« 2018年5月10日 | トップページ | 2018年5月12日 »

2018年5月11日

2018年5月11日 (金)

長崎港で転落した車に2人の遺体 女子高校生と無職男性(11日)朝日

 長崎市深堀町の長崎港で転落した乗用車の中から2人の遺体が見つかり、長崎県警捜査1課は11日、2人は熊本県内に住む無職男性(27)と佐賀県の女子高校生(17)だと判明したと発表した。いずれも行方不明の届け出がされていたという。死因などを詳しく調べている。車は9日に見つかっていた。

https://www.asahi.com/articles/ASL5C6QYQL5CTIPE031.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷の特殊詐欺被害、23区で最悪…6年連続(11日)読売

昨年1年間に東京都世田谷区で起きた特殊詐欺の被害は216件(被害総額約5億4700万円)で、23区で最悪となった。
 6年連続のワーストで、今年も4月までに101件に上っている。事態を重く見た世田谷区は被害防止を呼びかけるチラシの配布を始めたほか、警視庁と連携して不審電話がかかった地域に重点的に注意喚起するなど、緊急対策に乗り出した。
 世田谷区によると、2012年に153件を記録して以降、23区では世田谷区の被害件数が連続して最多になっている。昨年はワースト2位の足立区より31件多い216件で、唯一の200件台となった。
 今年になっても被害に歯止めがかからない。先月も80歳代の女性が、長男を装う男らから約1億1200万円をだまし取られるなど、4月時点で101件(同約2億9900万円)と、件数、被害額とも過去最悪ペースで推移している。
 被害の約4割(37件)を占めるのが医療費などの返還を装った還付金詐欺。ほぼすべてが世田谷区役所職員を名乗る手口で、高齢者らを現金自動預け払い機(ATM)に誘導し、現金を振り込ませるという。区の担当者は「区が還付金の案内を電話ですることは絶対にない」と注意を呼びかける。
 世田谷区は緊急対策として、詐欺の手口を記載し、留守番電話を利用するよう呼びかけるチラシ5万枚を作成。警視庁と連携し、詐欺グループから「だましの電話」がかかった地域に区のパトロールカーを急行させ、周辺で注意喚起のアナウンスを始めた。
 また「電話の相手はニセ者です」と書かれた受話器用のステッカーも作成。高齢者宅を訪れることが多い警察官や金融機関職員などを通じて配布してもらうという。
 世田谷区地域生活安全課の加藤秀紀課長(47)は、「『自分はだまされない』と思っていた人がだまされるケースも多い。人ごととは思わず、詐欺の手口を知って注意してもらいたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50002.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校生らに大麻流出か=譲渡容疑で男逮捕-高知県警(11日)時事

乾燥大麻を売ったとして、高知県警高知東署は11日、大麻取締法違反(譲渡)容疑で指定暴力団住吉会向後睦会系組幹部小暮朗容疑者(57)=東京都杉並区阿佐谷南=を逮捕した。大麻は同容疑者から購入した男を通じて高校生らに流れており、少年7人を含む10人が同法違反容疑で摘発された。
 逮捕容疑は1月10日ごろ、松山市の無職の男(45)=別の覚せい剤事件で一審有罪=に大麻18.4グラムを郵送し、7万5000円で譲渡した疑い。(2018/05/11-20:59)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051101312&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童買春などで起訴の巡査長を懲戒免職 千葉県警(11日)産経

千葉県警監察官室は11日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)罪で2日に起訴された千葉南署地域課の巡査長、赤塚信之被告(30)を懲戒免職処分にした。
 同室によると、赤塚被告は昨年9月~今年1月、相手が18歳未満と知りながら4人の女子中高生とみだらな行為をしたほか、今年1月に千葉市緑区の市道で発生した交通当て逃げ事件の証拠品を適正な手続きを取ることなく投棄した上で、虚偽の公文書を作成するなどしていたという。県警は4月27日、赤塚被告を県青少年健全育成条例違反や証拠隠滅などの容疑で、千葉地検に追送検している。
 山本能之首席監察官は「警察官として言語道断の行為であり、厳正に処分した。心からおわびする。職員の指導を再徹底し、信頼回復に努める」とコメントした。
http://www.sankei.com/affairs/news/180511/afr1805110022-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児通学路は見守り不在、新潟 小2殺害、状況熟知か(11日)共同

新潟市西区のJR越後線の線路で、近くの小学2年大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、通学路になっている踏切周辺から自宅までの線路沿いの道路は、登下校時に見守り活動をするボランティアがいない場所だったことが11日、市教育委員会などへの取材で分かった。
 新潟西署捜査本部は、連れ去った人物がこうした状況を知っていた可能性があるとみて調べている。
 市教委などによると、大桃さんが通っていた小学校では、事件当日の7日も登校時の午前7時半~8時ごろと、下校時の午後3時~4時ごろ、数人が学校周辺で見守り活動をしていた。
https://this.kiji.is/367555681467122785?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

他人名義のSIMカード販売で逮捕の男性を不起訴処分(11日)テレビ朝日

先月、他人名義の携帯電話のSIMカードを販売したとして逮捕された22歳の男性について、東京地検は不起訴処分としました。
 無職の男性(22)ら2人は去年、他人名義の携帯電話のSIMカード3枚を1枚約5万円で販売したとして、先月、警視庁に逮捕されました。東京地検は11日、男性を不起訴処分としました。男性が従属的な立場だったことなどから起訴猶予とみられます。男性とともに逮捕された24歳の男については、東京区検が略式起訴しました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000127075.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»キャッシュカード詐取未遂の疑い、「受け子」逮捕(11日)TBS

東京・北区に住む76歳の女性からキャッシュカード2枚をだまし取ろうとしたとして、31歳の受け子の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは八王子市に住む自称・自営業の佐藤広樹容疑者(31)で、9日、北区に住む76歳の女性からキャッシュカード2枚をだまし取ろうとした疑いが持たれています。女性の自宅には「医療費の還付金があります」「キャッシュカードを取り替えましょう」などとうその電話がかかってきていて、警戒していた警察官が住宅街を歩く佐藤容疑者を職務質問したということです。
 取り調べに対し、佐藤容疑者は「封筒を受け取るだけで5万円の報酬がもらえると言われた」と供述する一方で、「中身はキャッシュカードとは知らなかった」と容疑を否認しています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366966.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»詐欺グループに数十人勧誘か、暴力団組員逮捕 詐欺などの疑い(11日)TBS

詐欺グループのメンバー数十人を勧誘したとみられる暴力団組員の男が、詐欺などの疑いで警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは住吉会系暴力団組員の下崎賢容疑者(21)で、今年3月、東京・府中市の女性(80)からキャッシュカードをだまし取ったうえ、女性の口座から現金100万円を引き出した疑いが持たれています。
 下崎容疑者はこの事件で、いわゆる「受け子」の男(20)を勧誘したリクルーター役で、ほかにも数十人の詐欺グループメンバーを勧誘したとみられています。調べに対し、下崎容疑者は黙秘しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366961.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日 単位・レベル)
認知が減り検挙が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1013803 還付金詐欺が大幅に減っているのに対して検挙件数が激増している。
 先月末にはなんと18歳の大学1年の少年が警視庁に逮捕された。荒川区の82歳の女性に区役所職員を名乗り電話。「医療費の還付金を振り込むために新しいキャッシュカードが必要」などとだましてカード1枚を詐取。女性の口座から計41万円を引き出した疑い。本人は「先輩に頼まれてやった」と供述している。こうした少年の詐欺犯の検挙も増えている。
 警察庁によると今年3月現在の還付金詐欺の認知件数は379件で、昨年同期が1038件だから659件の減少。3分の1近くも減っている。被害金額は4億7493万5000円で、同7億0461万7000円も減ったが、それでも億円単位だ。
 被害者の性別では男性の被害者が38.6%なのに対して女性が61.4%もあった。
 女性被害者の中でも被害者が最も多い年齢は60歳から69歳で31.5%を占め、70歳以上の女性が26.2%と半数以上が高齢者女性。男性で被害の多かったのは70歳以上の21.2%など。
 「検挙に勝る防犯はない」の格言があるが、なんと検挙件数は前年同期が0件だったが今年は30件を検挙している。
 認知件数の年間推移をみると平成20年が4539件と最も多く、翌年から減少し続けて22年には遂に83件まで下がった。ところが、その後は増加に転じて28年には3682件になり昨年は3137件と僅かに減少した。このように増減は繰り返している状態にあり、今年も3月まで減少したからと言って安心できない。
 これが劇場型犯罪の所以である。せめてもの救いは検挙の増加なのだが…
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image001

http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-4188-9.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「あおり運転」ヘリから監視、2時間で5件摘発(11日)読売

群馬県警は、高速道路上の危険な「あおり運転」を取り締まるため、ヘリコプターで上空から監視する取り組みを始めた。
 違反車両を見つけると、ヘリから連絡を受けたパトカーが現場に急行し、摘発する。
 あおり運転は、後方からの急激な追い上げや急な割り込み、小刻みにハイビームにするパッシングなどの行為をさす。昨年6月には神奈川県の東名高速道路で、あおり運転を受けて停車させられたワゴン車に、大型トラックが追突。ワゴン車の夫婦が死亡する事故が起きた。これを機に、全国の警察はあおり運転のドライバーに刑法の暴行罪を積極的に適用するなど、取り締まりを強化している。
 県警は4月27日、ヘリによる取り締まりを初めて実施。5月11、14日にも行う予定だ。上空のヘリから違反車両のナンバーやドライバーの顔を確認し、サービスエリアなどで待機しているパトカーに車両の情報を伝える。4月27日の取り締まりでは約2時間で5件を摘発した。
 県警によると、県内の道路で1~3月、車間距離の不保持や悪質性の高い急ブレーキなどの違反は135件あり、昨年の同時期と比べ4倍以上に増えた。県警高速隊は「重大事故につながるリスクを減らすため、今後も空陸一体となった取り締まりを続けたい」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50060.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

男性巡査長が万引き疑い=漫画3冊、現行犯逮捕-大阪府警(11日)時事

漫画本を万引きしたとして、大阪府警は11日、窃盗容疑で松原署地域課の巡査長、松崎忍容疑者(39)=同府八尾市南本町=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は11日正午ごろ、大阪市阿倍野区の百貨店7階の書店で漫画本3冊(計約1800円相当)を万引きした疑い。
 府警によると、松崎容疑者は当直勤務を終え帰宅途中だった。店内で周囲を警戒するなどの不審な行動をしており、男性店員が注視。手に持っていた上着に漫画本を隠して店を出たため、追い掛けて取り押さえた。
 府警の山田吉之監察室長の話 犯罪を取り締まる警察官としてあるまじき行為で厳正に対処する。(2018/05/11-17:26)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051100956&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

江東区の小4女児、登校中に「切りつけられた」 警視庁捜査(11日)産経

11日午前8時20分ごろ、東京都江東区北砂の小学校の男性校長から、「生徒が登校中にカッターで切りつけられた」と110番通報があった。生徒は4年生の女児で、左手に傷があるが軽傷。警視庁深川署が傷害事件の可能性があるとみて調べている。
 同署によると、女児は午前8時前、同区扇橋の路上を歩いていて被害に遭ったといい、登校後、教員に「男が後ろから来て、何も言わずに手首をつかまれてカッターナイフで切られた」と説明したという。
 男は20代くらいのやせ形、短髪で、黒い半袖Tシャツに黒いズボン、黒のスニーカーを身に着けていたという。
http://www.sankei.com/affairs/news/180511/afr1805110007-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中3少女に裸の画像送らせる 容疑で防衛医科大生を逮捕 (11日)産経

スマートフォンの出会い系アプリで知り合った当時中学3年の少女(15)に裸の画像を送らせるなどしたとして、警視庁赤羽署は児童買春・ポルノ禁止法違反などの容疑で、埼玉県所沢市の防衛医科大1年の少年(19)を逮捕した。「悪いことだと分かっていたが、性欲に負けてしまった」などと話し、容疑を認めている。
 逮捕容疑は今年1月21日、アプリで知り合った少女に「自分はテレビ関係の仕事をしている。芸能人と会えるから写真を送って」などという誘い文句で胸などを露出した写真4枚を送信させ、自分のスマホに保存したとしている。
 少年はその後もわいせつな画像の送信を要求し、少女が断ると、「ここで返信途切れたら(写真を)さらすから」などとメッセージを送信していた。少女が母親に相談して被害が発覚した。http://www.sankei.com/affairs/news/180511/afr1805110010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

GW、成田と羽田の出入国者増加 いずれも6%(11日)共同

東京入国管理局は11日、ゴールデンウイーク期間中(4月27日~5月6日)の成田、羽田両空港の出入国者数(速報値)を発表した。成田は前年同期比6.1%増の約86万8千人で、過去5年で最多。羽田も6%増の約46万9千人だった。
 成田では、日本人の出入国者数が2.2%増の約41万人、外国人が9.9%増の約45万7千人。特に短期滞在で入国した中国人が78%増で、伸びが目立った。
 羽田の出国者数は、計24万人のうち外国人が9%増の約11万3千人で、1%増だった日本人の約12万7千人に迫る勢いを見せた。
https://this.kiji.is/367590160491103329?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

孫装う電話「声が違う」 偶然居た母親にバレ逮捕(11日)テレビ朝日

孫を装って嘘の電話を掛けて現金をだまし取ろうとしたとして、24歳の男が逮捕されました。電話に出た実際の孫の母親が嘘の電話に気付いて逮捕に至りました。
 稲井健太容疑者は9日、東京・荒川区に住む80代の男性の自宅に「会社の書類を違う所に送ってしまった」などと孫などを装って嘘の電話を掛け、現金300万円をだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、孫を名乗る電話には偶然、居合わせた実際の孫の母親が出て声が違うことに気付き、通報したということです。稲井容疑者は「パチンコをしていた時、受け取る仕事をしないかと見知らぬ男に持ち掛けられた」などと容疑を認めているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000127018.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

個人事業主の立場を悪用か 休業補償金“詐欺”事件(11日)テレビ朝日

嘘の申請をして休業補償金をだまし取ったとして男が逮捕された事件で、男が本人確認が必要のない個人事業主の立場を悪用して補償金を得ていたことが分かりました。
 千葉市の建設作業員・篠崎仁容疑者(41)は2013年から2014年にかけて、他人になりすまして「作業中にけがをした」と労働保険組合などに嘘の申請をして、休業補償金約330万円をだまし取った疑いが持たれています。その後の警視庁などへの取材によりますと、事件当時、個人事業主が労災保険に加入する際、本人への確認作業が行われていませんでした。そのため、篠崎容疑者は個人事業主の立場を利用して保険に加入していたということです。また、補償金の支給を決定する労働基準監督署などは、篠崎容疑者が本当にけがをしたかどうかなど現場への確認は行っていなかったということです。警視庁は篠崎容疑者がだまし取った金が2000万円に上るとみて、使い道についても捜査をしています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000127025.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»JR新橋駅、女子高生7人が過呼吸か(11日)TBS

11日午後、東京・港区のJR新橋駅で女子高校生7人が過呼吸とみられる症状を訴えました。
 午後4時20分ごろ、港区のJR新橋駅のホーム上で「女子高校生が具合悪くなっている」と110番通報がありました。
 警視庁などによりますと、東京に遠足にきていた高校2年の女子生徒7人が過呼吸のような症状を訴えているということです。7人の女子生徒は現在、駅前の広場などで手当を受けていて、いずれも命に別状はないということです。警視庁などが詳しい原因を調べています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366932.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

紛失した「愛と誠」の原画が競売サイトに…400万円で落札 講談社「購入しないで」(11日)産経

昭和49年ごろに週刊少年マガジン(講談社)の編集部が紛失した人気漫画「愛と誠」の原画15枚のうちの1枚が、今年5月にインターネット上のオークションに無断で出品され、同6日に400万円で落札されたことが10日、分かった。
 講談社は同日、不正に入手した原画を出品した可能性があるとして、今後、他の原画が売りに出されても購入しないよう要請する文書を公式サイトに掲載、注意を呼びかけた。
 編集部によると、「愛と誠」は梶原一騎さん原作、ながやす巧さん作画の純愛物で、48年に連載開始。映画化に向け49年ごろ関係先に貸したカラー10枚、モノクロ5枚の原画が所在不明となった。
 このうちヒロインを描いたカラー原画1枚が、漫画専門店「まんだらけ」(東京都中野区)の会員制競売サイトに出品されたのを編集部が発見、サイト側に中止を要請したが落札された。まんだらけ広報部は「原画を扱ったのは事実だが、担当者が不在で詳細は分からない」としている。
 編集部によると、残る14点は不明のままで、「オークションや店頭で原画を見掛けた方はご一報を」としている。編集部は(電)03・5395・3460。
http://www.sankei.com/affairs/news/180511/afr1805110002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

同僚女性宅侵入で有罪判決 元副検事の男、京都地裁 (11日)日経

同僚の女性検察事務官の鍵を盗んで自宅に侵入を繰り返したとして、窃盗と住居侵入の罪に問われた京都地検宮津支部の元副検事、平綱浩貴被告(44)に、京都地裁(石井寛裁判官)は11日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。
 検察側は論告で「短期間に繰り返し侵入しており、執拗で陰湿」と指摘。弁護側は「懲戒免職を受けるなど、社会的制裁を受けている」と執行猶予付きの判決を求めていた。
 起訴状によると、1月24日、京都府京丹後市の網野駅に停車中の列車内で、事務官のかばんからキーケースを盗み、同日から2月23日にかけて計21回侵入したとしている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30353730R10C18A5AC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女に“みだらな行為”43歳巡査部長逮捕 長野県警(11日)テレビ朝日

ホテルで10代の少女にみだらな行為をさせたとして、長野県警の43歳の巡査部長が逮捕されました。
 長野県警松本警察署の巡査部長・柴田英和容疑者はおととし11月から去年3月にかけて、県内のホテルで18歳未満と知りながら10代の少女に4回にわたってみだらな行為をさせた児童福祉法違反の疑いが持たれています。警察によりますと、柴田容疑者は以前、勤務していた警察署で公務中に少女と知り合ったということです。去年12月に少女から警察に被害の訴えがあり、発覚しました。警察は柴田容疑者の認否を明らかにしていません。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126995.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

女児遺体 捜索の合間ぬい遺棄か(11日)NHK新潟

今月、新潟市のJRの線路内で小学生の女の子の遺体が見つかった事件で、遺体が遺棄されたとみられる時間帯に、現場付近では女の子を捜す警察の捜索が断続的に行われていたことがわかりました。
警察は、何者かが捜索の合間をぬって遺体を遺棄したとみて、当時、不審な人物が目撃されていなかったか捜査しています。
  今月7日の夜、新潟市西区のJR越後線の線路内で、近くに住む小学2年生、大桃珠生さん(7)が遺体で見つかり、警察は電車にはねられる前に殺害された疑いがあるとみて捜査しています。
これまでの調べで、遺体が線路内に遺棄されたのは、今月7日の午後10時20分から30分までの10分間とみられていますが、その時間帯に、現場付近では、大桃さんを捜す警察の捜索が断続的に行われていたことが警察への取材でわかりました。
大桃さんは、その日の下校途中に友人と別れた後、行方がわからなくなっていて、警察は、100人態勢で行方を捜していました。
警察は何者かが捜索の合間をぬって電車が通過しない10分間に遺体を遺棄したとみて、当時、不審な人物が目撃されていなかったか捜査を進めています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20180511/1030003075.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被告宅を7カ月半撮影は違法 放火など一部無罪に 埼玉(11日)朝日

2016年に埼玉県熊谷市で起きた放火などの事件で、さいたま地裁(高山光明裁判長)は10日、県警が被告の自宅を7カ月半、捜査のためにビデオ撮影していたのはプライバシーを侵害し違法として、建造物等以外放火などの罪について被告を無罪とする判決を言い渡した。
 判決によると元暴力団組員の渡辺一也被告(37)=埼玉県東松山市=は2016年3月、他の男2人と車に放火したなどとして起訴された。検察側は渡辺被告の共謀を立証するため、県警が15年10月から7カ月半被告宅を撮影し、ガソリンの携行缶を被告が運ぶ映像を証拠として提出した。
 判決は、県警の撮影期間の長さや方法を問題視。玄関内が映り込む状態だったことなどから「プライバシー侵害の度合いは高く違法」と指摘し、映像以外に共謀を裏付ける証拠もないとした。窃盗と覚醒剤取締法違反(所持、使用)については有罪とし、懲役2年(求刑懲役6年)とした。
 被告弁護人の高宮大輔弁護士は「カメラなどを使えば24時間行動監視ができてしまうような捜査手法の流れに対し、一つの歯止めとなる」と評価。県警は「適正な捜査に努めていく」との談話を出した。(笠原真)
https://www.asahi.com/articles/ASL5B5JFDL5BUTNB00K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車輪止め外され?無人の列車暴走、機関車と接触(11日)読売

福島県郡山市のJR郡山駅構内で4月、運行を控えて止まっていた無人の列車(2両編成)が約500メートル動いてディーゼル機関車と接触する事故があり、JR東日本が郡山署に被害届を提出したことが捜査関係者への取材で分かった。
 提出は8日付。同署は何者かが車輪止めを外した可能性があるとみて、威力業務妨害の疑いで捜査を始めた。
 JR東によると、現場は車両の入れ替えを行う線路で、緩やかな勾配がある。車輪止めは鉄製で、運転士が列車を停車させた後に前方に装着されているのを確認していた。しかし列車が機関車と接触した後に同社職員が駆け付けると、止まっていた元の場所付近に転がっていたという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180510-OYT1T50116.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

食事与えず13歳長男が衰弱、容疑の両親逮捕(11日)読売

 中学2年の長男(13)に食事を与えず、衰弱させたとして、香川県警坂出署は10日、同県坂出市の男(48)と妻(31)の両容疑者を保護責任者遺棄致傷容疑で逮捕した。
 両容疑者は「事実無根。食事は与えていた」などと否認しているという。
 発表では、両容疑者は昨年4月頃~今年2月28日、長男に必要な食事を与えず、低栄養、亜鉛欠乏症にさせ、約2か月の治療が必要な傷害を負わせた疑い。
 長男は同署に「怒られた時に食事を抜かれた」などと話しているという。現在、体調は回復し、児童相談所が保護している。
 2月28日に、両容疑者が「息子が衰弱している」として県内の病院に連れていき発覚。来院時、長男は身長約1メートル40、体重32キロで、歩行が困難なほど衰弱しており、病院が虐待の疑いで児相に連絡した。

(ここまで343文字 / 残り71文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180510-OYT1T50151.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽「BOSE」イヤホン、ネット販売か…女逮捕(11日)読売

 米音響機器メーカー「BOSE(ボーズ)」のイヤホンの偽物を販売したとして、愛知県警が宇都宮市の40歳代の女を、商標法違反容疑(侵害とみなす行為)で逮捕したことが10日、捜査関係者への取材でわかった。
 女は偽造品を中国から輸入していたとみられ、県警は、昨年6月以降の売り上げが約1700万円に上るとみて調べている。
 捜査関係者によると、女は今年2月上旬、インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」に、ボーズ社のロゴを無断で付けたワイヤレスイヤホン2個を出品し、東京都と京都府の男性計2人に計約2万3000円で販売した疑い。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180511-OYT1T50006.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「捜索初動に遅れ」=登山の親子遭難で-新潟県警(11日)時事

新潟県阿賀野市の五頭連山で登山中に起きた親子の遭難について、県警は10日深夜、阿賀野署駐在所の60代男性巡査長が家族から行方不明の申し出を受けた当初、同署に報告しなかったことを明らかにした。
 親子は発見されておらず、県警は「組織的に対応すべきで捜索の初動が遅れた」として謝罪した。
 遭難したのは、新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と長男空君(6)。5日午後に日帰りの予定で五頭連山に入った。
 県警によると、6日午前9時20分ごろ、渋谷さんの父が駐在所を訪れ、巡査長に遭難の可能性があると申し出た。巡査長は署に報告せず、同日午前中にパトカーで登山口周辺の駐車場をパトロールした。渋谷さんの父は再び駐在所を訪れた後、午後6時半ごろ、同署で行方不明届を出したという。
 届け出を受け、同署や消防などが捜索を始めたのは翌7日朝からだった。(2018/05/11-06:08)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051100187&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

子供の「連れ去り」減らず 17年72件、警察庁分析 (11日)日経

新潟市の小学2年大桃珠生さん(7)が殺害され、遺体が線路上に遺棄された事件では、下校途中に一人きりになったところを何者かに連れ去られた可能性がある。全国で昨年1年間に子供が狙われた略取誘拐事件は72件で、横ばいの傾向が続く。子供の安全を守るため、警察と地域、学校が連携した取り組みが重要となっている。

警察官に見守られ下校する、女児が通っていた小学校の児童(10日午後、新潟市西区)=共同

警察官に見守られ下校する、女児が通っていた小学校の児童(10日午後、新潟市西区)=共同

 新潟市の事件は10日も容疑者の特定には至らず、現場周辺では児童らが保護者や警察官に見守られて登下校した。
 警察庁の分析によると、昨年に13歳未満の子供が被害に遭った刑法犯の認知件数は1万5721件だった。2007年の3万4458件と比べ、半分程度まで減少した。
 しかし、13歳未満の子供の被害を罪種別で見ると、略取誘拐については07年の82件以降、60件台から100件台の間で増減を繰り返し、刑法犯全体の傾向とは異なる。
 登下校中の安全対策を巡っては、警察が通学路に重点を置いたパトロールをしたり、防犯教室を開いて危険を回避できるよう教えたりしている。民間も、昨年末時点で全国約4万7千団体に上る防犯ボランティア団体が、子供の見守り活動などを行っている。
 そうした中でも、昨年3月には千葉県でベトナム国籍の小3女児が連れ去られて殺害されるなど、子供が犠牲になる凶悪事件は後を絶たない。地域の目が届きにくい場所や学校から帰宅した後の時間帯への対処など課題は尽きない。
 警察庁は18年度中に、市街地や郊外で子供や女性にとって犯罪リスクが高い場所を割り出して分析し、防犯対策に生かす調査を実施する方針を示す。声掛けやつきまといといった「怖い目に遭った場所」を調べて検証することで、被害防止につなげるとしている。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30324780Q8A510C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内トラブルで新幹線遅れ 車掌に暴行か、福岡(11日)共同

10日午後8時15分ごろ、福岡県内の山陽新幹線の博多―小倉を走行中の博多発名古屋行きのぞみ98号で、車掌が「乗客から暴力行為を受けた」と東京指令所に連絡した。この新幹線は車掌交代のため小倉駅を約25分遅れで出発した。
 小倉北署などによると、乗客は男性で、酒に酔っていたとみられる。車掌のけがの程度は不明で、他の乗客にけがはなかった。署は双方から事情を聴き経緯を調べている。
 このトラブルで一部区間の上り線で他に3本が遅れ、計約1200人に影響が出た。
https://this.kiji.is/367306052301440097?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

小1男児が車にはねられ意識不明の重体 宇都宮市(11日)テレビ朝日

宇都宮市の交差点で小学1年生の男の子(6)が軽乗用車にはねられ、意識不明の重体です。
 10日午後6時半ごろ、宇都宮市五代の丁字路交差点で、「軽自動車と人がぶつかった」と通行人の男性から110番通報がありました。警察によりますと、小学1年生の男の子が道路上に倒れていて、意識不明の重体です。男の子が信号機のない丁字路交差点を北へ向かっていたところ、左から来た会社員の女性(23)が運転する軽乗用車にはねられたということです。男の子は当時、1人だったということです。警察は、女性から話を聞くなどして事故原因を詳しく調べています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000126982.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»新潟・小2女児殺害、黒い服のサングラスの男 現場周辺で度々目撃(11日)TBS

新潟市の小学2年生の女の子が殺害された事件で、女の子が事件当日に追いかけられたという黒い服のサングラスの男と特徴が似た男が現場周辺でたびたび目撃されていたことが新たに分かりました。
 この事件は今月7日の夜、新潟市西区のJR越後線で小学2年生の大桃珠生さん(7)が殺害され、遺体で見つかったものです。
 市の教育委員会によりますと、珠生さんは事件当日の朝、「黒い服のサングラスのおじさんに追いかけられた」と友達に話していました。住民によりますと、現場周辺ではたびたびサングラスをかけるなど特徴のよく似た男が住民に目撃されていたことが新たに分かりました。
 「『サングラスに黒い服の男はよく歩いている』『2~3か月前にいろいろな所で散歩していると会う』と。『怪しいですね』と話していた」(近所の人)
 周辺では、去年9月にも黒い服を着たサングラスの男が目撃されていて、登校中の小学5年生の女の子の肩をすれ違いざまにつかんだということです。捜査本部もこうした情報を把握していて、事件との関連を慎重に調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366077.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»埼玉・川口市で不審火か、県内では先月から相次ぐ(11日)TBS

10日夜、埼玉県川口市の住宅で、乗用車と原付バイクが全焼する火事がありました。埼玉県内では、先月から不審火が相次いでいることから、警察は関連の有無についても慎重に調べる方針です。
 警察によりますと、10日午後11時前、埼玉県川口市の一軒家の前を通りかかった男性から、「車が燃えている」と119番通報がありました。火はおよそ50分後に消し止められましたが、この一軒家の駐車スペースに止めてあった乗用車と原付バイク、それぞれ1台が全焼しました。家屋への延焼や、けが人はありませんでした。
 火事があった10日は、乗用車も原付バイクも使用されておらず、普段火の気はない場所のため、警察は何者かが火をつけた可能性もあるとみています。
 また、埼玉県内では、先月から越谷市や吉川市で不審火が相次いでいることから、警察は11日に現場検証を行い、関連の有無についても慎重に調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3366083.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月10日 | トップページ | 2018年5月12日 »