4人が死傷(28日)テレビ朝日

神奈川県茅ケ崎市の国道で、90歳の女性が運転する車が横断歩道や歩道にいた4人をはねました。このうち女性1人が死亡しました。
 28日午前11時前、茅ケ崎市元町の国道1号で「車が赤信号で進み、横断歩道に突っ込んできた」と目撃者の女性から110番通報がありました。警察によりますと、90歳の女性が運転する車が横断歩道などにいた4人をはねたということです。この事故で女性1人が死亡し、他3人も重軽傷を負って病院に搬送されました。運転手の女性も軽いけがをしているということです。警察が詳しい事故原因を調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128243.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»千葉・佐倉市の国道で女性死亡、ひき逃げか(28日)TBS

27日夜、千葉県佐倉市の国道で82歳の女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。警察は、ひき逃げ事件とみて捜査しています。
 27日午後8時ごろ、佐倉市田町の国道で「道路の真ん中に女性が倒れている」と通りがかった女性から警察に通報がありました。倒れていたのは近くに住む82歳の戸村雅子さんで、病院に運ばれましたが頭や腰を強く打っていて、その後、死亡が確認されました。
 戸村さんの右足に車と衝突したような傷があり、警察はひき逃げ事件とみて捜査しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3380323.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションに暴力団事務所の看板設置 暴対法に基づき中止命令 警視庁(28日)産経

東京都墨田区内のマンションの部屋の入り口に暴力団の組の名前が入った看板を掲げていたとして、警視庁組織犯罪対策3課は、組の責任者である指定暴力団住吉会系組幹部の男(56)に、暴力団対策法に基づく中止命令を出した。組の看板掲示は暴対法の規制対象となっている。
 組対3課によると、男が所属する組は平成27年から、同区内のマンション10階の一室を事務所として使用。ドア付近に、組の名前が記載された縦1メートル横30センチ四方の木製の看板を設置していた。看板は外側の通路や隣接するマンションから見える状態だった。同課の捜査員が今年2月、マンション周辺の見回りを行った際に発見した。
 暴対法の施行後、警視庁が同様の中止命令を出すのは6件目で、今回が8年6カ月ぶりだったという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻殺害容疑で83歳男逮捕 北海道・富良野(28日)産経

 北海道警富良野署は28日、同居する妻(80)を殺害したとして、殺人の疑いで、富良野市桂木町の無職、小池常雄容疑者(83)を逮捕した。「妻を包丁で刺して殺した」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、自宅で妻の美代子さんを殺害したとしている。
 署によると、小池容疑者は「妻を殺してしまった」と知人に電話。28日午前5時15分ごろに知人が署に通報した。駆け付けた警察官が2階リビングで倒れていた美代子さんを発見。搬送先の病院で死亡が確認された。署は夫婦間で何らかのトラブルがあったとみて、動機などを調べている。
http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブレコーダーが犯罪解明の決定打に 新潟女児殺害事件でも「動く防犯カメラ」として活躍(28日)産経

 新潟市西区のJR越後線の線路で小学2年の大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件では、新潟県警が事件発生から1週間後に会社員の男(23)を“スピード逮捕”した。容疑者を絞り込む一助になったのがドライブレコーダーだ。「動く防犯カメラ」といわれ、街頭設置の防犯カメラが少ない住宅地などの死角を埋める効果もあるとされてきたが、新潟の事件でも威力を発揮した。虚偽の供述を繰り返している男の矛盾を突く決定打にもなるとみられる。一般車両にも普及が進むドラレコは犯罪を“逃さない”重要ツールになっている。(社会部 中村翔樹)
■客観性を担保
 「ドライブレコーダーは付けていますか」。大桃さんの遺体が見つかった線路近くの道路周辺では、事件が起きた7日以降、新潟県警の捜査員が通行車両を止めてこう尋ねていた。
 県警は新潟市内のタクシー会社にもドライブレコーダーの提供を依頼。大桃さんが連れ去られたとみられる同日午後3時ごろや、遺体が遺棄されたとみられる同10時半ごろの時間帯に付近を走行した車両がなかったか、確認を進めた。
 遺棄現場の線路周辺は住宅街に面しており、個別に防犯カメラを設置している世帯はなかった。不審な車両を見たなどとする目撃情報は複数寄せられていたが、捜査本部はそれらの裏付けなどのため、ドライブレコーダーの収集に注力した。
続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

自画撮り要求疑いで初摘発 改正都条例を適用、警視庁(28日)共同

17歳の少女に自身の下着姿などを撮影した「自画撮り」画像を要求したとして、警視庁少年育成課は28日、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都世田谷区の男(33)を書類送検した。自画撮りさせた画像の要求行為を禁止する改正都条例が2月に施行されて以降、摘発は初めて。
 少年育成課によると、同様の条例は兵庫県でも施行されているが摘発例はないという。
 送検容疑は、2月22日から25日にかけ、会員制交流サイト(SNS)を利用して、少女が18歳未満であることを知りながら「お金いっぱいあげるから送ってよ」などのメッセージを送り、少女の下着姿などの画像を要求した疑い。
https://this.kiji.is/373669717698708577?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗 未遂も含め4件連続 20代の3人関与か(28日)テレビ朝日

27日深夜から未明にかけて、北海道千歳市でコンビニを狙った強盗事件が相次ぎ、警察はこの事件に関わったとして男3人を逮捕しました。
 午後11時半すぎ、千歳市のコンビニで、店に入ってきた2人組の男が「金を出せ」と刃物を突き付けながら店員を脅し、現金5万8000円を奪って逃げました。この後、現場付近では1時間足らずの間にコンビニを狙った3件の強盗未遂事件が相次ぎました。警察は千歳市内で信号を無視して車を運転したとして、千歳市の小林裕太容疑者(26)を道交法違反の疑いで逮捕するとともに、北海道苫小牧市の土木作業員・橘大和容疑者(21)と千歳市の土木作業員・相田恭壱容疑者(20)を強盗未遂の疑いで逮捕しました。警察は3人が一連のコンビニ強盗事件に関わっているとみて捜査を進めています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128234.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

電話の相手は“故人” だまされたふりで受け子逮捕(28日)テレビ朝日

「株で損をした」などと嘘の電話を掛け、東京都内の85歳の男性から現金をだまし取ろうとしたとして20代の受け子の男が現行犯逮捕されました。
 川島史弥容疑者(21)は25日、仲間と共謀して東京・葛飾区の85歳の男性から現金をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、川島容疑者の仲間が85歳の男性の兄になりすまして「株で損をした。200万円、何とかならないか」などと電話を掛けましたが、男性の兄は約70年前に亡くなっていました。男性は交番に相談して、だまされたふりをして待ち合わせ場所に行き、川島容疑者が現れたところを警察官が現行犯逮捕しました。取り調べに対して「忘れ物を取りに行ってと指示された」と容疑を一部、否認しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128238.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

6人はねられる 1人が意識不明(28日)NHK首都圏

警察に入った連絡によりますと、28日午前11時ごろ、神奈川県茅ヶ崎市元町の国道1号線で、横断歩道を渡っていた4人と歩道を歩いていた2人のあわせて6人が車にはねられて病院に搬送され、このうち女性1人が意識不明の重体です。
車は90歳の女性が運転していて、警察は詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180528/0012322.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»遭難の夫婦を無事救助、長野と新潟の境・戸倉山(28日)TBS

 27日、長野県と新潟県の境の山で道に迷って動けなくなったと富山県の夫婦から通報があり、捜索の結果、無事に救助されました。
 27日午後5時半ごろ、長野県小谷村と新潟県糸魚川市の境の戸倉山に登った富山県黒部市の70歳の夫と65歳の妻から「道に迷い動けなくなった」と消防に通報がありました。警察や消防などが28日朝、地上と上空から捜索し、午前7時45分ごろに長野県警のヘリコプターが2人を発見・救助して大町市内の病院に収容しました。
 消防によりますと2人にけがはなく、命に別状はありません。2人は27日、糸魚川市側から入山し、標高970メートル余りの戸倉山に登っていました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3380304.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»スカートの中を盗撮した容疑、桐生市教委の職員を逮捕(28日)TBS

群馬県桐生市の教育委員会の職員の男が27日、前橋市の家具店で女性従業員のスカートの中を盗撮したとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、桐生市教育委員会生涯学習課主任の林弓太容疑者(34)です。
 林容疑者は27日正午ごろ、前橋市内の家具店で従業員の女性(26)に後ろから近づき、スカートの中にカメラつきの携帯電話を差し入れて盗撮した疑いが持たれています。
 林容疑者は盗撮に気づいた女性に取り押さえられましたが、携帯電話には撮影された動画が保存されていたということです。
 取り調べに対し容疑を認めていて、「女性のスカートの中に興味があった」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3380181.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀 陸自ヘリ墜落 回転翼つなぎ止めるボルト破損(28日)NHK

陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県の住宅に墜落した事故で、防衛省が調査した結果、回転翼を機体につなぎ止める部品の金属製のボルトが壊れていたことが、防衛省関係者への取材でわかりました。防衛省は、ボルトが壊れた原因の特定には、さらに時間がかかるとして、調査期間を延長することにしています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

強制不妊、新たに914人特定 本社調査 なお7割不明(28日)朝日

 旧優生保護法(1948~96年)のもと、障害者らに不妊手術が強制された問題で、朝日新聞が今月、2回目の全国調査をした結果、個人を特定できる資料が11都道府県で新たに914人分見つかり、29都道府県で4773人分に増えた。国が把握する手術人数1万6475人の約3割にあたるが、7割はなお不明。被害者救済を求め27日、弁護士184人からなる全国弁護団が結成された。

 個人を特定できる資料は補償や救済をするうえで重要で、一部の自治体は提訴などの動きを受け、医療機関、公文書館などを自発的に調査している。また、超党派の国会議員らの働きかけを受けた厚生労働省も3月に各自治体に資料保存を呼びかけ、6月末までの報告を求めている。
 こうした中、朝日新聞は今月中旬、改めて全都道府県に個人資料の有無を尋ねた。2月末から3月中旬に調査した前回は、個人資料があると回答したのは26道府県計3861人分で手術人数全体の2割だった。
 宮城県では新たに532人分を…

残り:871文字/全文:1278文字
https://www.asahi.com/articles/ASL5T5TBKL5TUTIL03L.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

75歳、160万円入りバッグひったくられる(28日)読売

27日午前5時40分頃、神戸市須磨区平田町の路上で、近くの飲食店に入ろうとした同区の無職男性(75)が、背後から近づいてきた男に約160万円などが入ったショルダーバッグをひったくられた。
 男性にけがはなかった。兵庫県警須磨署は窃盗事件として捜査している。
 同署によると、男は身長約1メートル70で、30~40歳代くらい。上下とも黒っぽい服装をしていた。男性は不動産投資の資金として現金を持ち歩いていたという。
 現場は、神戸市営地下鉄西神・山手線板宿駅のすぐ近く。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180527-OYT1T50046.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

箇所数減も、事故増加=警報・遮断機ない「第4種踏切」(28日)時事

警報機や自動遮断機がなく、事故の危険性が大きい「第4種踏切」について、廃止などに伴い箇所数が減少しているにもかかわらず、事故件数は横ばいであることが、国土交通省がまとめた統計資料で分かった。最新のデータとなる2016年度と15年度の事故件数は、いずれも前年度比で増えていた。
 国交省は、4種踏切は危険が大きいとして、廃止や遮断機・警報機を設置した「第1種踏切」への格上げを促している。一部で解消が進んだ結果、4種踏切は13年3月末時点の全国3034カ所から、17年3月末時点では2795カ所に減少。踏切全体に占める割合も9%から8.4%に低下した。

 一方、4種踏切での12~16年度の事故件数は、各年度30件前後とほぼ横ばいで推移。直近の3年度を見ると、14年度は27件(全体の10.9%)、15年度28件(同11.9%)、16年度31件(同13.9%)と増加傾向にある。
 国交省が調査した12年度の踏切100カ所当たりの事故件数は、1種踏切の0.84件に対し、4種踏切は1.15件と多かった。1種は4種と比べ、交差する道路の交通量や列車の通過本数が多かったり、列車の通過速度も速かったりする傾向にある。このため、4種の危険性は発生頻度の数値以上の可能性がある。
 4種踏切は減少傾向にあるが、国交省は「近年は減り方が鈍化している。廃止などを進めようとしても、地元の同意を得るのが難しい場所が残っているのではないか」とみている。

えちぜん鉄道三国芦原線の「第4種踏切」、太郎丸1号踏切=17日、福井県坂井市

 13~17年に減少した239カ所のうち、JR各社分が193カ所を占め、地方に多い中小民間鉄道の路線で減少したのは43カ所にとどまる。1種への格上げ時に必要となる警報機や遮断機の設置など、コスト面が影響しているとみられる。「JRと同じ対応はできない。経営体力の差があり過ぎる」(福井県のえちぜん鉄道)という声も上がっている。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052700316&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟バスセンターの刃物男逮捕 「カネ目的」強盗致傷容疑認める(28日)産経

新潟市中央区の新潟交通バスセンタービルのトイレで26日に包丁を持った男ともみ合いになった20代男性が負傷した事件で、新潟署は27日、強盗致傷と銃刀法違反の疑いで住所不定、無職の自称、小平豊弘容疑者(54)を逮捕した。「お金が目的だった」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は26日午後6時すぎ、現場のビル2階の男子トイレで、金銭目的から刃渡り約16センチの包丁を持って男性に声を掛け、もみ合いとなった際に顔や手に軽傷を負わせた疑い。
 新潟署によると、小平容疑者は現場から逃走していたが、27日午前に付近の路上をパトロールしていた署員が男性の記憶していた作業服や特徴などと似ていると判断し、職務質問した。
 現場のビルはJR新潟駅に近く、交通量が多い繁華街の一角。男性は小平容疑者と面識がなく、「相談に乗ってもらえませんか」と声を掛けられたといい、同署が詳しい経緯を調べる。
http://www.sankei.com/affairs/news/180527/afr1805270012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

熊本の高3女子自殺「『死ねばいい』と言われた」 いじめほのめかす遺書(28日)産経

熊本県立高校3年の女子生徒(17)が今月、いじめを受けたことをほのめかす遺書を書いて自殺していたことが27日、同校関係者と生徒の両親への取材で分かった。関係者は「現時点でいじめやトラブルは把握していない」としており、生徒への聞き取り調査を進める。両親は第三者委員会を設置して調査するよう県教育委員会に求めている。
 関係者によると、生徒は17日午前、体調不良を理由に学校を早退。同日午後に自宅で倒れているところを祖母が見つけ、病院に搬送されたが、18日未明に死亡した。
 両親によると、遺書には「『死ねばいい』と言われた」「誤解なのに。死にたい」などと書かれていた。両親には「(写真共有アプリ)インスタグラムのフォロワー数や男友達が多いことをねたまれている」と相談していた。
 生徒の両親は取材に「学校側は『調査中』と繰り返すばかりで、対応に納得できない」と訴えた。http://www.sankei.com/affairs/news/180528/afr1805280003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

山で遭難と通報、富山の夫婦か 新潟、長野県境の戸倉山(28日)共同

 27日午後5時半ごろ、新潟、長野県境の戸倉山で、富山県黒部市の男性(70)と女性(65)から道に迷ったと長野県側の消防に119番があった。新潟、長野両県警などが28日朝からヘリなどで捜索に当たる。
 長野県警大町署などによると、2人は夫婦とみられ、27日朝に新潟県糸魚川市側から入山していたという。
https://this.kiji.is/373516715226956897?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

マスク姿の刃物男が…約10万円とたばこ2箱奪い逃走(28日)テレビ朝日


  • 茨城県神栖市のコンビニ店で、刃物を持った男が現金約10万円とたばこを奪って逃走しました。
     こちらの画像は27日午前3時ごろ、神栖市の「ファミリーマート神栖深芝南店」で客を装ったマスク姿の男が店内を物色した後、レジカウンターで刃物を取り出した様子を防犯カメラが捉えたものです。警察によりますと、男は女性店員(29)に刃物を見せて「金を出せ」と脅し、現金約10万円とたばこ2箱を奪って逃げました。店内に客はおらず、女性店員にけがはありませんでした。警察によりますと、男は40代くらいで身長175センチほど、上下黒色の服を着て黒縁眼鏡を掛けていました。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000128211.html
  • | コメント (0) | トラックバック (0)

    »篠原信一さん、暴力団の取り立てに注意呼びかけ(28日)TBS

    柔道家の篠原信一さんが、暴力団の取り立てに注意を呼びかけました。
     東京・葛飾区の柴又帝釈天前の商店街を、柔道家の篠原信一さんが練り歩きました。篠原さんは、暴力団からみかじめ料や「寄付金」と称した不当な現金の支払いを求められても 応じないよう訴えました。
     東京都と警視庁は2020年のオリンピック・パラリンピックを見据えて、暴力団が絡む犯罪の抑止に努めていきたいとしています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3379915.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    »道路にロープ張られ男性けが、殺人未遂容疑で男逮捕(28日)TBS

    27日夜、JR川崎駅近くの道路にロープが張られ、偶然、オートバイで通った日本相撲協会の職員の男性が首を引っかけてけがをする事件があり、警察は殺人未遂の疑いで52歳の男を逮捕しました。
     逮捕されたのは無職の大城勝男容疑者(52)で、27日午後7時半ごろ、JR川崎駅近くの6車線の道路にロープを張り、偶然、オートバイで通った男性(29)を引っかけて殺害しようとした疑いが持たれています。
     男性は日本相撲協会の職員で、とっさにブレーキをかけたため転倒しませんでしたが、ロープが首に引っかかり、全治1週間程度のけがをしました。ロープは、6車線の道路の両側にある歩道橋の手すりを利用して張られていたということです。
     取り調べに対し、大城容疑者はロープを張ったことは認めていますが、「けがをさせるつもりはなかった」と、容疑を否認しています。また、「車を止めようとした」と話しているということで、警察は道路を通る車やバイクを無差別に狙ったとみて調べを進めています。

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2018年5月27日 | トップページ | 2018年5月29日 »